<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

子育てひろば

f0171453_14251890.jpg

ぶれぶれの写真からは大興奮のアキさんと、大慌ての私の姿が読み取れる。

出産の時に相部屋だった、Tさんのお誘いでNPOの子育てひろばへ出かけたのでした。
このひろばはTさん宅のそばにあり、アキさんと私はバスと地下鉄を乗り継ぎ出かけたのです。
アキさんは初地下鉄だったな。
待ち合わせ場所では8か月ぶりだったのだけれど、お互いすぐに分かることができたのでした。
正直言うと、入院当時のTさんは産後の体調不良だったり、初めての出産・子育てで不安に満ち満ちている雰囲気で、おしゃべりにも相当気遣ったのでした。
特に私なんてペロッと人の気に触るようなことを、何の考えもなしに口にしちゃうからなー。
思慮深げな雰囲気は当時の印象のままだったけれど、笑顔が明るくて、赤ちゃんも大きく成長していたので、ホッとしたのでした。

ひろばは古いアパートの部屋を改造したもので、間仕切りを全て取り外して広く使っていて、親子が大勢いて、お母さんはおしゃべりをし、子どもたちはおもちゃで遊び。
特に行事の無い日だったので、いつも通っている地区の児童館の子育てサロンのようで、アキさんも「いつものあれだろ?」風な様子で、すぐに溶け込めていたのでした。
Tさんはこのひろばを運営しているNPOの方々と打ち解けていて、子育てについてなどアドバイスを受けているようで、またまたホッとしたのでした。
ホッとすることしかできない私。
Tさんとはつれつれとお互いのその後だったり、誕生日が一日違いの子どもの育児話をして過ごしたのでした。
我が家からはちょっと遠いから、もしかしたらこの一回だけの訪問になるかも・・・なんて考えていたひろばだったのだけれど、雰囲気も良かったし、古いアパートの一室というのも心をとらえて離さなかったのでした。
古いもの好きの心が騒いだ。
円山の原生林のそば、というのも魅力に感じたのでした。森の中を散歩するイベントもあるらしい。うっひょー。
今度は森のお散歩に参加しましょう、と約束してTさんとは別れたのでした。
ひろばを教えてくれたTさんに感謝しよう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-28 14:28 | こども | Comments(0)

ツキ2

f0171453_12542686.jpg

運の波のようなものがあるのか、先日の雑誌の懸賞の当選に続き、今回は神戸ビーフが当選したのでした。やったー。ビッグウェーブダヨー!
こちらはキャットフードの懸賞。なんだかんだとこまめにハガキを出している私。てへへ。
お肉だいすき三番目の兄さんは大興奮・・・かと思いきや、案外平然ともぐもぐ食べ終わっちゃったのでした。
なんだーもっと大騒ぎしてほしかったな。(三番目の兄さんなりに厳かに食べた模様。)
そして私は本当のことを言うと、さしで入っている脂がちょっと苦手だった。でもすごく柔らかくて美味しかった。
お高い食べ物が口に合わないってとても残念な私。

お肉には「子牛登記」の用紙がついていて、私達が食べたお肉は『たけひめ』という名前の牛だったのでした。
たけひめのお父さん・お母さん牛だけでなく、さかのぼって曾祖父母の名前まで表記してあり、なんだかなまなましくてズキンとくるものがあったのでした。申し訳ない気持ち。
でも、いつも食べている食べ物にもこういう気持ちでいなくてはいけないんだよな・・・。
お肉じゃなくて命。大事に、美味しく食べないと。
美味しかったです。たけひめさん、我が家の分は家族して残さず食べたからね!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-26 12:58 | ダイアリ | Comments(0)

f0171453_13413239.jpg

子育てサロンでは女の子の赤ちゃんとも触れ合う機会もあり、その都度思うのが「手が違う」ということ。
正確に言うと指と爪、ということになるのかな?
女の子の指は赤ちゃんならではのころんとした丸みはもちろんあるけれど、その上ですらりと指が伸びているのです。
初めて女の子の手を見たときには思わず「手!手!」と興奮してしまって、その赤ちゃんのお母さんをびっくりさせてしまったよ・・・。反省。
アキさんの手は、ずんぐりな指と、幅広で短い爪。男の子だからというよりは、三番目の兄さんに似ている。とても。
例えるならグローブ。もしくはクリームパンとか。申し訳ないが不器用そう。
そんなアキさんの手しか見てこなかったから、女の子の手を見たときにはその白魚さにどれほど驚いたことか。
三番目の兄さんの手は働き者のとても良い手だと思うのだけれど、正直アキさんの手はもう少しスマートに成長してほしいなぁと思っているのです。
でも、似たような手に成長するんだろうな。

ちなみに、足の形は母である私に似ている。人差し指が一番長い足。
調べてみたら、こういう足はギリシャ型というのだそう。日本人に多い型だとか。
三番目の兄さんは親指が一番長い。こちらはエジプト型だって。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-22 13:43 | こども | Comments(0)

雨の日のお出かけ

f0171453_164129100.jpg

日曜日は雨。車で近々出産予定のある友人に会いに出かけたのでした。
ほの暗い車内と振動でアキさんは車に乗ってすぐにうとうと。気持ち良さそうでうらやましい。

友人とは私の出産のときにお見舞いに来てもらって以来だから、8か月ぶり。
今週帝王切開の予定とのことで、お腹も大きかったのでした。
お腹の子は第二子で、上の子は1歳半。
「もうすぐお兄ちゃんになるんだねー。」と話しかけたら、特にクスリともせずにずっとパンの袋の口を留めるプラスチックの・・・あれはなんという名前なのか、クリップを指で触っていたのでした。
前に会ったときは誰にでもにこっと笑っていたけれど、状況が理解できるようになったんだ。緊張するよね、見慣れない人がそばにいると。
友人と上の子を抱っこした旦那さんに見送ってもらいながら帰ったのだけれど、その様子がいい意味で初々しさがなくて良かったのでした。安定感があるというのか。
我が家もそう見えていると嬉しいな、と思う。どうだろう?

その友人への出産祝いは、もう購入済み。
おくるみにも使えるガーゼ布。×2枚。
夏生まれの子だから、ブランケット代わりにしても涼しくて良いだろうなと思うのです。
二人目は女の子ということで、蝶々と赤い模様のものを選んだのでした。
「このガーゼのおくるみは、お洗濯すると手触りがとてもよくなるんです。」と、店員さんが洗ったものを触らせてくれたのでした。
手触りふわふわで涼しげだしとても良かった。
このガーゼのおくるみ、実はとても羨ましいのです。というのも今まさに同じようなものをアキさんに探していたから。
買ったお店では男の子向きの柄のものは売り切れてしまっていて。
かわいい柄のガーゼ、生地屋さんに行って探してみようかな・・・なんて考えているけれど、そのまま夏を越してしまいそうなそんな予感もしないでもない。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-18 16:44 | ダイアリ | Comments(0)

いちごの香り

f0171453_1036211.jpg

今年はベランダでイチゴ栽培に挑戦。
昔から苺は畑のすみっこで、特に手をかけられなくても毎年勝手に、でもきちんと実をつけているイメージがあったので、子育て中の今に合っていると思ったのでした。
思惑通り、良い実がなっとるのぅと、にやにや苺を愛でる毎日。
洗濯ものを干すついでに顔をぐっと近づけ「早ぁやく熟せ、早ぁやく食わせ♪」と昔話のように実に話しかけていたのですが、ふと気がついたのでした。
この苺、「いちごの香り」がする!
香りつきの消しゴムとか、匂い玉とか(今もある?)折り紙とかのいちごの香り、あの甘い香り。いちごというよりイチゴミルク。
苺からイチゴミルクの香りがするって不思議・・・。
苺の匂いって今まで感じたことがなかった。なのに「いちごの香り」とあるものは、それはそれで「いちごね」と納得していた。
なんかそれも不思議。

三番目の兄さんにもこの発見を教えて、ベランダで実際に苺の匂いをかいでもらったらやっぱりびっくりしていたのでした。
品種にもよるのだろうか、香りって。
この苺の苗、なんという品種だった?と買ったときについていたラベルを探してみたのだけれど、捨ててしまったみたい。悔やまれるー。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-16 10:38 | ベランダにて | Comments(0)

たまたまサロン

f0171453_14141573.jpg

朝のお散歩では猫をよく見かける。

お散歩のついでに銀行へ寄って、さあ、帰ろっかとベビーカーを押していると、前方に同じようなベビーカーのお母さんを数人目にしたのでした。
おやおや?と後をつけてみると、行ったことのない子育てサロン会場に辿り着いたのでした。せっかくなので、軽い気持ちで寄ってみることに。
初めての場所でドキドキしたのですが、久しぶりにMちゃん親子に会えたのでした。区民センターでの子育て教室以来だから三ヶ月ぶり。
連絡先とかお互い知らない。なんでだろ、簡単にメアド教えて~とか言えない私・・・。
そしてさらに今週初めに公園で声をかけた親子にも再会したのでした。
こちらは連絡先どころか名前すら知らない・・・声をかける勇気はあるのになぁ・・・。
たまたまの子育てサロンとはいえ、お母さんたちとたくさんお話もできたし、同じ月齢の子もいた。
そして来週、別の子育てサロンでも会おうと約束して、またねと別れた。
アキさんもはしゃぎすぎて、帰りのベビーカーではぐっすり眠ってしまった。
思ったよりも収穫が多くて嬉しくなったのでした。
ちょっとずつ赤ちゃんを介しての顔見知りが増えてきたなー。


ちょっと「おっ」と思ったのは、アキさんにつけていた名札が人を呼んだこと。
これまたたまたまかばんに入れっぱなしだったアキさんの名札。
児童館で必要ですと言われ、名前と生年月日、ウサギなどを刺繍した手作りのものなのですが、これに興味を持ってくれたお母さんがたくさんいたのでした。
子どもの名前だったり、誕生日だったり、刺繍が話すきっかけに。
もちろん話した人すべてと親しくなれるわけではないけれど、自然なきっかけ。
ママ友が欲しいけれど、どうすれば?という方にはちょっとだけ凝った手作り名札をおススメするのです。
(子育てサロンでは手作り名札自体は珍しくないので、『ちょっとだけ凝った』ものを。)
初対面の方に急に話しかけるって難しいことだもの。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-15 14:19 | こども | Comments(0)

麦わら帽子

f0171453_13252037.jpg

先日、リサイクルショップでビリボを買った、という話をかいたのですが、本来リサイクルショップへ行ったのはアキさんの麦わら帽子を探してだったのでした。
ピッタリサイズで作りがきちんとしていて、けれども、ピッタリサイズということは今夏限りでサイズアウトするだろうから、できるだけお手頃価格なもの。

初めは麦わら帽子の相場が分からなくって、新品を探したのですが、5000円とかしちゃうのかーとすぐに諦め。
それ以下のお値段で見つけても、作りが雑だったり、変に凝ったデザインだったり、キャラクターものだったりと気にいらず。
リサイクルショップにあったらラッキー、出会いが無かったらもう諦めようと思っていたのでした。
写真の麦わら帽子はここで最後、と思い入った子ども用品のリサイクルショップで見つけたのでした。
本当は女の子向けのもの。
桃色のチェック柄のリボンだし、くまの刺繍で躊躇したけれど、お値段と品質(くまが証よね)、それとジャストサイズ(44cm)だというのが決め手で購入したのでした。
リボンは紺色リボンに付け替え、くまは・・・似合うのは今だけ、と割り切ることにしたのでした。
苦労して見つけたジャストサイズの麦わら帽子だもの。もう少し暑くなったら夏らしい服と、この麦わら帽子でお出かけしよう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-14 13:27 | こども | Comments(0)

青いコアラ ペネロペ

f0171453_10212446.jpg

ご近所の地域の図書室(図書館の分室なので図書室)は、本が少ないのです。
数年前まではもともと部屋が小さいうえに本棚がスカッスカだったから、今はまだマシになったのですが、それでも本はやっぱり少ない。
読みたい本は市内の別の図書館から取り寄せてもらうけれど、普段は数少ない本からめぼしいものを探すのです。

最近見つけたのはタカモリトモコさんのあみぐるみの本。『ペネロペのあみぐるみ』。
タカモリトモコさんの本は好き。家の本棚を見てみたら、タカモリトモコさんのあみぐるみの本、我が家には2冊あった。
編み図の記号がオリジナルなのだけれど、そこが分かりやすい。
既存のキャラクターを編むなんて珍しいなぁと思ったのですが、手がけた理由はあとがきにちゃんと書いてあったのでした。
ペネロペ、Eテレで見て可愛らしいなぁと思っていたので、さっそく作ってみることに。
2時間くらいでできたのでした。
ただ、手持ちの毛糸の質感のせいか目が飛び出た風になったのが残念。いや、顔のパーツの取り付け位置が悪いのか・・・?

ペネロペのあみぐるみ

タカモリ トモコ / 岩崎書店


[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-13 10:22 | ミユキ製 | Comments(0)

8か月の記録

f0171453_12395784.jpg

アキさんが通るといろいろなものが振り落とされていく。
さて8か月なのです。

・体重7200g、身長は69.0cm。
 身長は生まれたときから19cm伸びた。毎日抱いているから気付きにくいけれど、およそ20cmはすごい変化。体重は相変わらず微増。
・つかまり立ちでにやり。
 実ははいはいより先につかまり立ちを披露してくれたアキさん。今はつかまり立ちをしては笑顔のままで大転倒(!)→大泣きがパターン。本当に困る。はいはいのスピードも日に日に増してきている。「おいでー」と呼ぶと満面の笑みで高速はいはいしてくる姿がまぶしすぎて涙が出そう。
・下の歯に続き上の歯も3本同時に生えてきた。
 なぜか3本。生え方や順番は個人差があると聞いたけれど、3本って不思議だなーと見るたびに思う。ちなみにアキさんは歯医者さんデビュー済み。フッ素塗布をしてもらった。処置中は泣かなかったよ(すぐ終わるものね)よくやった!
・子育てサロンでは他のお母さんに愛想を振りまくようになった。
 部屋の狭さにうんざりのアキさんは子育てサロンの広い空間がとても楽しいらしく、キャーキャー叫びながらはいはいで冒険に出るようになった。他のお母さんまで到達すると背中をトントンしてニコッと笑うらしい。一体いつの間にそんな技を・・・。
・離乳食はもりもり
 なんでも食べるアキさん。ただ今まではバンボに座らせて食べさせていたけれど、おとなしく座ってくれなくなってしまったので、今は母の膝の上で食べている。納豆がほんのちょっとニガテ・・・なのかな。
・誤飲の衝撃
 汚い話なのだけれど、オムツを交換していたら排泄物の中から小さいボタンが出てきた・・・。誤飲してしまいそうなものは片づけているつもりだけれど、本当どこから見つけてくるのだろう。気をつけているつもりなのだけれど、まだまだなんだなぁと反省。


母としても私の変化は、最近やっと産後の抜け毛期を脱出した模様。
あの尋常ではない抜け毛の塊を洗面所などで見ることがなくなった。ほっとする。
今のところ子育てでストレスを感じることはあまり無いのです。
鳴きやまなくてイラーくらいはあるけれど、なるべくストレスを溜めないように『楽できるところは楽をする』に徹してきたことが功を奏しているのかも。
気持ち新たにこの調子でこれからも行こう、と思っているのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-12 12:41 | こども | Comments(0)

ビリボ

f0171453_13295820.jpg

リサイクルショップでなにやら楽しげなものを見つけたのでした。リサイクルショップ価格では1000円くらい。
写真の緑色のものがそれ。その名はビリボ。底は丸くなっているのです。
調べてみたらアマゾンでも売っているみたい。
いすとして使えたり、バランスをとってくるくる回ってみたり、砂場や雪が降ったときなどはバケツのように使用したり、ひっくり返して乗ってみたり、水に浮かべちゃったり・・・と遊び方は自由なのだそう。
へぇ、アキさんこれに乗ったら楽しいんじゃない?と、喜ぶアキさんを想像し、クククと笑いをこらえながら買ったのだけれど、残念ながらアキさんには不評。
ビリボに乗せると同時に目から光が消え、さささーとはいはいで逃げちゃう。
・・・まだ小さいから。体を使って遊ぶにはまだ小さいからだよ~と自分に言い聞かせ、将来に希望を残して今はおもちゃ入れとして使用中なのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-06-11 13:34 | こども | Comments(0)