<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

無事に終了したのでした

f0171453_2002613.jpg

本日、古本とビール アダノンキさんで「消しゴムハンコで蔵書印を作ろう」講座を無事に済ますことができたのでした。忘れ物などしていなくて良かった・・・。

二度目の講座となるのですが、またまた個性的な素敵な生徒さんばかりで大変楽しい時間を過ごすことができたのでした。体調を崩されてお休みすることとなった方がおひとりおられたのですが、いつかお会いできればいいなぁ、とぽつと思う。
お休みされた方の席にはお店のアダノンキさんが座り、はんこ作りに参加してくれたのでした。

前回も思ったのですが、蔵書印のデザインなどは個性がそりゃ当然でるのですが、彫っている間の姿勢、彫り跡なども個性があって面白いなぁと思うのです。
比べて見ているわけではないのですが、これが講座を開催する醍醐味よね・・・としみじみ。小学校の先生ってこんな目線で生徒を見ているのかなとか思ったりもして。
珍田の文庫だけが面白がっているだけではいけないと思うのですが、講座に参加されている方みなさんが楽しんでくれている様子が伝わってきたのでほっと安堵。
「帰りに消しゴムハンコの材料を買って帰ろう」なんて聞いたものなら、なにか役割的なものを果たしたような気がしてまたしてもほっと安堵。
実は時間中何度も安堵していたのでした。

また今回のような講座を開くことができたら、その時はまたみなさん参加して下さいね。楽しいからー。きっと楽しいからー。
そして場所を提供してくれたアダノンキさんどうもありがとうございました。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-30 20:25 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

会いに行く

f0171453_20291282.jpg

ついにナチさまが出産したのでユミコさんとご一緒して見舞って来たのでした。
4000グラムを超える大きな赤ちゃんだったそうで、帝王切開だったよーと言っていたのだけれど、わりと普通に歩いていたりしていて驚いたのでした。
そういうところはナチさまならではというか、痛くっても大げさに痛がらないというか。母になったのなら今後はもっと痛がらなくなるかも。
ああ、ナチさまもついにお母さんになったかー。

ユミコさんにも久しぶりに会えたので、お見舞いの帰り道には神社にも。ナチを頼みますよ!と祈願。
手水のところが凍っていて手水鉢を中心につるつる山を形成していて近寄れなかったのが、ちょっとおもしろかったのでした。
ユミコさん、おしゃべり楽しかったです。この怠けものは勇気を頂きましたぞ。


話はころっと変わりますが、
明日はアダノンキにて「消しゴムハンコで蔵書印を作ろう」教室をさせていただきます。よろしくお願いします、頑張りますので!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-29 20:41 | ダイアリ | Comments(2)

押す練習

f0171453_18152299.jpg

日曜日のけしごむはんこで蔵書印を作ろうへ向けてけしはんの練習をしていたのですが、いつのまにかはんこを押す練習に移行していたのでした。
はんこをきれいに押すのは結構難しいのです。

ちょっと思い出したのですが、数年前、横浜で参加した一日製本教室にはおまけレッスンがついていたのでした。
それがけしごむはんこを作るというものだったのですが、その時の先生が「以前、はんこを押すのだけは得意っていう生徒さんがいた。」と話しておられたのでした。
なんでも『いろいろなスタンプを押して押して押しまくって絵を作る』ということを趣味としておられる生徒さんだったのだそう。お話を聞いていたその場にいた生徒さんたちは(ワタクシ・ミユキも)あははと笑ってしまったのですが、その人は本当に失敗することなくどんなはんこも押すんだよー。と言っておられたのでした。
今考えると確かに一発OKではんこを押すって難しい。
練習、必要。うんうん。必要。いまさら。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-28 18:31 | 珍田の文庫ニュース | Comments(2)

きらっきらした目 susu

f0171453_19383515.jpg

にゃんこと一緒に過ごす時間が増えたせいか、にゃんこをかまいすぎて嫌われ気味なのです。

そして日曜日のけしごむはんこで蔵書印を作ろう」の準備を始めているのです。
二度目だからもっと上手に手ほどきできるよう、忘れ物をしないよう、念入りに念入りに。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-27 19:40 | 猫やら生き物 | Comments(0)

肩の荷を下ろすにはまだ

f0171453_20434066.jpg

安心のポーズ。

龍のはんこを依頼してきたお客様に、本日、二度目のはんこの下絵イラストを見せてきたのでした。
お客様の言う「可愛いらしい龍」がイマイチつかみかねていたので「そうそう、イメージはこんなかんじ。」と言われた時にはホッとしすぎて、もう仕事は終わった気さえしたのでした。
まだこれからなのにね。
さらに珍田の文庫とお客様の話し合いの様子を見ていたお客様のお連れの方もはんこに興味を持ってくれたご様子だったのが嬉しかったのでした。
受注につながるかは分かりませんが、こうやってできるご縁もあるのね、と思ったのでした。

それと・・・ちょっと考えていたのですが、こうやって注文をしてくださるお客様のために注文票のようなものを作ろうかなと考え中。いや、お客様のためというより自分のため。
「はんこを作ってほしい」と聞くともうそれだけで舞いあがってしまい、大切なこと(用途とか、サイズとか、値段とか)聞き忘れてしまうもので・・・。連絡先とかも。
簡単なものでもあればきっと違いますよね。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-26 20:53 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

夢みたいな雪だるま

f0171453_20192266.jpg

ご近所にて発見した雪だるまが素敵なのです。
このクオリティの高さったら。
気品漂う周囲の花々。良く見ると手も美しい花で表現。すでに地蔵菩薩の境地なのです。
この目をペットボトルのキャップで表現しているあたりが素敵。しかも目がハートマーク。
雪まつり会場に置いておきたいなぁ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-25 20:29 | ダイアリ | Comments(2)

本日はここまで

f0171453_20412075.jpg

龍のハンコを練習中。
一個彫ったところジャングル大帝レオ似のが出来てしまい、これではいけないともう一個練習龍に着手。
もうちょっと細かいところを攻めたいところですが、夜になると露骨に細かい部分が見えなくなるため、本日はここまでー!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-24 20:43 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

硝子の持ち手を買ったのね。

f0171453_1846668.jpg

ハンコ用に硝子の持ち手を追加で購入したのでした。
今度はもっとカラーが増えたので、キラキラ度がアップするのですよ!クリアな硝子も手作りの品ですので、とろんととろけるような質感が素敵なのです。

本日は先週のファクトリーのイベントで名刺ハンコをご依頼いただいた方とお会いしたのです。
お名前の他に龍のハンコを作ってほしいということで、龍のイラストを数点お見せしたのですが、「ちょっと怖い」と言われたのでした。
もう少し可愛らしいイメージ。シルエットに近いような、ロゴ的なもの・アニメぽいものもいいなぁと注文をいただいたので、また後日改めてイラストを持参することに。
ああイメージがちょっと違っていたかと少しがっかりもしましたが、お客様にとっては名刺に押すものですからよくよくお話を聞かねばと気持ちを引き締めたのでした。
イラストはもう一度話し合いをしなければならないのですが、はんこは「名前&TEL」「龍ポーズ違い2点」を正式にご依頼頂いたのでした。
頑張らないとー!えいえい!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-23 19:03 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

くぼみちゃんもしくは君

f0171453_20585151.jpg

アートマーケット等イベントに出店する際に、どうしても品数が少ない。ということでもりもりと飾りの品をディスプレイすることが多いのですが(多いというより品数よりディスプレイで置いた飾りモノの方が多かったりする・・・)、いつもその飾りとして持って行くものの方が人目を惹いたりするのです。
持ちモノを褒められているようで嬉しかったり、それより売っている方を見てほしいなんて複雑な気持ちを持ったりするものです。

この「くぼみちゃん」も先週の日曜日にディスプレイデビューしたうちのひとつ。
やっぱりこの顔の中央が窪んでいるくぼみちゃんが人を惹きつけてくれたのでした。
ディスプレイしてみて、かわいいなぁと改めて思うと同時にさらに改めて何故顔がくぼんでいるんだろう?と疑問も再燃。
顔をくぼまそうとかなかなか思わないよなぁ・・偶然の産物とかだったのかな?
どなたかこのこけし・くぼみちゃんの素性をご存じの方がいたら、教えて頂けないでしょうかね?
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-22 21:12 | | Comments(0)

紛れる前に susu

f0171453_20215431.jpg

時々、ふと気がつくとにゃんこにずっと見つめられているときがあるのです。何があるわけではなく。この画像はすすさん。
「何か御用ですか?」と尋ねると面倒くさそうに横を向くのですが、じっと見つめるってどういうときなのだろうか。

そしてこの後、すすさんはそのまま日暮れに合わせて闇に紛れていくのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-01-21 20:27 | 猫やら生き物 | Comments(0)