<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ホームベーカリー

f0171453_15114369.jpg

三番目の兄さんの職場から、永年勤続の表彰の副賞としてホームベーカリーをもらったのでした。やったね!
そしてそれで焼いたパンを勝手にむさぼり食うアキ。
しかもお昼寝用の布団の上だね、そこ。

副賞は何でもよかったみたいなのだけど、希望を聞かれた三番目の兄さんが、リクエストしたみたい。
以前私が「ホームベーカリーがあったらいいのになー」とつぶやいていたのを覚えていたのだそう。
嬉しい。けど実は副賞は賞金でもよかったぜ。←心の声
いやいや。ホームベーカリーも確かに欲しいものだったからありがたい。

いただいてから週に二度のペースでパンを焼いているのです。
アキが口にするパンも手作りなら何が入っているのかわかっているので、安心。内容の加減もできる。
ここのところ、食べ物の安全が心配で仕方ないのです。
以前書いた食用油については、食用油の危険性を書いた本を読み、自分なりに考えて「ムソーのなたね油」というものを使うことに。
とある幼い子を持つブロガーさんの記事を読み、今は加工肉食品が気になりだているところ。
お肉の発色を良くするための亜硝酸Naというものが、どうも。(2gで致死量なのだとか)
問題は起きていないし、まだアキにはその手の食品は食べさせていないけれど、知ってしまったね・・・もう戻れない。
あ、でも殺菌作用とか利点もあるみたい。
牛乳も、卵も気になるところ。
私達大人が食べるのなら気にしないのだけどな。
あまり神経質になるつもりはないし、それ気にしだしたら外食なんてできないよ、と思う。
おじいちゃん・おばあちゃんからアキがいただいたお菓子とかに、「こんなの食べさせないで!」なんて文句を言うお母さんにはなりたくない。
よそ様からいただいた食べ物にも文句をつけたくない。
そもそも完全に排除なんて到底無理。(だと思う・・・)
なので、排除ではなく、気を使おうと思っているのです。できることはする。
食べ物はいのちだものー。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-30 15:48 | 暮らしを見直す | Comments(0)

青い壜

f0171453_14361779.jpg

アキのいらずら対策で数ヶ月前にしまったはずの小壜。
気が付いたらアキの手に。いつの間に!しまっていた抽斗を開けたな~。
取り上げて、抽斗にまたしまう前に一枚パチリ。

青い壜。
先日、長野まゆみの『青い鳥少年文庫 ヒルサガリ』という本を古本屋さんで買っていたのでした。
著者撮影の写真と、お話。
こういう形態の本はなんと言えばいいのだろう、とアマゾンで見てみたら「フォト・ストーリー」とあった。
ほお。フォト・ストーリー。
で、その写真の中の一枚にアポロラガーの壜が写っていたのでした。
ぱっと見つけたときに思わず「懐かし!」と口に出してしまった。
アポロラガーはアメリカのビールで、壜がコバルトブルーでとてもきれい。
結婚する前、と言うか、三番目の兄さんとの初デート(!)で、お料理屋さんでぐびっと私一人で2本飲みほした。
14・5年前のこと。
味は覚えていないのだけれど、紺碧の壜が素敵でとっても印象に残っている。
今もあるのかな?とネットで検索してみたら2000年になる前に生産元は倒産していた。
さらに日本への輸入業者もなくなっているよう。
いくつかアポロラガーの壜の画像が出てきた。やっぱりきれい。(検索してみてください)
そして、oh、味は酷評されていた。
そこそこの味だから記憶に残っていなかったのかな?笑

オークションとかで出てこないかしら。
この壜、欲しいな~とむくむくと欲が湧いて出てきているところ。

ヒルサガリ (青い鳥少年文庫)

長野 まゆみ / 作品社


[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-30 14:50 | | Comments(0)

ご褒美

f0171453_1148345.jpg

冬の間の取り組んだ節電のご褒美が届いたのでした。
これは、札幌市の節電キャンペーンの景品。
500円のウィズユーカードって初めて見た。せめて1000円の・・・いや、言わない。
とはいえ、節電に取り組んだ人の中から抽選でプレゼントだったので、当たっただけラッキー。
ちなみに3月の電気の使用量は120kwh。前年同月は323kwhだった。
前年はアキのお世話で電気を使っていたのと、今年は新しい冷蔵庫を買ったこと、この二つが使用量が減った大きな要因かと思う。
あともろもろ細かい節電も取り組んだぜ!
我が家では他には、北海道とほくでんの節電キャンペーンにそれぞれ申し込んでいる。
この二つは節電具合により確実にクオカードが頂けるものなので、この冬中、節電に勤しんだ我が家ではいただけるはず。
うひひ、楽しみ。

節電もそうだけど、我が家では私が専業主婦になったこと、アキが仲間に加わったことなどで、暮し方が変わってきているのです。
その変化もいろいろ書きたいなぁと思い、『暮らしを見直す』というカテゴリーを作ってみたのでした。

まずひとつ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-28 11:56 | 暮らしを見直す | Comments(0)

古本絵本

f0171453_16212377.jpg

ブックオフと、古本村にてアキの絵本を購入。
本を大量に買って気持ちがほくほく。あー楽し。

アキの絵本の扱いはページを破る・表紙を剥ぐ・折り目だらけにする等、鬼の所業なので、状態はあまり気にせずにどかどか買っちゃった。
実は写真以上に買っている。
アンパンマンは、テレビアニメのバージョンの絵本もあったのだけれど、やなせさんの絵の本を選んだ。
昭和59年発行の初版。名犬チーズはぶち模様。
他には五味太郎の状態も中の絵もきれいな二冊セットの絵本。
NHKメルヘンシリーズの「こびとのくつや」。
これは、絵ではなくて、ポーセレンで物語の場面を作り、それを撮影している絵本。
すごくきれい!だけど、すーごく手間がかかっていそう・・・。
それと、長新太さんの絵本何冊かと、うさこちゃんのあいうえおの絵本(3冊セット)などなど。
うさこちゃんの絵本はお話ではなく、一ページにひらがなが一文字と、その文字から始まるものの絵が描いてあるもの。
おなじみのうさこちゃんの絵本(「うさこちゃんと海」とか)、1ページあたりのお話が長いので、アキは待ち切れず、次のページをめくっちゃう。
シンプルなのでミッフィーのおなじみの絵本よりこちらの方が我が家にはいいかも、と購入。
f0171453_1622106.jpg
売り場の絵本は状態の良いものもたくさんあったのでした。
買う側としてはきれいなほうがそりゃうれしいのだけれど、きれいな絵本はちょっと可哀想だな、と思ったのでした。
うちで引き取った絵本は、きっとアキがくっちゃくちゃにしちゃうのだと思う。
それはそれで可哀想な気がするのだけれど、読まれることなくきれいなままの絵本よりかはいいのかも。

そうそう、「こびとのくつや」は絵本のページにこんなシール?転写シート?が貼ってあった。ガムとかのおまけにあったなー。
実は、これもこの絵本を買おうと思った動機の一つ。
「普通、落書きとかそういうのがついている本は買いたいとは思わない。」と三番目の兄さんに呆れられたのだけれど、前の持ち主が少し想像できておもしろい。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-25 16:23 | こども | Comments(2)

卒業

f0171453_13585552.jpg

春はまだ遠い札幌。今日も雪。

子育てサロンの卒業式があったのでした。
春から幼稚園や保育園に通う子たちの卒業。
卒業する子たちは通園バッグを記念にもらっていた。春だなぁ。
子どもたちが同じ年生まれで、同じマンションに住む親子さんたちも四月から保育園に通うのだそう。
そしてサロンで顔見知りになった親子さんにも四月から保育園という子がちらほら。
保育園入園が激戦と言われている区なので、入園おめでとう~と言ったのだけれど、私はと言えば久々に心が千々に乱れたのでした。動揺したし焦った。

保育園に預けて、働いてってすごい。
けれども私はそのさらに前段階の、仕事を探したり、休職していた人は職場に勤務時間の変更を依頼したり、保育園を調べたり・・・このあたりからもう尊敬する。
「保育園への送り迎えを考えて、車の運転の練習を始めているの。」とか
「子育てしながら働くのは大変だけど、頑張るよ」とか話すお母さん方がキラキラして見えた。
私がほへ~と過ごしていた間にみんな動いていたんだな~と思うと、いいの?私これで・・・と途端に不安になったのでした。
子どもを預けて働くことが羨ましいのではなくて、ぼんやりしていた自分を後悔したというか。
自分が思っていたより周りは先々のことを考えていたんだというショックというか。

私は今のところ、ずっとアキと一緒に毎日を過ごそうと思っているのです。
もうそれはだいぶ前に「私はこうしよう」と自分で決めたことで、後ろめたいことでも恥ずかしいことでもないし、間違いでも正解でもない。
家に帰ってお昼御飯を食べたら落ち着いてきて、うちはうちだよね。と思えるようになったら、急に恥ずかしくなったのでした。
いやはや~。久々に自分の弱さを実感した出来事だったのでした。

仲良くしていた親子さんたちになかなか会えなくなるのは寂しいけれど、子育てしながら働くお母さんたち、頑張れ!
私も頑張る。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-22 14:29 | こども | Comments(0)

動物ドーナツ

f0171453_15413756.jpg

食べ物が続きますが・・・

アキのおやつに悩んでいたのでした。
アキは食欲が旺盛・おやつは必須な子。おやつは何を食べさせよう?と悩む毎日。
おやつ・というよりは補食と捉えて、小さなおむすびやふかしたおいもさんなどを与えていたのですが、毎日同じじゃなぁ・・・
と言うわけで、一度図書館で借りて、内容が気にいった『こどもに食べさせたいおやつ(暮らしの手帖社)』という本を買ったのでした。

それが少し前のこと。
この本もどちらかというと、おやつというより補食的な感じで、だから一番最初に紹介されているメニューは「えだまめ」と「ふかしいも」だったりする。
子どもの健康を考えるとやっぱりこういうものになるんだな。
写真の動物ドーナツも紹介されているものの一つ。
形がいびつで、そこから何か動物を連想できるので「動物ドーナツ」。
この命名、なるほどなーと思ったのでした。
これが気にってこの本を買ったと言っても過言ではないのです。

そして、
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-19 15:41 | こども | Comments(0)

パンダおにぎり

f0171453_13262111.jpg

海苔が好きなアキは、このパンダおにぎりを作るととても喜んで・・・パンダをつつくのです。
パンダのままだと食べ物だとは思わないようで、つついて終わり。
しょうがないなぁと私がパンダの形を崩すと、「おや、これは食べ物であったか!」と食べ始める。
おいしく食べてくれるのはいいけれど、パンダを崩すとき少し罪の意識が芽生え、ドキドキするのだよ。
海苔とトマトととチーズ。これが今のアキのお気に入りなのです。

アキのご飯はずっと軟飯を別に炊いて、冷凍してを繰り返していたのだけれど、今は大人と同じご飯を食べられるようになってだいぶ楽になった。
歯が生えてきたおかげだね。ありがたーい。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-15 13:27 | こども | Comments(4)

1才5か月の記録

f0171453_1339911.jpg

二年目の東日本大震災の日、アキは1才5か月になりました。
震災の日はつわりで寝ていたな、青森の母とたまたま電話で話をしていた時に揺れ始めたな、電話越しでも青森の実家の揺れが大きいことがよくわかったな、とあの日を思い出す。

身長と体重・・・は実はどちらもまだ計っていない。
子育てサロンにて体重計に乗ったところ、着衣で10.6kgあったので10kgくらいかな~と思う。
計りにいかないとなぁ。

話す言葉は特に進歩はない。
あ、「うまいね」とアキが言うたびに「そうだね、美味しいね」と返していたら、「オイシーネー」と言うようになった!
言葉づかいがちょっと丁寧になった。笑。
それと口には出ないけれど、三番目の兄さん=お父さん(と呼ばれている人) と理解しているっぽい。
「お父さんに渡して、食べさせておもらい~」とミカンを渡すと、ちゃんと三番目の兄さんへ持って行って渡す。
お母さん=私 はちょっと怪しい。

ごっこ遊びが出来るようになった。
絵本などで食べ物が出てくるたびに、ふわっとアキの口元にエアおやつをあげていたら、もぐもぐして「オイシーネー」+にっこりとするようになった。
「お母さんにもちょうだい」は無視。せつない。

食べ物は好き嫌いが出てきた。
苦手っぽいな~と思っていたブロッコリーを本格的に嫌がるように。

足の爪が変形している
これは生まれたときから気になっていたのだけれど、アキの足の爪はちょっとひしゃげている。
親指が特に真ん中がへこむような形になっていて、心配。
1才の検診の時に先生に聞いてみたのだけれど、その時は「まだ成長過程なので、爪の形が定まっていないんじゃないか」との話だったのだけれど、早くも爪の両サイドが巻き爪のようになっていて、不安。
今一度、1才6か月検診の際に聞いてみようと思っているのです。

そう、来月にはいよいよ1才6か月検診がある。
ああ、もうそんなお年頃なのね、とちょっとしみじみ、ちょっとびっくり。
自分も周りの大人にそう言われて育ったけれど、本当にあっという間なんだな。子どもの成長って。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-13 13:40 | こども | Comments(2)

折り紙の独楽

f0171453_1327504.jpg

先日の子育てサロンでは、ボランティアさんが子どもたちのためにお店やさんを開いていたのでした。
アキが買ったのは、独楽。二個で10円(紙の手作りお金)。
もっと高くてもいいくらいだよ。所持金は紙でできた10円4枚だったから、どうしたって40円までしか出せないけどさ。
とってもかっこいいし、もちろんちゃんと回るのです。
特に小さい方がかっちり出来ていて、作品ぽくって素敵。
三枚の折り紙を組み合わせて作ってあるのだそうで、ひとつひとつがとても丁寧にできていて感心したのでした。
私もアキのために折り紙の折り方を覚えようかな~。手裏剣とか、好きそうだよね。
今自分が折れるのは、と考えてみたら鶴とやっこさん(そこから派生して騙し舟もいける)のみ。レパートリーが少ない。

実はもう、大きい方の折り紙独楽はアキが握りつぶしちゃって、ちょっとがっかりなことになっているのです。
力加減!と怒ってしまった。(駄目な叱り方・・・;)
ボランティアさんがせっかく作ったのにな~・・・
小さい方は壊されるのがしのびなくて、アキの手の届かないところに隠してしまったのでした。
でもこっちの方が、ボランティアさんの望むところではないよな~とちょっと葛藤しつつ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-08 13:32 | こども | Comments(0)

おめでとう 12th

f0171453_13272712.jpg

3月1日は12回目の結婚記念日。
2月に入った頃から「来月だな、当日はお寿司でも頼もうかね♪うひひ。」と何気に気にしていたのだけれど、忘れていた!
忘れていた・・・いや違うな~。
覚えていたけれど、まだまだ先だと思っていた。本当。本当に。嘘じゃないんです。

珍しく打ち合わせが夜にあるとかで、帰宅が遅かった三番目の兄さんが手にしていた日本酒と寿司折りを見て「はっ!」と気付いた;。
今日は3月1日だと知っていた。だけど記念日だっていう発想はひとかけらも浮かんでいなかった。
前日には「明日から3月だね~」なんて会話をしていた。他意無。
のけぞりそうなくらい驚いていた自分をひた隠し、いつも通り出迎えたのでした。
「朝、家を出てから今日が記念日だって気がついて・・・狙ったように打ち合わせを入れてゴメン。」と謝る三番目の兄さん。
「うん、晩ご飯いらないっていうから、特に何も用意しなかったんだよ。」としれっと嘘を言う私。
去年は三番目の兄さんが忘れていて、ちょっと怒ったんだよね、私・・・。

お寿司は蕾亭の折り。私の好きな鯖と鮭(親子)の押し寿司も。
ちゃんと二人して苦手なアナゴは抜いてあった。
お寿司を食べながら「来月あたりに実は私も記念日を忘れていたって白状して笑い話にしよう。」なんて思ったのでした。
今白状しても笑い話で済むんだけど、プライド?的なものがね、邪魔をして。

今年もけんかすることなく過ごせますように。初心忘るべからず。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-03-06 13:28 | ダイアリ | Comments(0)