<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

育児日記帳

f0171453_12374888.jpg

アキさんが生まれて、病院を退院したその日からつけ出した育児日記帳。
ぼろぼろなのはアキさんが噛むから。何故噛むのかはわからない。

生まれる前に買っておいて、毎日毎日睡眠、おっぱい、排泄、離乳食の内容、その日の様子など記録していたのでした。
一年で完結するノートで、今週土曜日を書き終えたらおしまいになるのです。
もう一冊同じものを買って、二年目に突入してみようかな~とも思っていたのだけれど、終わるきっかけがなくなりそうなのと、一冊の方がとっておきやすいかもな~とも考え、終えることに。
改めて見返してみると新生児の頃は余裕がなかったのか、その日の様子などはあまり書かれておらず、おっぱいや排せつの記号のみ。
おそらく育児としては楽な方だったのだと思うのだけれど、それなりに必死に過ごしていたみたい、私。
生後2カ月あたりから急激に文字が増えているから、その頃から気持ちに余裕が出来たんだろうな。
11月23日 『アキさんにたりと笑う』
2月9日 『初寝返り』
2月13日 『ベッドから転落』←黒歴史
2月24日 『自分の足を発見した様子』
3月29日 『歯が生えてきた』   ・・・・などなど
見返すと面白いのです。いいものが出来た。
将来アキさんが大きくなったら見せてあげよう。どう思うかな。まず「母さんは字が汚い」ということは確実に思うだろうな。


そうそう、実は今月発売された雑誌「たまごクラブ」に私とアキさんの写真が載っていたのでした。イェイ!
載せてくれるものなのだなー。
出産直後の写真なので、すっぴんだぜ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-31 12:39 | こども | Comments(0)

怖くなーい

f0171453_1229342.jpg

歩き始めたものの、外で靴を履いて歩くのはなかなか前に進まなかったアキさん。
靴に違和感があるのかなー、まぁいつか慣れるでしょと機会を探しては靴をはかせ続けていたら、最近やっと外で一人歩きできるようになったのでした。
ポンと地面にアキさんを置いて、少し離れたところで様子をみる私。
置いていかないでー!と言わんばかりに泣いて追いかけてくるアキさん。
うふふ、しょうがないなぁと困りつつも嬉しい私。
なーんて甘い光景を想像していたのですが、アキさんは親の姿が見えなくてもちっとも怖くないらしく、勝手にどんどん一人で歩いて行ってしまうのです。
君は一人でも怖くないのか。怖いもの知らずの君に私の方が怖いわ!
母の気持ちはつゆ知らず、一人でとことこ歩いてはちょっと立ち止まり初めて見るものに驚ている様子。排水溝にも。
立ち止まって何かをじいっと見つめているときのアキさんの頭の上には、クエスチョンマークが浮かんで見える。
へー、排水溝が目新しいのか・・・そうやってひとつひとつ覚えていくんだろうね。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-27 12:29 | こども | Comments(0)

ちょっと集合

f0171453_12142252.jpg

壜をまとめてもらう機会があったのでした。
写真はその壜を洗って、ベランダで干しているところ。
好みを言えば小さい壜が好きなんだけど(置き場的にも)・・・ずいぶん大きいものがやってきた。
いえいえ大きくても嬉しいのです!
大きな壜が3つと、古いビーカー中と小。それと陶器の入れ物などなど。
ビーカー(特に小さい方)はちょっとでもぶつけるとかけてしまいそうなくらい薄ーくて、使い勝手が悪そう。笑。
比べてみると学生時代に授業で使用していたビーカーは頑丈だったなぁ。
なんとなく薄緑色に見えたので、もしやウランガラスでも含まれているのでは?!とブラックライトを当ててみたところ、反応ナシ。
・・・ビーカーにウランガラスを使う理由は確かに無い。そりゃそうだ。
何に使われていたのかわからない大きな壜も、ゆがゆがで、あわあわで、古いもの感満載。きれいなものだ。
どれも見ているうちに愛着がすでに湧いてきているのです。
壊されたらつらいから、アキさんの手の届かないところに置いておこう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-27 12:16 | | Comments(0)

コンビ君

f0171453_12323888.jpg

コンビミニというメーカーから、カタログや割引のハガキ、秘密のセールのお知らせとかずいぶん送られてくるなぁ・・・とずっと思っていたのでした。
赤ちゃんグッズを販売しているメーカーさん。
けれども、アキさんが生まれた当時買い物をして以来、利用はせず。
注文ハガキを書くのが面倒だったし、インターネット上でもログインできなかったから。
ログインするためのパスワードが間違っているのかも、と確認しようにも今度は確認に必要なお名前が存在しない、と。
えー?登録してあるからカタログとかハガキが送られてくるんじゃないのかい?
不思議。とはずっと思ってはいたものの、切羽詰まったお買い物は無かったので、まぁいいやとほったらかし。
最近ふと思い立ってコンビミニに電話で問い合わせたところ、パスワードも勘違いしていたし、名前は名字しか登録していなかったのでした。
フルネームで問い合わせていたから存在しなかったのね・・・。

More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-15 12:33 | ダイアリ | Comments(0)

鮭の遡上

f0171453_920124.jpg

近所の川で今年も鮭が遡上をしていると噂を聞いたので、お散歩がてら見学に行ってみたのでした。
鮭ウォッチングの初心者なので、とりあえず目についた橋の上から川を見たところ、すぐに見つけることが出来た。
あんまりすぐ見つけることが出来たので「あ、いるわ・・・」と独り言。

二匹ペアでスイ・・スイ・・と泳ぎ、ときどき体を横にして、産卵?しているような雰囲気。
かと思えば「待て~」と聞こえてきそうな楽しげにふんわり追いかけっこをしてみたり。
思ったより穏やかなものなのだな・・・と眺めていると、通りかかったおばあちゃんがもう少し上流ではもっと鮭がたくさん、しかも激しく泳いでいると教えてくれたのでした。
「あんた、こんなもんで満足してんじゃないよ!」と言われた。
初心者ならではのミス。鮭の遡上はやはりもっと激しいものらしいのでした。
プロ(?)のおばあちゃんに教えられた場所へ移動してみると、本当!荒々しく鮭たちが水しぶきを上げて泳いでいたのでした。しかもたくさん!ギャラリーも大勢!

More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-13 09:20 | ダイアリ | Comments(0)

1歳の誕生日

f0171453_916669.jpg

アキさんの1歳の誕生日は雨の日。雷も鳴った。
私はというと前日の夜から一年前はどうしていたかを、何かにつけて思い出したりして過ごしていたのでした。
アキさんが生まれたのは午前2時58分。
起きているのは無理(0時台のテレビ番組「孤独のグルメ シーズン2」も見るのを諦めた)、と眠りに就いたのですが、深夜にふと目を覚ますと午前3時すぎ。
お、生まれたね。今頃はカンガルーケアでお腹の上にいた時間かい?
ベッドサイドの灯りをちょっと点けて様子を見てみたら、アキさんはうつ伏せで、お尻を突き上げて眠りこけていたのでした。
何だこれ。

午後から空の様子を見て病院へ、予防接種と1歳児検診を受けたのでした。
MRの注射は見ていて痛そうだった・・・。誕生日なのにすまんねぇ。
打つ前に先生から「この注射はちょっと痛いよ」と言われていたので覚悟はしていたけれど、本当に痛そうで見ているだけのこちらがぎゃーと声を上げそうだった。
でも、当のアキさんは少し泣いただけでけろり。それどころか看護師さんに抱っこをせがんだり、待合室では順番待ちの方々に笑顔を振りまき・・・と機嫌良く過ごしたのでした。
夜には三番目の兄さんは仕事からほんの少し早く帰ってきて、アキさんは音楽がなるおもちゃをプレゼントしてもらったのでした。
晩ご飯とともに手作りの、アキさんも食べられるケーキをみんなで祝って食べたのでした。
いつもと違う晩ご飯の様子にアキさんは興奮したのか、いつも以上の食欲で、お腹のシルエットがナスビみたいになってしまった。
これは親としてちょっと反省。欲しがるままに与えちゃった。
その後はいつも通りの手順でお風呂に入って、ベッドの上でコロコロ転がっているうちにアキさんは入眠。
またうつ伏せでお尻を突き上げて。
そのポーズは楽なのか?
言葉を話すようになったら聞いてみよう。本人が覚えているかはわからないけれど。

アキさん誕生日おめでとう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-12 10:12 | こども | Comments(0)

クリとマメ

f0171453_10512785.jpg

なんか小型犬の名前みたいなタイトルだ。

三番目の兄さんの実家でアキさんがお餅を背負った日、庭でクリ拾いをしたのでした。
今年は暑い日が多かったせいか、栗は大豊作。
森の熊にも分けてやれればいいのにな。
栗はずいぶんとたくさん落ちていて、誰も拾っていない雰囲気。
三番目の兄さんの実家に住まう誰かが気づいて拾ってもよさそうなのにーと不思議に思って後々話を聞いたら、一週間ほど前はまだ落ちていなかったのだそう。
タイミングが良かったのね。
ジップロックの大きな袋ひとつ分、我が家に頂いたのでした。
何週間か冷暗所で寝かせると甘みが増すのだ、と聞いたので、今は冷蔵庫の中。
虫とか出てきていそうだな・・・。

そして、畑ではまだ豆の花が咲いていたのでした。
そうそう、北海道に来て、ずいぶんと豆の種類があることに驚いたことがあった。
スーパーでもいろんな種類の豆が置いてある。
鞘をむいてみたら、わ!ピンク色の豆が出てきた。ピカピカしていて作りももののようにも見える。
リアル作りで人気のガチャポンのおもちゃに混ぜても本物とはわからないと思う。
「これは何豆?」と三番目の兄さんに聞いてみたら、「トラ豆」と返ってきたけれど、改めてお義母さんに聞いたら「花豆」が正解だった。
こんなに豆があるのに、私は豆を使った料理を一つも知らないなぁ。

豆のデザイン
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-09 10:54 | ダイアリ | Comments(0)

一升餅

f0171453_10102790.jpg

アキさんは今週が誕生日。
ちょっと早いけれど、三番目の兄さんのご両親が一升餅を作ってお祝いをしてくれたのでした。
今は睡眠時間が取れないくらい農家が忙しい時期だから、アキさんにおもちを背負わせ、わー良くやったとみんなで言い合っておしまいだろう・・・という三番目の兄さんの話を鵜呑みにして出向いたところ、お餅はもちろん、たくさんのごちそうとケーキまで用意してくれていたのでした。(プレゼントは事前に頂いていた)
ぎゃー!こちとら何にも用意してねぇずらー!
そんな叫びは心の中に納め、目の前のごちそうをパクパク口に運んだのでした。
気の利かない嫁で申し訳ないっす。

お餅はひとつは背負い、もう一つは抱える用と二つに分けて作られていて、合わせて一升とのこと。
一升のお餅は約2kgらしい。
私の育ったところはこういう行事、無かった。と思う。ひょっとしたら我が家がこういう行事に無頓着だっただけかもしれないけれど。
初めてなので私もドキドキ。
リュックにお餅を入れ、アキさんに背負わせてみたら、一瞬よろけたけれど重さを気にせずに立ち上がり、スタスタと歩いたのでした。
そして自らもう一つのお餅を抱えて持ちあげ、ちょっと運んで見守るみんなに背を向けて座って・・・何かごそごそしているな、と思ったら袋の上からお餅に喰らいついていた!
なんだかいろいろな意味で大物になりそうだな。

そして、私の実母からもアキさんの誕生日プレゼントが届いた。10月6日の日にち指定で。
電話でプレゼントのお礼を言うと、「誕生日に届くように手配した」と言っていたけれど、アキさんの誕生日は6日ではない。11日だよ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-09 10:17 | こども | Comments(0)

三番目の兄さんのスウベニヤ 2/3 古い壜

f0171453_10181521.jpg

三番目の兄さんは、仕事で古い個人宅へお邪魔しているのです。(もう終えたみたいだけれど)
外観は古いおうち・・・には見えないけれど、増築を繰り返し複雑な作りになっていて、今回三番目の兄さんが足を踏み入れた物置的な部屋は、子どもの頃からこの家で暮らしている家主のおばあちゃん(三番目の兄さん曰く70代くらい)は、入ったことがないし、何に使っていたのかわからない部屋だったのだそう。
自分の家で入ったことのない部屋があるって!
広いの?それともおばあちゃんがお嬢様なの?
そんな話を聞いていたので、「何か面白いものが出てきたらよろしくね!」と伝えておいたのですが、持ち帰ってきたのがこの壜だったのでした。
あ、もちろん家主の方には三番目の兄さんが頂く許可をもらっている。

大きな方は農薬的なものが入っていたみたい。家主も知らないその部屋に未開封のものもたくさんあったらしい。
ゆがゆがであわあわな「中身がこぼれなきゃいいじゃない」的な主張が読み取れそうな作りに時代を感じる。
そして小壜は、壜に「PAON」とエンボス加工してあるところを見ると、あの毛染めのパオンかな?比較的新しそう・・・。
こちらは庭で拾ったのだそう。
調べてみたら、粉末染毛剤パオンはまだ今も販売されているみたい。
HPを見てみたら、むむ、この壜の形、おそらく間違いなさそう。
・・・ゴミ持って来たな。
ただ、古いものじゃないけれど、このPAONの小壜、意外と気にいっているのです。
パオンの毛染め、しかも粉の、なんてこういう機会がないと私には手に入れづらいものかも。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-06 10:21 | 今日のスウベニヤ | Comments(0)

三番目の兄さんのスウベニヤ 1/3 コルチカム

f0171453_14555795.jpg

三番目の兄さんのおみやげ。
「車の中で花咲いちゃった・・・」と途方に暮れた様子で持ってきたのでした。
コルチカム。
とりあえず鉢に入れ、土をかけてみたのでした。やっつけ感満載だけれど;
でも、調べてみたら球根のままでも咲き続けることができる強い植物みたい。
もちろん、花が咲いた後は土に植えないといけないけれど。
この球根、どうしたの?と尋ねてみたら、今仕事で関わっている場所を掘っていたら球根が出てきたのだそう。
土地の持ち主は捨てていいって言うけど、捨てるのは可哀想だから、とりあえず車の道具入れに球根を放り込んでおいたら花が咲いていた・・・ということらしい。
私のだんなさんは優しい人だな~。
でもコルチカムって毒があるんだよな~。
万が一を考えると、猫と赤ちゃんのいるおうちのベランダには不向きだよね・・・。
マンションの一階に住んでいる人が空いている場所に専用庭を作っているから(たぶん勝手に)、その庭に植えてもらえるように話してみようかな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-10-04 14:58 | 今日のスウベニヤ | Comments(0)