<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

よいお年を

f0171453_9422789.jpg

おもちつきのときの写真。
左に猫がいるのがわかりますかね?よもぎ猫なのでヨモさんといいます。この後「台の上に乗るでない!!」と怒られたのでした。
そして、右に写っているのは餅つき機。今年はアキさんがいるので、主力である私と三番目の兄さん(家族の中では一番若いから)は餅つきに専念できないであろうと、マシンの力を借りたのでした。
来年はまた臼と杵に戻る予定ではいる。

明日で今年も終わりですね。
三番目の兄さんもお正月休みに入り、今は猫ズの予防接種のために動物病院へ行っているのでした。
この年末に動物病院へ行くことも毎年恒例。
アキさんはいつもと変わりない様子で部屋中を走り回り、眉間をしこたま家具に打ちつけてしまい、かさぶたが大仏様の白毫のようになっているのです。
ありがたいっちゃありがたい様相。だけど、これ、明日三番目の兄さんの実家へ行ったときに義母さんに怒られるのだろうなぁ・・・私が。


さて、今年もありがたいことに無事年を越せそうです。
皆様もよいお年をお迎えくださいね。

せば、今年は。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-30 09:55 | ダイアリ | Comments(0)

振り返る

f0171453_202447.jpg

写真は窓の霜の花をうまく撮ったつもりだったのだけれど、きれいに撮れていなかったな・・・。
札幌は大荒れの一日だったのでした。怖い吹雪だった。
けれども、午後、いっとき風も雪も止んだときにちょっとだけ、あーあと残念に思ってしまった私。

今年は、いや今年も本当に過ぎるのが早くって、今も尚年末という実感がわいていないのです。
お餅も作ったのにな。
今年一年何をしたかと振り返ると、何にもしてねぇ・・・と愕然としてしまうのでした。
アキさんを追いかけまわして一年が終りを迎えた感じ。
何にもしていなかったけれど、一人の赤ちゃんの成長を見ていられた。
今年の初めの頃はどうだったっけ?とアルバムを見てみたら、アキさんが今とは全く様相が違っていてびっくりしたのでした。
ほわほわでやわやわで取り扱い要注意の、ふんわり口元だけ笑っているアキさんが三番目の兄さんに抱かれて写っていた。
写真の中でアキさんが着ているベビー服も、既にお下がりとして別の赤ちゃんのもとへ行っていて、手元にはない。
懐かしいなーという想いと、何だろう、とっても不思議な気持ちももう一つ。表現できない。
今のアキさんはその頃とは違って、元気で頑丈で、ばたばたと部屋中を走り回って転んで怪我をしたり。
正直腹が立つこともしばしばだけれど、今もまたいつか振り返ったときに、懐かしむのだろうなあとか思う。
残り少ない今年を大事に過ごして、また来年もアキさんを見守ろう。
おそらく幸せな一年でした。大みそかまで幸せのまま過ごせるように気合いを入れよう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-26 20:27 | ダイアリ | Comments(0)

本二冊

f0171453_1057642.jpg

この年末に本が届いたのでした。

一冊は『ちらり見つけたうらっぽろ』。
この本は制作や編集などを体験して本と親しみましょうという札幌市の事業に基づいて、中高生が作った本。
そんな本がなぜ私に届いたのか。それは私の写真が掲載されているから。
うふふ、写真を選んでくれた中高生たちどうもありがとう。
中高生らが記者となり、投稿された札幌の写真をもとに取材や、編集、制作をした札幌の街案内の本で、ジュンク堂書店札幌店、紀伊国屋書店札幌本店、三省堂書店札幌店で販売されるそうです。
気になったらぜひ。

そして、もう一冊は『コアラとステキなクリスマスパレード』。
24日に届いたロッテの懸賞品。
スーパーでロッテ商品を買って、レシートを応募するもので、主人公の名前はアキさんと同名。
登場するお友達も、アキさんのお友達の名前。そして、父と母からのメッセージも入っている。
アキさんだけの、この世に一冊だけの絵本なのです。
実はこの絵本、10年以上前にも姪っ子のために応募して、その時も当選したのでした。(絵本の内容は違った)
姪には当ててあげられたのに、実の息子には当ててあげられないなんてそんなこと許されない!と、気合いをこめて応募したのでした。
当選したいがために、見やすいよう濃いペンを使い丁寧に文字を書き、添付するレシートは透明のビニル袋に入れ、商品名とスーパー名が分かりやすいよう、色ペンでマークをつけ、ハガキには迷惑にならないように、ちょっとしたメッセージも書き込んで。
応募用紙には「当選した場合にはクリスマスに間に合うようにお届けします」と書いてあったので、23日あたりには、はずれたか~とがっかりしていた。
顔には出さなかったけれど、眠るときにふうっとため息ついちゃったりしてた。
だので24日に届いたときには、コサックダンスをしちゃうくらい喜んだのでした。
気合いって通じるものなのかもな~。
年末に嬉しいことが続いた。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-25 11:13 | ダイアリ | Comments(0)

おもちつき

f0171453_9431886.jpg

今年はクリスマスイブにお餅つきをしたのでした。早い!

毎年、三番目の兄さんの実家でお餅つきをするのは28日と決まっていたので、「24日にするよ」と連絡をもらったときには本当に驚いたのでした。
今年、ついに車を運転することをリタイヤしたお義父さん。
毎年お餅はついたその日に親戚に配っていたのですが、今年はお餅を冷凍して宅配便を使ってお餅を送ることにしたのだそう。
ああ、確かに28日にお餅をついて、発送の準備をして・・・じゃあお正月には間に合わないかもしれない。
すごく月日が流れたことを感じたのでした。みんな歳をとったなー。私もだ。

今年のお餅は、豆餅(白餡・小豆餡、切り餅)・白い餅(白餡・小豆餡、切り餅)、それと御鏡餅。
御鏡餅はエビスさまに供えるものだけ黒豆を練り込んで。
親戚や友人にも配るものだからそれはそれはたくさんお餅をついたのでした。(使うもち米は3斗くらい?)
伸して切るのも一苦労。ふひー。
クリスマスイブに餅をつくことになるなんて・・・でもなんとか夕方には作り終えたのでした。
お正月を迎えることができるな。

それにしても、本当に寒い日だった。
三番目の兄さんの実家の庭ではダイヤモンドダストがキラキラしていた。
お餅を作っている間BGMとして流れていたラジオでは「サンタクロースのそりに冬将軍が一緒に乗ってやってくる」と言っていたのでした。
冬将軍と言えば、私は和風の将軍様を思い浮かべてしまうので、想像するとちょっとおかしかったのでした。

おまけ ネギ収穫後のハウスの中でミニトマト収穫車に乗せらるアキさん
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-25 10:37 | ダイアリ | Comments(0)

クリスマスプレゼント

f0171453_9123216.jpg

今年もアキさんにちゃんとサンタさんはプレゼントをくれたのでした。
サンタさん、寒いのにスミマセン。

プレゼントは、エトボイラの・・・カラフル百玉そろばんと、コールマンのミニリュック。
ミニリュックは実はクリスマスプレゼントと言いながら、数日前からアキさんに背負わせていたのでした。
小さいのに結構本格的な仕様で、可愛くてクリスマスまで待てなかった。
胸のところにもパチンととめられるベルトがついているので、いつの間にかずり落ちているなんて心配がないのも、気にいっているのです。
そろばんの方は、まだアキさんには早いけれど、いつか、数を覚えるときなどに役立つのではないか。
そして、親に似ず算数好きになって欲しい。そこまででなくても、せめて算数嫌いにはならないでほしいなぁという願いがこもっているのです。
このそろばん、もうゴムを取ることができなくなった老いたゴムの木が原料になっているそうで、環境にも配慮しているとのこと。
そうか・・・ゴムの木は散々ゴムを採取されるともうゴムを作れなくなっちゃうのか。ちょっとズキンときてしまった。

アキさんは実は他にも、おじいちゃん・おばあちゃんや、一番上のお義兄さん夫婦、そして二番目のお義兄さん夫婦からもクリスマスプレゼントを頂戴したのでした。
まだ訳も分からず、次々に目の前に現れる新しいおもちゃたちを楽しんだアキさん。
相当なおもちゃ持ち。
なんて幸せな子なんだ、君は。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-25 09:32 | こども | Comments(3)

ラ・フランス

f0171453_14313528.jpg


ラフランスと聞くと中学校時代の先生を思い出すのです。
いや、特別なことがあったわけではなく、その先生が卒業文集に「ラ・フランス」というタイトルで文章をよせていたなぁというだけ。
卒業文集にラフランスって、どういう内容だったろう。
ただ、その先生にラフランスって言葉が妙にしっくりきていて、友人と爆笑した(失礼;)記憶だけあるのです。

いくちゃんより、ラフランスのギフトを頂戴したのでした。
食べ頃を待って、夕食後にいただいたらとろりとしていてとっても美味しかった。
ラフランスの食感って独特だ。
アキさんももっと頂戴!と口を開けて待っていた。うひーかわいい。

いくちゃんどうもありがとう。年末に会えなくて残念でした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-23 14:16 | ダイアリ | Comments(2)

今年のクリスマス

f0171453_12484342.jpg

子育てサロンはクリスマスムード。
アキさんは今週、サロンにて3度もサンタさんに出会っているのでした。
ツリーもサロンで楽しんでください。なぜなら・・・我が家は今年はツリーは出さないから。
ツリーを出したらきっと飾りをはずすアキさん→つけ直す私→はずすアキさん→つけ直す私・・・の永遠に終わらない悪循環が始まるだろうなと思ったので。
余計なイライラはしたくないな~とあっさりツリーを出すことを諦めたのでした。

ところで、子育てサロンのサンタさんは手作りのおもちゃをくれたのでした。
紙パックなどを駆使して作られたアンパンマンが飛び出すおもちゃや、折り紙のクリスマスツリーやサンタさん、そしてまつぼっくりの飾りなど。
とっても手が込んでいるし、ひとつひとつ丁寧に作られているのがわかるのです。
作る数も少なくはないだろうに。
かたや自分がいらつきたくないとツリーを出さない私。なんて心の狭い・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-21 12:59 | こども | Comments(0)

木のそり

f0171453_13384477.jpg

雪道用に木のそりを買ったのです。アキさんを抱っこして歩くには雪道は危険。特に私には!

特別木製にこだわったわけではないのですが、押すタイプのそりは木製になるようでして。
プラスチックのそりは軽くて持ち運びにいいけれど、後ろ手に曳くから、不注意な私じゃきっとあきさんがそりから転がり落ちていても気がつかない。
以前見かけたことがある、そりから子どもが転げ落ちる場面が頭をよぎる。
調べてみたところ、札幌の企業が作った押すタイプの木製のそりで、持ち手が折りたためるという素敵なものがあると知り、ホームセンターを探してみたのですが、みつからず。
最後の手段とリサイクルショップをのぞいてみたところ、まさに探していたそりが売られていたのでした。
が、実物はとっても大きくて、そして木製なので重たい・・・。
押して歩くのには問題ないのだけれど、ロードヒーティングされている個所は持って運ばなきゃならないんだよね。
うーん、実物を目の前にして相当悩んで一度はあきらめたのですが、木製だから改造できるかも、と一日に二度同じリサイクルショップへ足を運び買ったのでした。
三番目の兄さんにお願いして、車高をさげ、足を短く切って、全体にコンパクトに。
さらに脇の板の部分にはつかめるようにと穴を開けてもらったのでした。(このときはまだ箱を載せるなんてかんがえていなかった。)
おかげでそり全体の重さも少しは解消されたのでした。
で、写真の状態に。良い感じ。

一度アキさんを乗せてみたところ、動いたりしてちょっと不安定に感じることがあったので、たまたま家にあったリンゴの段ボールを載せてみたのでした。かっこ悪ー!でもすごく安定して乗せることができた。
子育てサロンのお母さん方にも評判は上々だったのでした。
あと、道行くおばあちゃん方にも。木製という部分が昔を思い出すそうだ。
いいものを手に入れたな。ダンボールはのちのちカッティングシートか何かで隠そう。

そうそう。
そのリサイクルショップにて古いノリタケのお皿が格安で売られていたのでした。二枚ワンセット。
格安だったのは「箱が古くて汚れあり」という理由。
大きなお皿だったので、買ってもうちでは使いづらいかな~と見送っていたら、その日の夜、またお店へ出向いた時にはもう既にすべて売れていたのでした。
買えばよかったかな~とちょっとだけ後悔。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-20 13:43 | ダイアリ | Comments(2)

節電キャンペーン

f0171453_1027075.jpg

おいもさんを食べる時、必ずお皿から出してテーブルに置く儀式。
正直辞めてほしいけれど、きっと彼にはこれをやらねばならない理由があるのだろう・・・。
このおいもさんは炊飯器でご飯を炊くときに一緒に入れて蒸しているのです。
おいもにレンジを使用しない分、電気代がうくのだ。
そう。この冬は我が家は節電に努めることにしたのでした。
やる気満々ですでに札幌市とほくでん、二つの節電キャンペーンに応募済みなのです。
札幌市のキャンペーンはプレゼントが当たるかもよ?というもので、まぁ当たれば嬉しい程度。
ほくでんの方は節電具合に応じてクオカードがもらえるというもの。
我が家の今年の1月~3月の電気使用量と比べて来年の同時期にどのくらい節電できているかを見るもので、ふふふ。これには自信があるのです。
今年の1月~3月、我が家ではアキさんがまだ生後3か月くらいとあって、世間には申し訳ないとおもいつつ、室温を一定に保つため電気代はあまり考えずに使用していたのでした。
夜もオイルヒーターをつけっぱなしだったし、そうそう、夜中何度も授乳のために起きていてその都度明かりを点けていたっけ。
今はアキさんは夜寝ているとどうも暑いらしくすぐお布団を蹴っちゃうのでオイルヒーターは稼働させていない。
そして、新しい冷蔵庫を買った。
冷蔵庫は新しいものは電気代が違うと聞くので期待したいところ。
さらにリビングの照明をついにLEDに変更したのでした。
LEDの灯り、あんまり好きではないな~とずっと変更することを拒んでいたのですが、ついに。
やっぱり明るすぎて雰囲気ないのだけれど、電気代は違うのかもと妥協したのでした。
次回の電気代のお知らせが来るのが楽しみ。
小さな子どもがいるから無理は禁物だけれど、もらうぞークオカード。

他に節電を意識して始めたこと
・炊飯器の使用を一日2回(朝と夜)から1回(朝まとめて炊飯)にした。
・使っていない家電のプラグを抜いた。
・スイッチ付テーブルタップを正しく使用するようになった。(今まで単なる延長コードとして使っていた;)
・夜早く寝る(もともと早寝&長寝一家なのだけれど拍車がかかった)
・掃除機をかける頻度を減らした(その代わりコロコロローラーの消耗は激しい)
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-18 10:27 | ダイアリ | Comments(0)

雪とアキさん

f0171453_13413989.jpg

秋口に用意したジャンプスーツはサイズが大きくて(90)、アキさんにはまだぶかぶかで動きづらそう。
急きょ、今アキさんにぴったりサイズ(80)の紺色のジャンプスーツを買いなおしたのでした。
大きいサイズの方がいいかな~と思って買ったのだけれど、動けないんじゃなぁ、駄目だよね。
大きいサイズのジャンプスーツ、無駄にならなければいいけれど・・・来年の冬に着れるかしら。
アキさんは今、1歳2か月、体重は9kg。

雪があるのが当たり前の季節になり、雪を外出しない言い訳にはできずにここのところ、毎日のように外でアキさんを遊ばせているのです。
と言っても、わずかな時間だけれど。
すぐにアキさんの鼻が赤くなって、寒いんじゃないかと心配になるから。

アキさんはミトンをはめた手で雪をすくい「ほー」という顔するのです。
雨どいから下がっているつららを見ると目がきらきらするのです。
車が通った後の轍に残ったタイヤの模様が気になり、じっとその場にうずくまるのです。
なにもかもが新鮮だよねぇ、君にとっては。
あ、それとみとんをはめた段階でも「こ、これが俺の手・・・?」という顔をして、指を何度も動かすのです。
わお。すごく可愛い。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2012-12-12 13:45 | こども | Comments(0)