<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

久しぶり

蔵書印作らない?
f0171453_2018976.jpg

お久しぶりにお気に入りの建物を見たのでした。

ああ、やはりやっぱり素敵。車庫に「車庫」ってわざわざ書いてあるのもほほえましい・・・。
二階の窓が特にお気に入りでずっと眺めていたら足元を見失って足首をぐねったのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-31 20:25 | | Comments(0)

お知らせ

f0171453_20123650.jpg

日なたですす伸びるの図。内容とは関係ないのです。
パソコンの文字が表示されるのが遅い不思議現象にさいなまれているのです。
ちらしを作っているのですが、もう手書きにしよう。
内容をお知らせをします。(アダノンキさんでもお知らせいただいているのです。)

「けしごむはんこで蔵書票を作ろう」
日時:11月21日(日)14:00~15:30
場所:「古本とビール アダノンキ」 南1西6 第2三谷ビル2F(東急ハンズ二軒西隣)
参加費:おひとりさま1200円です。(材料費込み※珈琲・お菓子付)当日承ります。
持ち物:
①カッター(普通のでOKです。デザインナイフをおもちのかたはもちろんそれを。)
②作りたいハンコの印面のデザインを考えて来てください。
当日は「たて3cm×よこ3cm」の消しゴムを使用しますので、このサイズ内で考えてくださいね。
※絵でも文字でもデザインは自由です。ご自身の腕とご相談の上、考えてみてください。
なお、蔵書印ですのでデザインの中のどこかに名前を入れていただきます。イニシャルでも、頭文字でもとにかく名前をいれること。
※当日はイラスト集も用意します。それを参考に考えてもOKですが、あまり悩む時間はないかもしれませんよ。

お申し込みは、アダノンキさんまでメールでお願いします。
メール送付先:adanonki(アットマーク)aioros.ocn.ne.jp です。

定員は6名様。集まるといいなぁ。
蔵書票とは、名前の入っているハンコで、本来は本に押して誰の本(蔵書)かを知らせるものなのですが、お手紙におしてみたり、ちょっとしたメモ用紙に押してみたりしとサイン代わりに押しても素敵です。
ご興味のある方はぜひ、お申し込みくださいね。
最近はゴム版ばかり彫っていたので、消しゴムはんこの練習をしておきます。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-30 20:47 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

夕暮れ

f0171453_2043844.jpg

ベランダから撮影する空の写真がたまりつつあるのです。
この空も大変美しーい。


さて、
本日がワタクシ・ミユキの職場への最終出勤日だったのでした。
契約は11月末までなのですが、溜まっていた20日間の有給休暇消化で11月は一日たりとも出てやるものか。
本日がおそらくワタクシ・ミユキの最終日であろうとあたりをつけた同僚ら(あと管理者で知っていた人も)からいろいろとプレゼントを頂戴したのでした。
韓国海苔とか、ハロウィンのクッキーとか、マグカップとか、ヘアゴムとか、頭痛薬とか、まあ、ありがたいことです。(頭痛薬とか不要だ)まさかこの方からプレゼントが?というサプライズも。
最後だからとわざわざお話をしに来たりしてくれた人もいて、廊下で20分くらいおしゃべりしちゃったり。仕事中なのに。最後だからいっか。
まぁいっか、まぁいっか、と正直あまり仕事をきちんとできていなかった最後の日。
まいっかって思っちゃうあたり、だめだなぁ。でもやっとやっと終わった、とすっきりして、お祝い(?)に大丸で凹カステラを買って帰ったのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-29 21:27 | ダイアリ | Comments(4)

今年の自転車終了

f0171453_22303633.jpg

雪はまた本格的に降るまで一旦消えて無くなるだろうけれど、今年の自転車は終了ということにし、明日乗り納める予定に決めたのでした。


●お知らせのフライング●
アダノンキさんのブログページでお知らせしておりますが、『消しゴムはんこで蔵書印を作ろう』という企画をやらせていただきます。
詳細は、明日かあさってか、お知らせします・・・。
早急にチラシも作りますので・・・アセアセ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-28 22:38 | ダイアリ | Comments(0)

備えがあってよかった

f0171453_20152637.jpg

雪がまさか積もるとは~。
朝の出勤はじゃぶじゃぶの半融けの雪がしんどかったのです。新しいブーツを買っておいて良かった。

なんて今、書き込みをしていたら隣の部屋から三番目の兄さんの声で
「あ~、俺、キャラメルコーンってポップコーンのピーナッツ版だって思ってたけど、違うんだなぁ・・・」
というつぶやきが聞こえてきたのでした。
つまり、ポップコーンの要領でピーナッツを熱していたらキャラメルコーンができるのだと、袋の底にたまったピーナッツはキャラメルコーンになれずじまいの子たちなのだと思っていたらしい。

・・・聞かなかったことにしてみよう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-27 20:35 | ダイアリ | Comments(0)

あめゆじとてきて

f0171453_20162935.jpg

初雪、激しすぎだー。本日は仕事がシフト休みで本当に良かった・・・と家の中から外を眺めるイチニチだったのでした。
窓から外を眺めつつ、ご依頼いただいたハンコを制作していたのですが、赤ちゃんなのに妙に色っぽくなってしまって、さてどうしようというところ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-26 20:54 | ダイアリ | Comments(0)

ヘチマコロンの壜

f0171453_2014494.jpg

昨日の骨董市で見つけたものそれは「ヘチマコロンの壜」。
あのおなじみのヘチマコロンかーとすぐに目を惹いたのですが、側面にはそれこそおなじみの「ヘチマコロン」のロゴの可愛らしいエンボスと一緒にヘチマの実と葉っぱが浮き彫りになっていて、とても凝った作りが昔っぽくなくて果たしてこれは?としばらく見つめている時間があったのでした。
ねっとり見つめているうちに裏のラベルに書かれてあった発売元の「天野源七商店」の住所が「東京市日本橋」となっているのを見つけ あっ、古いものなんだ とやっと買う決意ができたのでした。
家に戻ってこのヘチマコロンについて調べているうちに、リンクをさせてもらっている「indigo日記」さんにも行きついたのでした。
indigoさんの記事によると昭和5年~10年の間に使用された壜とのこと。あー素敵なものを買えたなぁとにやり。

もう一つの脇に控えている透明な壜は「井善製の○○油の壜」。
○○の字が読めないの。ふむー。
こちらはラベルコレクターのおじいちゃんの孫という方が、その今は亡きおじいちゃんのコレクションをアップしているブログで同じラベルを発見。
商品名は結局読めず判明しなかったのですが、ラベルに描かれている椿の花から椿のびんつけ油だったのではないかとのこと。
商品名の両脇の○が不思議なデザインだなぁと見ていたのですが、そのブログにアップされている美しいラベルを見ると○の中には一文字ずつ「商」「標」と入っていたのでした。
見比べるとずいぶんとこちらの壜のラベルは退色しているなぁと思わざるを得ないのですがそれはそれで雰囲気があって良かったりもするのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-25 21:21 | | Comments(4)

隠れた才能

f0171453_17225858.jpg

三番目の兄さんと一緒にタケノコさんのパン教室に参加してきたのでした。
ほかにはふーさんと、お兄さんが参加。それと初見のはずなのにワタクシ・ミユキと我が家について異様に詳しいキャサリンさんも。
いつもブログを見てくれていてありがとうございます。キャサリンさん。

用意されたパンの元をこねくり回して初めて作ったライ麦パンだったのですが、どうも失敗まではいかないものの、あまりうまくいかなかったのでした。曰く見た目、男パン。無骨な佇まい、他人を寄せつけない孤高の味。それが男パン。
一方我がオット三番目の兄さんはこねる段階からすでに上出来を予感させるタネを作り上げ、成形でも餅で培った技術を披露し、完成は案の定ふかふかのそれは素敵な出来上がり。くっそー。

今度もう一回自宅でチャレンジしてみようとレシピを見直す寒い夜。
猫ズが点いてもいないストーブの前で丸くなっている姿が余計寒さを誘うのです。
ちなみに午後からは第100回目の豊平神社の骨董市へちゃんと行ったのでした。私は行ったよ、ジュンキ堂!
第100回だからと何か特別なことをするでもなく(ただいつもよりお店は多かった気がするのです)相変わらずのんびりしていたのですが、ちょっと素敵な壜を買ったのでした。
でもそれはまた明日にでもご紹介しようと思っているところ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-24 19:48 | ダイアリ | Comments(4)

もうすぐいなくなります

f0171453_21493013.jpg

また気になる垂れ幕発見。102回とは歴史があるわぁ。一般の人は入れないかな。


退職が決まってから毎日のように「いつ辞めるの?」「最終出勤日いつ?」とよく聞かれるのです。
気にしていただくのは大変ありがたいのですが、あまりに聞かれるので早くいなくなって欲しいのかな?なんてつい思ってしまうのです。
もちろん皆さんにはそんな気はないのは分かっているのですが、職場から家に戻るともうそれは大変しんどくて、大げさではなく動けなくなってしまうのです。
心より先に体に影響がでるなんてとても不思議だなぁと思うのですが、もうすぐいなくなると思うのでどうぞそっとしておいていただけると嬉しいのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-22 22:30 | ダイアリ | Comments(0)

来年の手帳

f0171453_2010956.jpg

来年の手帳を買ったのでした。またほぼ日手帳。
数年前から使い始めたのですが、ページがぱかっと開くのがお気に入り。
数年使用の桃色の専用の布のカバーを引き続き今年も使用していたのですが、汚れてしまったので、洗い、早く乾かしたくてアイロンをあてたところ、内側のビニール的な部分が融けてしまって。
融けてくっついている部分はあるわ泡立っている部分はあるわ汚れているわでもう散々な状態になってしまったのでした。(それでも使い続けた)
その反省をふまえ今年は布カバーではなくナイロン製のカバーを選択、しかもビニールカバー付き。
色は攻めの赤。わぁ、らしくなーい。
来年は攻めよう。・・・のんびりと。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-10-20 20:30 | ダイアリ | Comments(0)