<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

みそか

f0171453_20142878.jpg

ああ、もう今年も終わりますねぇ・・・。
そんな今日は毎年恒例のキャッツの予防接種をし、午後からは我がオット・三番目の兄さんと映画を観に出かけたのでした。
考えてみたら年末って結構映画を観に出かけているかも。
観たのは「森崎書店の日々」。
良い席で観ましょうよ、と早めにチケットを購入し「10」「11」という整理番号を手にしていたのに、一度外へ出て開場時間ぎりぎりに映画館へ戻ったので整理番号50番以降の方々と一緒に案内されてしまって、二人並んで椅子に座れるかどうかも危うかったのでした。
なんとかラストの並び席をとることができたのでよかったのだけれど、うっかり二人ばらばらに映画を観る羽目になるところだったのでした・・・。
ヒロインの古書店や神保町との関わり方がとっても羨ましくってずっと「いいなぁ」と思いつつ観ていたのでした。あとファンの岩松了さんを観れたことも嬉しかったー。
そして映画を観た後には今年最後のアダノンキへ。お餅を届けついでにビールをぐびり。
お餅って好き嫌いなどもあるから人様へ差し上げるのってどうかなって思っていたのですが(特にアダノンキさんはお餅が好きではないような気がしていた)、「お世話になった人にはお餅を!」と声高に叫ぶ三番目の兄さんに後押しされて持って行ったのでした。
思った以上に喜んでもらえて良かった。
臼と杵でついたお餅ですからきっと美味しいですよ。明日はアダノンキさんはオールナイトで営業するとのこと、年越しなどにでも食べてほしいと思っているところ。

さて、明日は我が家は三番目の兄さんの実家にて家族で年越しなのです。飲んで食べて飲んで食べてそして寝るという年越しの予定。
お世話になった皆様、ありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。
どなた様も良いお年をお迎えください。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-30 21:13 | ダイアリ | Comments(2)

ぺったんこ

f0171453_19294171.jpg

28日はお餅つき。
今年も頑張ってついてきたのでした。我がオット三番目の兄さんが!
ということで自動的に妻であるワタクシ・ミユキがおもちを返すことになるのですが、今は疲労困憊・・・。餅つきって体力を使うのです。

お餅つきを見ながら考えていたのですが、この不思議な食べ物、おもちを最初に作った人って誰なんでしょうかね?お餅・・・この悪ふざけの結果出来上がったものっぽさ。
米をバシバシ潰してにょびにょびにして食べるなんてよく思いついたなぁというか、よく広まったなぁ・・・。
もう既にあるものだから、そういうものだと違和感なしに食べているのだけれど、よくよく考えると初期の頃は「そんなべっとべとに潰したのなんて絶対ヤダ!」とか拒絶反応を起こした人もいたのではないだろうか。「食べ物で遊ぶな!」とかいう人も。

ちなみに我が家の木の臼はマジックで側面に名前が書いてあるのです。以前、近所の小学校に貸しだしたことがあるからだそう。
それと、お餅を丸めているときに、お義母さんに「ダルビスって離婚するの?」と唐突に訊ねられ、誰のことか解らずに「するんですかねぇ。」と適当に答えたのだけれど、今落ち着いて考えるとダルビッシュのことだったのかも知れない。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-28 19:38 | ダイアリ | Comments(0)

依頼品完成

f0171453_16345044.jpg

タケノコ洋品店さんから依頼されていた名刺のはんこが完成したのでした。
ちくちくとはんこを入れる袋を作って、タケノコ洋品店だもの、とタケノコのはんこを彫って袋に押したのですが、最近もらった韓国土産にとても似ている気がする一品が出来上がったのでした・・・。
お渡ししたらこの渋い様を見てやってください。

たくさん押すのではなく、一度押したものを印刷すると言っていたので、押しやすい消しゴムで今回は作ったのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-27 16:44 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

トシノセ

f0171453_1935201.jpg

お昼御飯にカレーを食べにったお店のそばで、笹の葉のようなものが先頭についた長い棒を持って歩いている人を見つけ、あとをつけたところ神社の方だったのでした。それは、掃除道具でしたか。

午後からは今年中に用意しないといけない贈り物たちを一斉に買ったのでした。
出産を控えたナチ様への個人的なプレゼント、三番目の兄さんのお友達のお子ちゃまへのプレゼント、実家の母へ送らないと怒られるカニ、大晦日に三番目の兄さんの実家へ持っていくお酒各種などなど、おお・・・買ったわい・・・と妙な満足感を味わったのでした。
お中元やお歳暮など贈る習慣がないので、こんなに人様へ差し上げるものをまとめて買うのはひさしぶり。熨斗をつけてもらったり、店頭で住所を伝票へ書いたり・・・主婦って感じだわ。
大晦日が個人的には一年で一番好きなので、今ワタクシ・ミユキは大変楽しい毎日を過ごしているのです。

大晦日用に買ったシャンパンはついさっき開けて飲んでしまったのでした。
いいよいいよー、もうすぐ大晦日だもん。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-26 19:50 | ダイアリ | Comments(0)

まさか我が家にも

f0171453_18441487.jpg

朝起きてからだいぶ経って判明したのですが、我が家にもサンタクロースが来訪していた模様。
クリスマスプレゼントを頂戴するなんて十数年ぶり・・・。
今まで一度もクリスマスプレゼントをくれたことが無かった三番目の兄さんが突然何故こんな事を・・・と考えると、ひょっとしてプレゼントをやるから離婚しろとかそんなこと言われちゃうんじゃないかと嬉しさよりもネガティブな深読みをしてしまう、プレゼントをもらい慣れていない妻、それがミユキ。



ちなみに中身は『折り紙』だったのでした。
なん・・・いや、言わずにおこう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-25 18:50 | ダイアリ | Comments(0)

一か月遅れの

f0171453_17524535.jpg

一か月ほど遅れてバースデープレゼントを送ってくれた友人がいたのでした。
誕生日が近いこの友人とは、毎年交換をするように旭川と札幌の間をプレゼントを送りあっているのですが、今年はそのプレゼントが届かず。
というのも、ちょうどその頃、友人の旦那様が急に亡くなっていたためで、大変な毎日を過ごしていたのだと思うのです。
誕生日というよりかはクリスマスプレゼントのようになってしまったけども、と送られてきたプレゼントには手紙が同封されていて、旦那様の最後の様子などが詳細に書かれていたのでした。
緊急に入院をしておよそ一週間くらいで亡くなってしまったのだそう。
そんな短い時間でどれだけ思い描いていた人生が変わってしまったのだろうなんて考えると指先からすうっと冷たくなっていく感じがするのです。
けれども、手紙は特別明るく装っている風でもなく、特別暗く沈んでいるわけでもなく、ああきっと彼女は大丈夫だと充分に思わせるだけの内容だったので、ひとまず安心したのでした。
明日、他の年賀状と一緒に出そうと彼女に宛てた手紙を書き終えた雪の午後六時。
来年はいい年になりますように。そして来年は久しぶりに彼女に会いに行こう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-24 18:11 | ダイアリ | Comments(0)

コジさんの憂鬱 koji

f0171453_18502818.jpg

外は雪。しかもぼったり水分多めの。朝のうちはふわりふわり素敵な雪だったのに。
ベランダに出たいけれど、でも寒い・・・そんな葛藤を背中に垣間見せる窓辺のコジさん。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-23 18:53 | 猫やら生き物 | Comments(0)

ロディは却下

f0171453_21212920.jpg

来月に出産を控えた元同僚のナチ様のお祝いの品を選ぶために、5人でステラプレイス内をうろついたのでした。
お昼御飯を食べつつお祝いの品は何がいいかと相談をし、「ロディ」(カラフルな馬のおもちゃ)がいいんじゃないかしらと結論を出し、買い物へ出たのですが、結局通りかかった店先でぱっと目に付いた加湿器を購入したのでした。
写真は相談時にワタクシ・ミユキが勝手に執っていた議事録。私の頭の中のロディ。
ロディは可愛くて、でも自分ではなかなか買うに至らないからいいと思ったんだけれどもなぁ。
それとロディのことをルーピィという名で覚えていたのは何故だろう・・・。

ロディ・・・悲しいけれど、きっと今回は加湿器の方が喜ばれるに違いないよ。贈られる本人が欲しがっていた事実があるもの。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-22 21:36 | ダイアリ | Comments(2)

幻の

f0171453_22162897.jpg

先日のアートマーケットの珍田の文庫の様子を自身では写真など撮影していなかったのですが、一緒に参加してくれていたrimaちゃんが写真を撮影、そしてその画像をくれたのでした。
ヒャッポー。
年下だけれど、とっても頼れるrimaちゃん。センキュー!どうしたらこういう子になれるんだろう。

品数が少ないことをごまかすかのように、所有している雰囲気の良い古いモノをディスプレイに使用したのですが、作った品よりも古物やディスプレイばかりが褒められる始末。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-21 22:25 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

うちのぴーさん

f0171453_16484798.jpg

先日
「うつわ、こまもの コウゼ」さんで開催中の「柴田睦子うつわ展」を見てきたのでした。
ついでに林檎も置いてきたよ。もちろん。
同日に昨日一緒にアートマーケットに参加したrimaちゃんもコウゼに行き、やはり同じぴーちゃんを購入していたとのちに知ることとなるのです。

このぴーちゃんは「箸置き」なのです。
一羽一羽、はねがあったりくちばしを開けていたり、頭にくりんと天然パーマがあったりと全て違うのです。
バットの中におかれているぴーちゃんずや店内にちりばめられている子たちをふわふわと見て「コイツに決めた!」と選んだのでした。
もう猫っ可愛がり中。鳥なのにー。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2010-12-20 17:01 | ダイアリ | Comments(2)