<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

足を見つける

f0171453_1423456.jpg

ふと気がつくと自分の足をにぎにぎもみもみ。アキさんはどうやら自分の足を発見した模様。
毎日何かしらの新しい発見があるんだろうなぁ。
外へお散歩に連れ出せばもっともっとたくさんの新発見&刺激があるのだろうけれど、まだまだ寒い北海道では厳しいなーと引きこもりの毎日。
そう、この引きこもりな生活に暇を持て余しているのか、アキさんはこのところ昼間は泣いて過ごすことが多くなったのでした。
泣き声の合間に「暇なんじゃー!」と声が聞こえてきそう。
泣いて泣いて昼寝をしなくなり、抱っこをしていないと泣きやまない。抱っこすればにまぁっと笑うのだけれど、すぐにまた泣いちゃう・・・これは母に家事をするなということか?
小さい体の全身全霊で泣いている感じで、この甚大なパワーを電力に変換できれば家計的にもありがたいのになぁ。とか思っちゃう。
今日はめずらしく眠ってくれたので、自由な時間を久々に味わえているのです。ブログも更新できるー嬉。

育児書などでお散歩を推奨しているのを読むと、今のこの引きこもりの状態が将来発達に悪影響を与えたりしやしないかとドキドキしちゃうのだけれど(←たぶん考えすぎ)、こればかりは仕方あるまい・・・。
今年ほど春を待ちわびている年はないなぁと思うのです。
早く暖かくならないかな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-28 14:30 | こども | Comments(0)

やってしまった

f0171453_12501668.jpg

やってしまったなぁ・・・と反省を込めて。

先日、ほわほわとアキさんを抱っこしてお昼を過ごしていたときに、アキさんの片耳から血が出ているのを発見したのでした。
正確に言うと、一度出血したものが固まって細かくなった粉状の血。
ほわほわしたムードから一転、私はサァーと血の気が引いて、一瞬何が何だかわからなくなったのでした。
本当に視点も定まらない感じ。
なぜそこまで気が動転したかというと、実はさらにその何日か前に私がアキさんをベッドから落としてしまっていたから。

More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-23 13:52 | こども | Comments(0)

不思議をたくさん思う

f0171453_12365939.jpg

たけのこさんからお手製アルバムが届いたのでした。中はワタクシ・ミユキが妊娠中の頃に撮った写真。
妊娠中の写真なんて一枚もなかったからとっても嬉しい!
タケノコさんどうもありがとう。喜。

タケノコさんとりまちゃんと三人でお腹に手を当てている写真や、書肆吉成の吉成さん(手しか写っていないからおそらく。)がお腹を触っている写真とか。
タケノコさんは袖なしのワンピースを着ている。そうそう、写真撮った時は夏で、特に暑い日だったのでした。
「ほら、お腹の中だけれど君も写っているんだよ~」と隣でラトルをべろべろ舐めているアキさんにも見せてみたりして。
それにしても、この写真を撮った時にお腹の中に居た人が目の前にいるのか・・・と思った途端あまりの不思議さにしばし呆然としてしまったのでした。
???
アキさんは、この人は一体どこから来たのだろう。
確か少し前までは存在していなかったはず。でも今はずっしりここに居て、時々にまっと笑ったりとんでもなく大声で泣いたりもするよ。
しかもこの人、一時私のお腹の中に居たよね。・・・人in人の違和感再び。
考えたところで私なぞにはわかるわけもなく、不思議だなぁ~で終わってしまうのだけれど、やっぱりどうしても不思議。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-21 13:36 | ダイアリ | Comments(2)

絵本

f0171453_1431958.jpg

ムチムチフィンガー。アキさんは四か月。だいぶ手が使えるようになってきている。
絵本を読んでいても、手を伸ばしてぐいっと引っ張ったりするのです。そして本の角を口に持って行こうとするのですが、それはノンノンと阻止。
手もそうだけれど、絵本にしても最近は絵をちゃんと見ている・・・感じがするのです。
じいっと絵本のページを眺め、飽きた~と目線が外れだしたら次のページをさっとめくる。するとちゃんとまたじいっと絵を見つめるからきっと見ている・・・と母は思う。
「お月さまこんばんは」や「いないいないばあ」「すき」、と赤ちゃん向きの絵本を見せているのですが、最近は「ねないこだれだ」も追加。
この「ねないこだれだ」、夜寝ない子はおばけにするぞ、とおばけが子どもを連れ去るシルエットで終わるお話で、アマゾンのレビューなどでは『怖い・トラウマになった』などという意見も。
確かに印象に残る絵本ではあるな~と思うのだけれど、かわいいと思うのです。人気もあるし。
この絵本がトラウマに・・・なる人もいるのだな。アキさんはどうだろう。

怖さで言えば、私は「悪い本」という絵本のほうが怖いと思うのです。
この絵本の怖さは子どもに伝わりにくい感じがするので、大人になってから「そういえば子どもの頃、こんな雰囲気の絵本を読んだ記憶がある」とふと思い出してほしい。
そしてその時、改めてこの絵本を読んでぞっとしてほしいなぁ。うひひ。
「悪い本」は時間差で恐怖を感じることができる絵本、なのです。

悪い本 (怪談えほん1)

宮部 みゆき / 岩崎書店


[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-13 14:40 | こども | Comments(3)

ビーシージー

f0171453_15153391.jpg

BCGの予防接種&4カ月児検診へ行って来たのでした。最高気温4度と暖かい日でよかった。
あの腕にクリリンみたいな跡ができる注射だよね・・・くらいの知識で出かけたのですが、なんか新鮮な体験だったのでした。いや、接種したのはアキさんなんだけれど。
検診には子どもの体調や心配事など記入するアンケート用紙があり、気になっていたアキさんの足の爪について聞いてみたのでした。
足の親指の爪が巻き爪になっていて喰い込んでいて、ぷくっと赤く腫れていて心配していたのです。
が、いざ診せてみようと靴下を脱がすと今日は腫れていない・・・
「・・・腫れてはいない・・・ですね。」と先生は苦笑い。結局心配性なお母さんね♪くらいで終わってしまったのでした。
何故?昨日までずっと腫れていたじゃないか。あの赤みは幻か?
腑に落ちない思いもあったのですが、アキさんの成長の度合いや体調などはすこぶる順調とのことで安心したのでした。やったー。
そして、先生からは「首が据わった」とのお墨付きを頂いたのでした。これもやったー。
そうそう、抱きやすくなったもの。
先生には「よく笑う赤ちゃんねー、可愛いねー」とも言われたのでしたよ。さらにやったー。

4か月くらいになると赤ちゃんも動きがあって、ベビーベッドの上でアキさんの服を脱がせていたら、いつの間にかお隣でやっぱり服を脱がせていた見ず知らずの赤ちゃんと手をつなぎ合っていたり、見つめ合ったり。
面白いなー赤ちゃん。
一方母はアキさんと二人きりで出かけるのはまだ慣れなくって、番号札をなくすわ、荷物が他の人の二倍くらいあるわでなんだかてんやわんやだったのでした。
他のお母さんたちはすごく身軽に見えるのだけれど、何が違うんだろう・・・。
今度は子育て教室があるから、ちょっと荷物を見なおしてみよう、それと余裕をもってみよう。
それと離乳食のパンフレットももらったのでした。
そうだなー始まるんだなー離乳食。もうちょっとあるけれど。
時の流れを感じるなぁ。

写真のカエルはアキさんの髪の毛用のくし。
本当は爪のブラシだけれど、ちょうどいいので櫛として使用中。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-07 15:40 | こども | Comments(2)

写真

f0171453_7553560.jpg

先日撮影したアキさん百日のお祝い写真を受け取ったのでした。
きれいな写真を撮っておきたいなぁとはずっと思っていて、いろいろ写真館など調べていたのですが、子どもの扱いに長けているのだろうなーと思い、結局スタジオアリスを尋ねてみたのでした。
家から一番近かったし、なんてったって「こども写真城」だもの。

撮影を依頼したのは①持ち込みのお着物姿、②金太郎さんの前掛け姿、③はだかんぼうの3ポーズ。
けれども、アキさんが途中で寝てしまったため、はだかんぼうは撮影できなかった・・・。
今しか撮れないよね、はだかんぼう。残念だったのだけれど、寝た子を起こすまではしたくなかった。
借りた衣装は金太郎さんの前掛けだけ。
店員さんには「衣装は何着でも着ていいんですよー」と何度となく言われたのだけれど、お着物の写真を熱望していたので、他の派手目なお着物や着ぐるみにも心が動かなかったのでした。
金太郎さんはおまけ~という思いで撮影。
持ち込みのお着物は弟が二十数年前に着ていたもので、スタジオで見た衣装に比べれば地味だったのだけれど、「君は小さいのにちゃんと自分のお着物持っているんだね。丈を調整すれば毎年着れるねー、いいねー。」とアキさんを着替えさせてくれた店員さんがいて、嬉しかったのでした。

More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-06 11:09 | こども | Comments(0)

おもちゃ

f0171453_9483242.jpg

たくさんの人にアキさんのためにおもちゃを頂いていたのでした。
写真以外にもまだまだあるのですが、今遊んでいるおもちゃはこのへん。
急にこの場を借りてお礼を。本当にどうもありがとうございます。

三か月ちょっと手前あたりからめきめき手を使うことを覚えたアキさんの、一番のお気に入りは画像左のピンクの持ち手のラトル。
このラトル見れば見るほど不思議で、持ち手下部はカエルの顔になっており、ビーズが入っている球の中にはくるくるまわる金の魚がいて、しかも実はボタンがついていて押すと「サー・・・」と電子音がするのです。
脈絡がないというか・・・電子音もケロケロではないし、色もショッキングなピンクだし、何故カエル?球の中の金の魚とも関係性を見いだせない・・・。
見るたびに何故?何故?と考えてしまうのですが、当のアキさんはしゃんしゃんビーズを鳴らし、時には振り回し、自分の顔を強打しているのです。
布製のおもちゃは遊ぶ、というより今は舐めるのがメイン。

意外だ~、と思ったのは真ん中のネフ社のドリオ。木製のラトル。
密かなお気に入りのようでじいっとカラフルな球を見たり、口に入れたりしているのです。
こういう木製のおもちゃって赤ちゃんが、というより与える大人が好むもので、実用品ではないと思っていたのでした。
もちろん赤ちゃんにもよるだろうけれど、ちゃんと赤ちゃんの好みを考えられているのね。失礼しました。
さて、このラトル、実はリサイクルショップで100円。
箱入りで使用した形跡がなく、あら素敵と何気なく買ったのですが、調べてみたら実は結構お値段のするものだったのでした。
値段を調べるあたり、我ながらせこいなーと思う。思うけれども!アキさんも気に入っているようだし、うひょー得したわー!とつましい幸せにひたる母なのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-02-02 10:17 | こども | Comments(0)