<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新年度の子育てサロン

f0171453_13535986.jpg

学校の春休みがおわり、また子育てサロンが始まったのでした。
やったー。これがないと、親子して行くところがないんだよ・・・。
写真は、サロンのおもちゃ、おままごとの野菜をザクザク切るのに夢中なところ。
こればっかりやっていたりする。とにかくにこりともせずざっくざく切っている。
新年度が始まり、集まる顔ぶれもだいぶ変わっていたのでした。
新しい小さな子が多く、年上の子が減り、1才半のアキは、お兄ちゃんの方に分類されはじめた。
ちょっと騒々しいお兄ちゃんで、寝ている子を踏みつけやしないかとヒヤヒヤするよ。

子育てサロンでは、まあ以前からなのですが、私・母という存在を無視するアキさん。
「一緒に遊ぼう~」と猫なで声で近付いても無表情でふわ~と逃げられ、追いかけ、逃げられが永遠に続くので、最近は遠くから見守るだけになったのでした。
城を抜け出し、城下町を探索する若をこっそり見守るじい的感情。
楽と言えば楽なのだけれど、他の子にぶつかったりしないかと結構気を使うのです。
そして時々、母と言う存在を思い出し、わーと胸に飛び込んでくることもあるけれど、勢いよすぎて激突に近い。
そして痛がる私を見て、にやっとするアキ。
自分も痛いはずなのに、自分を犠牲にしてまで私を痛がらせたいのか!
まわりを見ると、お母さんをそんな風に邪険に扱う子はおらず、大体親子が一緒にいるのになぁ。
さらにサロンの終わり際のアンパンマン体操では、劇的に眠たくなるようで躍ってくれない。
アンパンマン体操、家ではあんなに狂喜乱舞なのに・・・。

なんだか切なくなることもあるけれど、今年もまた元気に通おう。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-26 14:25 | こども | Comments(0)

ベルマーク

f0171453_14273210.jpg

先日、参列したお葬式で出た飲み物の王冠。
アキが気に入って遊んでいたので、いくつかもらって帰ったのでした。王冠は宝物なんだよね。わかるわかる。
で、家に帰り、一息ついてその王冠をよく見たら、三ツ矢サイダーの王冠にベルマークがあったのでした。
こんなところにベルマーク・・・!
調べれば何にマークがついているかなんてすぐにわかるのだろうけれど、こういう発見が楽しい。
ちなみにキャノンのプリンタのインクカートリッジもベルマークがついているのを見つけた。
(ただこれは個人でどうにかできるものじゃないみたいなので、リサイクル箱に入れちゃった。)
我が家の場合、ベルマークをちょこちょこ貯めて、近所の小学校がスーパーに設置している回収ボックスに入れているのだけれど、王冠は悪戯なんて思われちゃいそうね。
『ベルマークついています』なんてメモを付けてボックスに入れようかな。

お葬式、アキはすぐに飽きて騒ぎ出したので、結局私は会場の外で過ごしたのでした。
会場の外で喪服姿でアキと戯れていた私。
1才半には空気を読んで静かになんて無理だよねー。仕方ないよねー。なんて思っていたら、参列していた小学生の男の子も読経の最中など飽きて騒いで大変だったらしい。
小学生でも無理なものなのか・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-24 14:41 | ダイアリ | Comments(2)

春の農家

f0171453_14111823.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-24 14:10 | フォトス | Comments(0)

にぎにぎふきのとう

f0171453_13574991.jpg

三番目の兄さんの実家へ行ってきたのでした。
農作業のお手伝いを頼まれたのだけれど、結局せなんだ。
アキが来たってだけで、良かったみたい。
本当にみんなに可愛がられて、幸せな子だね、君。

家の周りを三輪車でお散歩中、ふきのとうを摘んでアキに渡したら、大人しくずっと手に持っていてくれたのでした。
それが春の証拠だぞよ、アキ。
5月になったら、よもぎの新芽をを摘もう。そして蓬餅を作ってもらおうねー!(他力本願)
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-23 14:03 | こども | Comments(0)

今年初公園へ行く

f0171453_13464474.jpg

今朝も雪が降っていた札幌。まだまだお外で遊ぶ、という感じではないなー。

先日、風の無い日に近所の公園へ行ってきたのでした。秋以来。
公園内には誰もいない・・・と思いきや、実は結構な人が居たのでした。
ベンチで新聞を読んでいる人、一人で太極拳(?)のようなことをしている人、ウォーキングをしている人や、そしてなんと遊具で遊んでいるお子ちゃまも!一人(+親ごさん)だったけど。
遊具のあたりは雪を早くどかしてくれたようで、きれいになっていたのでした。
ただ、周囲はまだ雪山もりもりで、雪解けの大きな水たまりなんかも。
そして、アキはわざわざ水たまりまで走って行って、そこで尻もちをついて転ぶという荒技。
お尻をついて、後ろにのけぞったからもう全身びっちょびちょ。
よくこんな寒空の下でそこまでびちょびちょになれるもんだな。
すぐ公園を去ることになっちゃった。

もうちょっと、もうちょっとなんだよなー。早く暖かくならないかな。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-19 13:59 | こども | Comments(2)

1才6か月検診

f0171453_161637.jpg

1才6か月検診に出かけてきたのでした。
行きはバス、帰りはパン屋さんでフィッシュサンド(好物)買っていたらバスに乗り遅れちゃって、徒歩で帰宅。
眠ってしまって重たくなったアキを抱いての帰路は思った以上に遠かった~。クタクタ。

検診の会場では、あちこち走り回るアキを追いかけてバタバタだったのでした。
土足厳禁部分に靴を履いたまま上がっちゃったり、階段をわーっと登りだしたり、おやつよこせと大騒ぎしたり。これから歯科検診なんだよー!
会場にいた保育士さんたちを総動員させてしまうくらいのあばれっぷり。
「元気ですねー!」と言われる度に苦笑い。元気っていうか、もう、ね。

家に戻ってから今日の検診の結果を記した母子手帳をやっと眺めることができたのでした。
体重、身長、頭囲、歯の状態。問題はないみたい。ほっと安心。
体重と身長は母子手帳の折れ線グラフページにも書きこんでみた。
どんどんと右上へあがるグラフ。
大きくなったな、と思った途端、ふいに涙が出たのでした。
不思議なことに、子どもの成長って大きな喜びの影に、こそっと寂しさがつきまとっているみたい。
これは子どもを持って初めてわかったこと。
どうして寂しくなるのか、それはまだわかっていない。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-17 16:16 | こども | Comments(0)

クレマチスの芽

f0171453_11291251.jpg

まだ油断すると雪は降るけれど、ベランダのクレマチスは、春が来たことをきちんとわかっている。
ちゃあんと新芽が出ていたのでした。
毎年恒例なのだけど、この枯れ木のような枝から新芽が出てきているのを見ると感動するなぁ。
あんなに寒かったのに、生きていたんだねぇ。
本当に嬉しくなる。歌の歌詞そのもの。春を迎える喜び・だ。

スモークツリーと、野葡萄、それにラベンダーもまだ枯れ色だけれど、実はほんの少し色づきはじめていて、活動を始めたのがわかる。
あーなにか、いろいろ待ち遠しい気持ち。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-16 11:40 | ベランダにて | Comments(0)

お風呂

f0171453_1155660.jpg

我が家ではお風呂に入ったら、その後はもう寝るよ、ということ。
湯上りのホカホカが落ち着いてきたらベッドに入る。

先月まで、お風呂の入浴剤は木酢酸(北海道産)をつかっていたのでした。
木酢酸に限らず、クセのある香りって好き。
私の好みと、赤ちゃんにも使えるし、自然なものだからという理由で入浴剤に採用していたのですが、湯船にうっすーらお湯の線が残っているように見え出したので、慌てて使用を取りやめたのでした。
賃貸だからね・・・汗
f0171453_1175285.jpg
アキももう赤ちゃんではないし、他の入浴剤に比べれば高かったし、もうバスクリン的なものでいいよね、なんて思っていたのですが、たまたま出かけたニューオープンのホームセンターで見つけたものがあったのでした。
『天然湯の華』。2Lで1980円(そのホームセンターで)。北海道の商品だー。
子ども(赤ちゃん)にも使えて、自然なもので無添加で、風呂釜を傷めない(硫黄が入っていない)というのが気にいって購入したのでした。
しかも原液はそのままお肌に塗るとパックになるという・・・。すごいな。
安く売られている入浴剤はお値段は魅力的だけれど、「赤ちゃんにも使える」などの表示がなく不安だったので、使用しなかったんだよね。
この湯の華、お風呂上がりのポカポカが長く続いたので、しばらくはこれを使うことに決定。お肌もすべすべすべ~になるよ。

ちなみに、お値段は高いと思っていた木酢酸よりさらに高くなってしまった。(木酢酸は2Lで1480円で購入していた)
我が家のお風呂の大きさと入浴頻度なら、2Lで二ヵ月くらいはもつのでまぁ・・・いいか・・・。
他の入浴剤と併用という形を取ろうかな~・・・まだ迷走中。木酢酸も忘れ難いし。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-15 11:34 | 暮らしを見直す | Comments(0)

1才6か月の記録

f0171453_10594255.jpg

気が付けば、1才6か月になっていたアキさん。あと半年で2才になるってこと?信じがたいな。
写真は朝起きた瞬間に一直線にガラス窓に向かい、落書きを始めたところ。この目覚めの良さが羨ましいぜ。
以下、アキの記録。

身長は79.2cm、体重は10.36kg。1才6か月検診で計ってもらったものなので、正確なもの。
で、どちらも平均ど真ん中。にしても、大きくなったものだわ。

言葉は相変わらず増えない。
「いないいないばぁ」と「うまいね・おいしーねー」「かわいいね」で日常をやりすごしている。
つい欲が出て、いろいろ話しかけて新しい言葉を引き出そうとしてしまうのだけれど、言葉を貯めこんでいるのかな。
そう言えば、何かこちら側に興味を惹かせようとして、「あ!」といかにも今、僕、こんなの発見した!というようなリアクションをとるようになった。
確かに私もアキの興味を惹くときに「あ!何だこれー?」とかひとまず言ってるな~。

食べ物は、固いものも食べられるようになった。
例えばお煎餅の耳とか。(シブイ)気持ちいいくらいボリスボリスいい音を立てて食べている。
それと、前々から薄々気づいてはいたのだけれど、すっぱいものが大好き。確信。
レモンや梅干しなどが相当好みらしい。
梅干しは塩分など考えて加減しているのだけれど、レモンは見ているこちらが「うー」と顔をしかめたくなるくらい食べている。
顔色ひとつ変えずに食べているけれど、こちらが「うー」とすっぱい顔をすると、真似して顔をしかめる。

遊びは、糸まきまきを覚えた。
不器用に腕をぐるぐる回すさまは必見。ぎゃーと身震いするくらいかわいい。
実はこの糸まきまき、ベネッセのチャレンジ・プチのお試しDVDで覚えた。
契約はしていないし、勝手にどんどこダイレクトメール(DM)を送りつけてくるのが嫌だしもったいないなーと思っていたのだけれど、このお試しDVDは役立った。
ベネッセのDM、アキが生まれてから届くようになり久々に見たけれど、私が子どもの頃に届いていた進研ゼミのDMと全く同じ手法でびっくりした。
マンガでの解説、月々の支払いは負担にならない金額、そして申し込み簡単、明るい未来。
・・・ベネッセの話になっちゃった。

それとこれは一番の変化かも。人見知りをするようになった。
人見知りというか臆病?慎重になった、というのかな。
今まではどんなに知らない人がいても、自分から走り寄り、頭を下げて挨拶をしていたけれど、最近はたとえ知っている人でも近くに誰か来ると、はっとした顔をして無言で私(母親)の元へ駆けてきて、膝に座るようになった。
今まではなかった新しい感情が芽生えたのかな。

予防接種は、ヒブ・三種混合など追加接種が終わった。次は9月まで無い。
来週は検診、そして本年度の子育てサロンが始まるので忙しくなりそう。
雪もだいぶとけてきて、お出かけもしやすくなってきているので、引きこもり生活を脱却しようなんて思っているところなのです。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-13 11:36 | こども | Comments(0)

保温鍋

f0171453_11264189.jpg

この冬、我が家では節電に成功したと、何度も自慢げに書いたのだけれど、ガスは・・・正直駄目だったのでした。
去年より使用量が増えた。
アキ一人増えた分、お風呂も調理もガスを使うよねぇ。仕方ないよねぇ。と言い訳。
とは思うものの、やっぱり抑えられるものなら抑えたいと、と保温鍋を購入したのでした。
圧力鍋も考えたのだけれど、勇気がでなかった。
小さい頃に圧力鍋の蒸気に当たると死ぬ!と思った恐怖は消えない・・・。(たぶん母が子どもを使用中の鍋に近づけないために言っていたんだと思う。)
あと、母が異様に圧力鍋は重い!めんどくさい!って言っていたってこともあるな。
今は扱いやすくなっているんだろうとは思うけど。

保温鍋と言えば、シャトルシェフだよなーと思ったのだけれど、シャトルシェフは高価だったので、ネットで安い保温鍋を見つけたのでした。
送料込みで4000円弱。
実は保温鍋の検討を始めたのは冬の始まりのこと。
季節がら煮込み料理も増えるだろうし、アキのご飯作りにも役に立つに違いないと思ったのだけれど、保温鍋を買うためにamazonのポイントを集めていたら、もうこんな季節になってしまった・・・。
しかもポイントは貯まったのに、同じものが楽天でもっと安くあったので、結局楽天で買っちゃった。

保温鍋は今のところ、良い仕事をしてくれているのです。
ロールキャベツなんて感動ものだ!
一度、保温鍋に料理をセットしたまま忘れてしまい、翌朝腐っていた057.gifという悲劇はあったものの、忘れないよう気をつければよし。
よく考えてみれば夏だってカレーとか煮込み料理はたくさんあるし、そうめんをゆでる時も使えそう。
ガス代に多少でも影響が出てくると嬉しいなぁと思っているのでした。

保温調理鍋でスロークッキング―安心、安全、経済的

渡辺 純子 / 文化出版局


[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-04-08 11:52 | 暮らしを見直す | Comments(0)