<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

去年の今日

f0171453_15303170.jpg

お店の人の誘いを断れずに買っちゃったお正月飾り。飾りどころが分からなくて、部屋のなかでぶらりぶらりしているのですが、これ、どこにどう飾るのが正解なんだろう・・・。

さて、我が家は三番目の兄さんもお正月休みに入り、のんびり過ごしているのです。
早々と年賀状を投函した!キャッツの予防接種も済ませた!
実家の母に送ったカニが無事届いた!三番目の兄さんのおうちには魚卵を贈った!
年末に三番目の兄さんのおうちに持って行くお花を買った!お年玉の準備を済ませた!
年末の用事がちゃくちゃくと済んでいて気持ちがいい。
毎年お手伝いに行っていたお餅つきは今年はお休み。アキさんの面倒を見ないといけないからね。

去年の今日は何をしていたのだろう?と過去の記事を読み返してみたところ、去年の今日の私は、やっぱりお正月休みに入った三番目の兄さんと一緒に映画『森崎書店の日々』を観て、アダノンキでビールを飲んでいたのでした。
ああ、そうだ。確かアダノンキのふーさんは、この映画のロケを見たのだとかそんな話をしていたっけ。
少しだけ記憶がよみがえる。おぼろげだけれど。
贅沢に過ごしていたのだねぇ。
アキさんが生まれることなんて全く知る由もなく、わははと笑い、ビールをぐびぐび飲んでいたのだろうなぁと思うとちょっと不思議。・・・いや、すごーく不思議。
今年はいろいろなことが公私ともにあり、とても印象深い一年だったのでした。
来年は、みんなにとって良い年になりますように。
今まで通り、ささやかなれど幸せでありたいなぁと願いつつ、今年はこれにて。

みなさま良いお年をお迎えください。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-30 15:50 | ダイアリ | Comments(0)

贈り物

f0171453_914958.jpg

アキさんにもちゃんとサンタクロースより贈り物が届いたのでした。
良かったねぇ。母にはプレゼントなんて何一つないよ・・・。

サンタクロースがくれたものはラトル付の大きいオーボール、ロディのおきあがりこぼし、それと絵本『きゅうりさんあぶないよ』。
贈り物のラッピングは興奮した母がさっそく開けちゃったのでした。人のモノでも贈り物を開けるのって楽しいことが判明。
オーボールは三番目の兄さんがサンタさんへリクエストしたもので、赤ちゃんに人気・・・なのだろうか?
雑誌などでも赤ちゃんがよく手に持っているボール型の柔らかいおもちゃ。
ちなみに小さい方は、アキさんがまだ生まれる半年前に三番目の兄さんが買ってきたもので、最近ようやっとアキさんがにぎって振り回すようになったのでした。
絵本の『きゅうりさんあぶないよ』は対象年齢が2歳~とあり、早いかなぁと思いつつも絵の楽しい本だから、二人で眺めて楽しもうと思っているのです。
実はこの『きゅうりさんあぶないよ』と同じ作者の『クリスマス・プレゼントン』という本も買ったのでのした。
こちらはさらに対象年齢が上なので今しばらく本棚で熟成させるつもり。
いつか、寝る前に読み聞かせることができればいいな。

贈り物たちを前に、我が家に来るサンタクロースはきっとこれからは贅沢なものはくれないかもしれないけれど、悪いことをしなければ毎年来てくれるし、プレゼントのリクエストにはなるべく応えてくれると思うよ~と、きょとんとしているアキさんに教えたのでした。

きゅうりさんあぶないよ (幼児絵本シリーズ)

スズキ コージ / 福音館書店


[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-26 09:34 | こども | Comments(2)

保健センター

f0171453_847033.jpg

育児教室へ参加するために区の保健センターへ行ってきたのでした。
天気予報では大荒れ・なんて予報されていたし、自分たちの参加もお天気次第だなぁなんて思っていたので、どのくらい人が集まるものなのか全くわからなかったのですが、会場には最終的に30組位の親子が集まったのでした。
こんなに赤ちゃんを一度に見たのは初めてだー。
面白かったのは、アキさんもそうなのだけれど、寒い中やってきた赤ちゃんのアウターがほとんど熊やうさぎだったこと。
いろんな小さな動物が集まったよ。

同じ年の同じ月生まれの赤ちゃんが集まったはずなのに、一人一人成長の度合いなどもまったく違っていてびっくり。
月初めと月末生まれではおよそ1か月の差があるから当然と言えば当然なんだけれども。
大人からしてみればたった1か月、なんだけれど赤ちゃんにとっては大きな差なんだな。この時期は一日だっておろそかに暮らしてはいけないと思ったのでした。

他の赤ちゃんを見て思ったのは、アキさんはこの月齢にしては出来上がっているというのか・・・顔や体つきもしっかりしている印象を受けたのでした。
まわりのお母さん達からもしっかりしているねーと言われたのでした。ですよね・・・私もそう思います。
そうそう、それとお母さんに似ているね、とも言われたんだった。
これにはびっくり!だって今まで父親の小型版だと言われ続けていたし、本当にそうだったから。
ええー・・えへへへ、君は今お母さんに似ているんだって!
途中には別室で行われていたプレママ教室に参加していた妊婦さんが赤ちゃんを見に来たのでした。
いろいろ質問を受けたりしたのですが、妊婦姿が懐かしくなったのでした。
妊娠ってやっぱり貴重な時間だったよねぇ。
お話をした方は今9ヵ月ということで「出産頑張ってね!」と声をかけたのだけれど、妊婦である今を楽しんでくださいねってことも言えばよかった。

始終赤ちゃんのペースなので、授乳のために離席、おむつ交換、ぐずっている赤ちゃんをあやしながらだったりとなかなかきちっと集中できなかったのだけれども、参加したお母さん方とは最近の育児に関する悩み事など話合ったり、小児科情報を教え合ったりすることができて、参加して良かったなぁと思ったのでした。
同じ区内にこんなに同じ時に生まれた子を持つお仲間が居たんだなぁ。知らなんだ。

次回は2月。また参加しよう~と思ったのでした。
・・・お天気によるけれども。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-23 09:16 | こども | Comments(4)

一長一短

f0171453_12201271.jpg

最近夜の授乳が3回から2回に減った、そんなアキさん。おお、成長の証し。
起きる回数が減った!と一見喜ばしいことのように思えるのですが、実は回数が減って授乳の時間があく分お腹が空くらしく、今までよりはっきりと覚醒しているようで、授乳+その後寝付くまでの時間のトータルは3回の頃よりきっと長い。
ギラギラと目を輝かせ夜中3時に満面の笑みで「きゃーう♪」と大絶叫したりするようにもなったのでした。
夜中に君は何がそんなに楽しいのかね・・・とこちらもついつい笑ってしまうのだけれど、たまに肩越しに後ろの空間をじいっと見つめた後、にま~と笑うのはうっすら怖い)))
怖いと言えば、夜中の暗闇の中で突然「けけけけ・・・!」と声を上げるのもちょっと怖いのです。
暗闇だから笑っているのか確認できないし、そもそも声の持ち主は本当に隣のベビーベッドで寝ているアキさんなのか・・・。
けけけって笑うのは、卑怯な人間か妖怪ぐらいじゃないか。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-20 12:45 | こども | Comments(4)

予防接種デビュー

f0171453_1284518.jpg

注射を打ってもらったところに貼られたシール。
本日アキさんは予防接種デビュー。徒歩15分ほどのご近所の小児科病院へ出かけたのでした。
先週からこの日だけはよいお天気でありますように・・・と祈っていたのですが、まんまと吹雪・・・。
しかも家へ戻ってきたのを見計らったように今は晴れてるしー!うぎー

初めての病院だったのだけれど、先生は優しそうだし、アキさんは名前と舌の力の強さを褒められた!
かかりつけにするならここだわ、と心の中で思ったのでした。
予防接種の前にはワクチンや接種後に起こるかもという副作用の説明を受けたりした上に、さらにその説明などを踏襲するパンフレットもたくさん渡されたのでした。
説明とか、大事だけれど、されればされるほど怖さが増すのはなんでだろう。
今回受けたのはヒブ(1回目)と肺炎球菌(1回目)の二種類。
アキさんは盛大に泣いたのでした。そりゃそうだ、痛いよねぇ。
本当はもう一種類受けたいものがあったのだけれど、予約時に忘れてしまっていたため別の日に予約を入れたのでした。
受付の方には三種類まとめて今日、できますよ。やっちゃいますか?と聞かれたのだけれど、そして自分の方針としてもなるべくなら同時接種でいこうと決めていたのだけれど、左右の腕にぶっすり注射を打たれているのを見ていたらなんだか涙が出てきそうになってしまって、今日はもういいです・・・と予定通り別日に接種することにしたのでした。
と言っても、来月には三種類の同時接種を予定しているのだけれどね。なんだか心が痛い・・・。

これからの予防接種のスケジュールを相談しようと、エクセルで作成した自分なりの接種スケジュールを持参していたのですが、相談するタイミングがつかめず(相談するのは先生なのか、受付の看護師さんなのかとかその辺も迷った)結局できなかったのでした。
ただ、お会計時に次回の接種など案内してくれたので、スケジュールは自分で組み立てたものを病院の案内とすり合わせていけばいいかも~と思えたのでした。
これから長らくこの病院に通い詰める日々が始まるのだなぁ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-15 12:39 | こども | Comments(2)

なるべく見せない

f0171453_1352158.jpg

アキさんにはなるべくテレビの画面を見せないようにしているのだけれど、気がつくと画面を見つめるアキさんが居たのでした。
いけね!
ぼんやりとしてか見えていないだろうけれど、ちゃんと目線がテレビにあったのでした。
食べ歩きの番組を見ているの?アキさんはまだまだ食べられないものだよ。
でもいいねぇ、『脂がのってて美味しそう』だって。

理想としてはテレビは見せたくない。けれども、テレビがあることが自然な我が家ではとんでもなく高い理想。
私も三番目の兄さんもテレビを見ているのだから、アキさんだけ見せないってわけにはいかず、そこはいずれ妥協せざるを得ないなぁと思っているのです。
幼いうちはなるべく見せないを心がけて、テレビにアキさんの面倒をみてもらうような状態にだけはしないようにと思っているのです。

アキさんが大きくなるにつれ、テレビどころかゲームが欲しいとか言い出すんだろうなぁ・・・とか考えると今からもう悩んでしまうのです。
ゲームの存在を悟られないように、とぼけて暮らしてみようかな。
結局、お友達が持っていたらゲームの存在がばれてしまうし、欲しがるだろうけれど、それまではおとぼけ生活を楽しもうと考えているのでした。
まだ先のお話。鬼も苦笑い。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-12 14:21 | こども | Comments(2)

くつしたさん

f0171453_13461994.jpg

なんでも赤ちゃんは手足で体温調節を図るのだとか。
ということで、手袋や靴下は部屋の中では極力しないほうが良い。なんて口コミで聞いていたので、アキさんには靴下は履かせていなかったのでした。ずっと裸足。
でもこのところの寒さ。外は雪だし、何しろ北海道の冬だよ、裸足で大丈夫かなぁとずっと気になっていたのでした。
部屋の温度は暖かく保っているけれど、その中でも私自身靴下履いて(しかも二枚重ねだ)生活しているし、でも履かせない方が良いって聞くし、体を温めすぎてもいけないらしいし、でも実際寒いよー、アキさんは自分じゃ寒いって訴えられないんだよね、でも・・・とずっと頭の中をぐーるぐる。
最近になってやっと目の前の状況よりも、どこぞの誰かが言っていることの方を優先しているおかしさに気がついたのでした。
ということで靴下を購入。長いタイプで足すっぽりよ。
もちろん履きどきは考えるつもり。

育児書ありきのお母さんで、子育てが本通りにいかないとキーってなっちゃう人がいるって聞いたことがあるけれど、結構近い線いっていたかも。
もうちょっとゆったりと構えて、自分とアキさん、周りの状況を考えて自分で判断しよう。そう思ったのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-09 14:18 | こども | Comments(0)

札幌に生まれたママと赤ちゃんに、「おめでとう」を。

f0171453_835186.jpg

タイトルはカレンダーに書かれてあった言葉。ジーンときちゃった。
そうだ、アキさんはどさんこだし、札幌っ子なのねー。

11月に北海道新聞に紹介されていた子育てカレンダーが届いたのでした。
札幌のNPOが作成したもので、子どもの予防接種が大体終了するまでのおよそ2年間使用できるカレンダー。
当初は市内の産科病院4か所のみで試験配布とのことで、いいなぁ・・・と指をくわえてみている状態だったカレンダー。
もらえないかなーと問い合わせてみようと思い、そのNPOのブログを見てみると、既に新聞を見た方からの問い合わせが多数あったとのことで、希望する一般の札幌市民(10か月前の子どもがいること)にも配布することになった、とあったのでした。
ひゃっほー♪と光の速さで申し込み。
月ごとのイラストも可愛らしいし、巻末には札幌市の子育てに関する情報もあり、どれだけ使いこなせるか今からわくわくしているのです。
ちょうど今月から予防接種が始まるので早速予定を書き込んでいるところなのです。
このタイミングで入手することができて嬉しい!

このカレンダーを作った方は、自身の子育ての経験から、育児を支援することで母親の孤立化を防ごうと行動を起こしたのだそう。すごいなぁ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-08 10:11 | こども | Comments(2)

初めて

f0171453_9562932.jpg

ベッドで眠るアキさん。
アキさんは最近丸々としてきていて、顔が時々真実の口みたいに見える。

頭髪が限界点をとうに越えていたので、アキさんを出産・・・いや、妊娠して以来初めて美容室へ行って来たのでした。
ずっとずっと行きたかったのー。
出産前に行けていれば、出産直後の写真もあんなモッジャモジャに写らなかったのになー・・・。
面会の人達にもあんなにモッジャモジャの姿を見せることなかったのになー・・・。
けれども妊娠中は何かパーマ液等が胎児に影響があるのではないかとちょっと心配だったのでした。

いつ以来?と美容室のポイントカードの最終日付を見てみると、去年の12月6日。ちょうど一年ぶり。
三番目の兄さんの車で美容室前まで送ってもらい、車を降りるときにスリング(だっこひも)をはずしたのですが、それを美容師さんが目撃していたらしく、「ひょっとして子どもを産んだ?」と驚かれたのでした。
「もともと頻繁にはこない人だけれど、それにしても来ないなーって思っていたんだ。道理で。」だって。
その美容師さんにはもう13年くらい担当してもらっていて、初めてこの美容室に来たのはワタクシ・ミユキが20歳の頃。
時間が経ったなーと美容師さんがふんわり思っているのが感じ取れたのでした。
久しぶりの美容室はおしゃべりしたり、マッサージをしてもらったりとても気持ちのいい時間だったのでした。
前髪あたりに縮毛矯正だけしてもらうつもりだったのだけれど、後ろ髪、すっごく重いよ、ちょっと手を入れた方がいいよ、と美容師さんに諭され切ることに。言いなり。
でも頭がとても軽くなったのでした。それと気持ちも。勝手にほほえんじゃうの。
美容院を出るときのこの軽やかな気持ち、忘れていた感覚だなと思ったのでした。外を歩きたくなっちゃう。

美容室で過ごした3時間ちょっとの間、アキさんは三番目の兄さんが一人で面倒を見ていたのでした。
三番目の兄さんも一人でアキさんをみていたことはないし、完全母乳でやってきているため、この間にアキさんがお腹をすかせたらどうしようと不安だったのですが、ずうっと眠っていたとのこと。
初めてのミルク&哺乳瓶も用意していたのだけれど、また次の機会にお預けだね。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-06 10:35 | こども | Comments(2)

悔し涙が出た日

f0171453_10355431.jpg

先日ワタクシ・ミユキは本気の悔し涙を流していたのでした。

というのは、この年末に自分の不注意でプリンターを壊してしまったから。
なんで・・・あたしゃ・・・もう!!とぽたぽたと頬をつたう涙。大げさなようですが、本当に悔しい。
プリンターの給紙口に、細かく砕いたろうそくのろうをこれでもか!とさらさらさ~と投入してしまい、給紙が出来なくなってしまったプリンター。
ろうを掃除機で吸い取ったり、掃除用の圧縮空気(?)が出るスプレーをかけてみたり、分解できる部分は三番目の兄さんに掃除してもらったり。
いろいろと自分たちなりに手を尽くしたものの復活は叶わなかったのでした。
ろうってところがね・・・。ろう、憎し!いや、憎むべきは己。
なんであの時ろうを落としてしまったのか、なんであの時いつもちゃんと閉じている給紙口を開けっぱなしにしていたのか。
「年賀状の印刷もあるし、わざと壊したわけじゃないんだからしょうがないよ。新しいものを買いましょう。」
と言ってくれた三番目の兄さん。
うう・・・ごめんね、と新しいプリンターをそそくさと購入したのでした。
新しいプリンターを選ぶとき、ちょっと楽しかった・・・。楽しむな、自分!
くしくも数日前に家計を引き締め、無駄な出費は控えるようにする!と高らかに宣言していたのでした。
もし立場が逆ならメッタメタに三番目の兄さんを罵っていたと思うよ・・・。

古いプリンターは給紙以外は問題ないので、フィルムの取り込みなどに利用しようと片づけることなく置いておくことに。
パソコンの脇にプリンターが二台というとんでもなくかっこよさげな状態になっているけれど、こうなる要因はうっかりドジだというワタクシ・ミユキのパソコン周り。
喝、喝!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2011-12-05 10:58 | ダイアリ | Comments(0)