<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ホルンの栞

f0171453_13481786.jpg

先日図書館から借りた「おかしな本棚(クラフト・エヴィング商會)」にホルンの形の栞が挟まっていたのでした。
「借りた本に挟まっている謎の栞」そして「ホルン」。
これがもう・・・なんというかクラフト・エヴィング商會っぽすぎて大感激したのでした。
あまりにもふさわしすぎたので、ひょっとしてもともとこの本についていたおまけ?と思い至り調べてみたけれど、そういう事実は無いみたい。
縦しんばおまけであったとしても、図書館で貸す本に挟んでおくってことはないか。
やっぱり私の前にこの本を借りた人の忘れもの、だよね。
図書館で借りた人をさかのぼって調べてもらえるのかな。本当は自分で調べてみたいものだけど。
どんな人なのかな。ホルンとなにか関係がある人なの?やっぱりクラフト・エヴィング商會が好きなのかな?
もちろん返却時にこのことは伝えるつもりだけれど、とりあえず、栞はなくさないよう大事に保管しているのでした。
特にアキさんはこういった類のものはすぐなくしちゃうから。


後日、図書館にメールで問い合わせてみたところ、本に挟まっていた物などは、遺失物扱いで図書館で保管することになるとのこと。
本を借りた人の情報はその都度、個人情報保護の観点から消去されるのだそうで、調べようがないみたい。
持ち主に無事に帰れるといいね、と思いながら栞の件を申告したのでした。

おかしな本棚

クラフト・エヴィング商會 / 朝日新聞出版


[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-28 13:49 | ダイアリ | Comments(2)

f0171453_12152218.jpg

「男の子は棒状のものが好き」らしい。
アキさんがまだお腹にいるときからよく『男の子の育て方』的な本を読んでいたのだけれど、どの本にもそう書いてあったのでした。
男の子の不思議。女性であるお母さんには理解できないことも多いみたい。
だから『アホ男子母死亡カルタ』なるものが出来上がるのだな。
ふーんそういうものなのか。くらいに思っていたら、アキさんも御多分に洩れず、棒が好き。
今は鱒ずしについていた竹の棒を離さないのです。
何をするわけでもないけれど、ずっと握って離さない。
持つ必要ないなら持たなきゃいいのに、棒を持っているがために手がふさがっていてマグが持てず、水が飲めない~と大泣きしたり。(←おバカ)
これからもっと男の子の不思議を実感することになるんだろうなぁ。
その不思議、楽しめればいいけれどイライラすることの方が多そうな予感・・・汗。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-22 12:31 | こども | Comments(0)

眠らせる

f0171453_10402711.jpg

悔しい気持ちでいっぱいになるので、あまり考えないようにしているのだけれど、アキさんが毎日毎日、悪びれもせず、物を壊しているのです。
うすうす気づいてはいたけれど、我が家には壊れ物がありすぎる!
まだ分別のつかない子どもだもの、仕方ない。
それに、アキさんの手の届くところに壊されたくないものを置いてしまっていた自分が悪い。
そう思う。そう思うのだけれど、やりきれないぜ・・・。

これ以上大事にしているものを壊されたくないので、特に壊されたくないと思われる宝物・小瓶たちは眠らせることにしたのでした。
骨董市に足を運んで集めたり、人から譲ってもらったり少しずつ少しずつ集まっていったんだよね。
宝物なんて言っている割には雑にしまっちゃっているけれど;
今までは棚に並べていたのだけれど、アキさんなら棚ごと倒すなんてことやりかねない。

あと数年、アキさんが落ち着くまでしばしの別れ。
考えようによっては抽斗にしまっておく方が、きれいにとっておけるな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-19 10:57 | | Comments(0)

やっていること

f0171453_13155094.jpg

アキさんのいらずらが高度化してきているこの頃。
何かを足場にすることを覚えたため、高いところに手が届くように。
アキさんが手を入れているのは、赤ちゃんクッキーが入っている入れ物。
置き場所は変更せねば。

さて、そんな悪戯ボーイを脇目に私はと言うと、お正月に撮りためたテレビ番組をちゃくちゃくと消化中。
お笑い番組のお正月特番も多いけれど、NHK・Eテレの番組も多数。
ピラゴラスイッチのちょいむず・かなりむず、不思議の庭の野菜たちは特にお気に入りに。
不思議の庭の野菜たちは写真家の奥田さんの庭の野菜のお話。
ちょっと細かいことを言えば、番組内で奥田さんに届いた手紙を紹介するときのBGMが数年前に放送された『日曜美術館 思い出を蘇らせる絵画 ~亡き人を描く画家~』で使われていたものと同じだった。(本当に細かい;)
ピタゴラスイッチには、ラーメンズの片桐仁が出ていた。
あみだくじの解説に、ほう、と納得。
NHK・Eテレはアキさんが生まれてからよく見るようになったのだけれど、最近では巨大イカを追いかけている番組が面白かった。
『にほんごであそぼ』の「べべんの紙芝居」では、貧乏神のお話の絵をいまいあやのさんが描いていたのも見つけて嬉しかったし、「キックキックトントン」という歌が可愛らしくて仕方がない。
やるな・・・とテレビを観ては一人にやにやの日々なのです。

調べてみたら「不思議の庭の野菜たち」は北海道だけ?18日に再放送があるみたい。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-17 13:51 | こども | Comments(0)

みんな寝る時間

f0171453_9301630.jpg

我が家にアキさんがやってきて以来、毎日が非常事態な我が家の猫ズ。
アキさんが昼寝を始めると、すすとこじ、二匹とも力が抜けたようにストーブの前でぐんにゃり眠りだすのです。
年末に動物病院で体重を測ったところ、コジさんは1kg体重が減っていた。
もともと体重過多だったから減ることには問題はないのだけれど、先生は驚いていたみたい。
猫にとっては1kgって大きいものね。
病院に猫ズを連れて行った三番目の兄さんは、先生にコジさんの体重減少について思い当たる節はないかとたずねられたのだそうだけれど、「何もない」と答えたのだそう。
・・・私はどう考えてもアキさんが原因だと思う。
毎日寝ているところを急に上に乗っかられたり、追いかけられたり。
アキさんの足音や、奇声で身構える毎日は、そりゃストレスにもなるよね・・・。
のんびり暮らしてきた毎日が、まさかこんなにスリリングに変化するなんて思わなかったよね。とちょっと申し訳ない気持ちになったのでした。

それにしても。
先生に心当たりをたずねられて、「考えてみたけど、何も思いつかなかった」って言う三番目の兄さんにもかなり驚いた。
子どもが加わったって相当大きな変化だと思うけどなぁ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-15 09:51 | 猫やら生き物 | Comments(0)

もちつき大会

f0171453_15415676.jpg

ご近所の餅つき大会で、お友達親子と一緒にお餅を食べてきたのでした。
写真は「餅つきしたい人~」の掛け声に集まる人々、とそれを眺めるアキさん。
アキさんやお友達は初めてお餅を食べ、相当気に入った様子。

参加して良かった~、お餅もうまうまだった~と今は思うのですが、実はつい最近までこの餅つき大会に関して相当もやもやしていたのでした。
というのも、去年最後の子育てサロンでこの餅つき大会の告知があったのでした。
が私、しっかり聞いていなかったのです。
でもそのサロンの帰り道、仲良しママさんたちに餅つき大会の場所を尋ねられ、私、嘘を教えてしまっていたのでした。
そのときは本当に確信をもって答えたのだけれど、我がことながら本当に謎。その自信、一体どこから?
お正月を過ぎたあたりから「教えた場所はあっているのか?」と不安に思い始め、いつか確認しようと思いつつ過ごした日々は過ぎるのが早かった。
子育てサロンの主催者に電話で聞こうか、その電話番号は区の子育て課で教えてくれるのか。それとも会場(であろう場所)に問い合わせてみようか・・・。
そして、最終的に「きっとみんな餅つき大会にはいかない=確認不要」と最悪の着地点を見つけてしまっていたのでした。
本当に最悪だ!!
たまたま餅つき大会の2日前に、図書館で子育てサロンのボランティアさんに出会い、しかもボランティアさんの方からお餅つきの話題が出て、場所と日時が判明したのでした。
うう、出会えてよかった。
ママさん方に餅つき大会についてメールをし、レスポンスから、ほとんどのママさん方が餅つき大会を気にしていなかった、という雰囲気は伝わってきたけれど、信用を無くしかねなかったな・・・と反省しているのです。
不確かなことは言ってはいけない。当たり前のことだけど。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-12 16:06 | ダイアリ | Comments(0)

1才3か月の記録

f0171453_8423181.jpg

体を動かせるからと連れて行った室内遊技場で、椅子に座りすっかり落ち着いてしまったアキさん。
アキさんは今日で1才3か月。
ふと抱き上げるときも大きくなったなぁと感じるのです。

久しぶりにアキさんの成長の記録を。
体重は9.5kg 身長はおよそ76cm。平均的。
・歯について
歯がどんどん生えてきている。
上下1・2番、上の4番は完全に生えた。上の3番の頭が見えているところ。
・言葉
お正月に「乾杯」という言葉とともに自分のマグと、誰かが持っているグラスをかちりと合わせる技を覚えた。
「すごいねー」という言葉も覚えた。
どこから覚えた?と注意してみると、周りの大人がアキさんに対してよく使っていることが分かった。
ちなみに以前から話していた「うまい」はお正月を経て、「うんまいねぇ~」に進化を遂げている。
テレビで食事をするシーンを見ても「うんまいねぇ~」と感情こめて言う。
・食べ物
バナナとミカンLove。うっかりテーブルに置いておいたりすると、勝手に持ってきて食べていたりする・・・。
なんでも口にするけれど、ピーマンだけはそっと口から出してテーブルに置かれる。
・お出かけ
初めての場所でもどんどん一人で歩いて行っちゃう。
なんだか今よりもっとおしゃべりになったら、いろいろ周りの人を巻き込んで面倒くさいことになりそうな予感。
結局今まで人見知り期はないような気がする。
・遊び
手が届かない高いところは、自分のアンパンマンの車(手押し車)を足場にすれば届くことを学習。
これは本当に困っている。抽斗等も開け閉めしてしまうので、もうものを置く場所がないよ・・・。
おもちゃより、家にあるものの方が興味があるみたい。
今は掃除機のコードがシュルルっとまかれるボタンがお気に入り。
絵本は内容に興味なし。ただし、絵本自体を反対に開いて表紙とページを分解するのは得意。怒。
テレビも時間を決めて点けている。
今は夕方4時頃~。にほんごであそぼという番組に出てくる、神田三陽さんという落語家さんが苦手らしい。
・睡眠
よく眠ってくれる。けれど、掛け布団が苦手みたい。・・・苦手、というか暑いみたい。
この寒い時期もパジャマ一枚で寝ているときが多い。私は寒いけれどなぁ。
このままじゃ風邪をひいちゃうよな~、と数日前からアキさんに腹巻をつけていたのだけれど、なんとあせもが出来てしまった。ほ、本当に暑いんだ!

とりあえず思いつくままに書いてみた、1才3か月のアキさんの記録でした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-11 10:54 | こども | Comments(3)

おさる

f0171453_8391319.jpg

おさるは高いところから落ちても痛くないのかなーとか思う。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-11 08:41 | ダイアリ | Comments(0)

図書館の本

f0171453_90343.jpg

お正月前に図書館から借りた本。
ネットで予約したのだけれど、思っていたより古いもので、カウンターで受け取ったときに少しびっくりしたのでした。
昭和38年発行のもので、「昭和42年購入」という図書館の印が押してあったのでした。
図書館の本だから小口などに蔵書印が押してあるのは当然だけれど、15P、115P、215Pにも印が押してあった。
そして、209Pには福耳がついていた。昔の本だなー。
後ろにはポケットがついていて、返却日の日付が45年12月5日のスタンプだったのでした。
・・・この本はそれ以来、誰にも借りられていないのかな。

ふと思い出したのだけれど、去年やっぱり図書館から借りた本に『浜薔薇文庫』という蔵書印が押してあったのでした。
浜茄子、浜梨と書くのは見たことがあったのだけれど、浜薔薇というのは初めて見た。
調べてみたら石川啄木の短歌にハマナスをこう表記したものがあるみたい。
どなたかが図書館に寄贈したのかな。勉強になった。
図書館の本って面白いなーと改めて思ったのでした。

そうそう、本の内容は、実は思っていたものとは違っていた。これはこれで面白かった。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-08 09:26 | | Comments(0)

おめでとうございます

f0171453_13272783.jpg

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、我が家は大みそかから元旦にかけては三番目の兄さんの実家で過ごし、二日には円山動物園でどさんこが曳く馬そりに乗っていたのでした。ひゃっほーう。
一応、アキさんと私が写っているのだけれど見えないなぁ。

円山動物園は三が日は入場無料(しかも駐車料金も一律500円)で、今年はさらに蛇の抜け殻ももらえるとのこと。
蛇の抜け殻が喉から手が出るほど欲しかったわけではないのですが、くれるとなると欲しくなるもので、並んで開園を待つことに。
けれども並んだのが西門だったので、蛇の抜け殻を配布する正門へ全力ダッシュで向かうことになったのでした。
園内を走って、なんとか蛇の抜け殻を手に入れることができたのだけれど、私は、そして一緒に全力ダッシュで正門へ向かった西門に並んでいた人たちは、本当にそうまでして抜け殻が欲しかったのだろうか・・・。
抜け殻はラミネートされて、お財布に入れやすいように加工してあったのでした。

昨年完成したアジアゾーンを初めて見たのでした。f0171453_13274960.jpg
アムールトラやマレーぐまを、うーんとそばでみることができるようになったのが素敵。
写真はマレーぐまのおしり。かわいい。
アムールトラは昔から円山動物園にいたのだけれど、近くで見ると本当に大きくてびっくりしたのでした。
見ていた人たちはほとんどが大きさに驚いていたみたい。いや本当に大きかった。
トラは小さい子がいると噛みつこうつする仕草を見せて、観衆を沸かせていたのでした。
うふふ。アキさんも食べさせてやれーと展示ガラスの正面にアキさんを立たせたのだけれど(酷い親)、トラはちらっとアキさんを見ただけでスルーしていったのでした。
・・・うちのアキさんは美味しそうじゃなかったかい?

三番目の兄さんは、ずっとアキさんを動物園に連れて行ってやりたいなぁと言っていたので、念願かなって嬉しそうだったのでした。
アキさんは、正直まだ動物を見てわーいという雰囲気ではなく、ガラスの傷とか、展示物小さなドアなどの方に興味を持っていかれていたのでした。そして最終的には見学途中でぐっすり寝てしまった。
一歳二カ月にはそんなものなのかもね。
また来年、三が日に来てみようかなんて話をしながら家に帰ったのでした。
来年もしまた配布物があったら、正門に並ぼう。間違っても西門には並んではいけない。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-01-04 13:31 | ダイアリ | Comments(2)