<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

たんぽぽ

f0171453_14443328.jpg

公園へ行く途中、三輪車に乗っているアキはぐずるのです。
道端に咲いているたんぽぽが欲しいんだよね。
一度、咲いているたんぽぽを摘んでアキに渡したことがあり、それ以来、黄色いこの花を見つけると欲しがるようになった。
アキの場合、たんぽぽの首からぶちっと採るので、なんだかたんぽぽが可哀想に思えてきてしまう。
せっかく咲いたのになぁ。
もうその辺でいいんじゃない?なんて忠告は聞こえるわけもなく、手当たり次第摘む。
摘むっていうか、掃討って感じ。
好きだから摘んじゃうんだけど・・・でもたんぽぽにとっては迷惑という切ない関係。ふふ。

そう言えば、私の小さいころもたんぽぽを見つけたらまず摘む子だった、と母が言っていたなぁ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-29 09:00 | こども | Comments(0)

今年の帽子

f0171453_1338276.jpg

去年の麦わら帽子はすっかり小さくなってしまったので、アキ用の今年の帽子を買い足し。
購入した帽子には顎紐がなかったので、チロリアンテープを縫いつけてみたのでした。
お花模様だけど、帽子もチロリアンテープの色合いも落ち着いているので悪くない。
アキにかぶせてみたらよく似合っていた。
男の子なのに花柄~?とちょっと気にしていた三番目の兄さんも納得。

紐の先には鈴を付けてみた。接続する金具等無しにいきなり!笑
帽子をかぶり、アキが歩くと小さくチリチリと鳴り、愛らしい。
帽子はもうひとつ、ベージュのものも購入したのでした。
こちらにも同系色の顎紐を取り付けた。
今年の夏は帽子をかぶって、たくさん遊べるといいなと思う。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-27 09:00 | こども | Comments(0)

八重のさくらは

f0171453_1553840.jpg

去年の5月20日に撮影した、公園の桜。

アキと公園へ行ったら、八重桜が咲きだしていたのでした。
でも、まだ・・・うーん、0.5分咲き。くらい。来週あたりには満開になりそうかな、といったところ。
今年は染井吉野の開花は遅かったのだけど、八重桜はどうなのかな?と去年の写真の撮影時期を見てみたら、やっぱり八重桜も開花は遅れている。
染井吉野は、開花が遅かったせいですぐに散ってしまった。
枝いっぱいの桜の花というのを今年はまだ見ていないなぁ。


あ、今ケクッケクッと鳴く烏が久しぶりに窓のそばの電柱に来た。
最近鳴き声を聞かなかったからちょっと心配していたけど、ああ、元気なんだ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-25 15:13 | ダイアリ | Comments(0)

やんちゃりか

f0171453_14475871.jpg

1才7か月の記録でもちょっと書いていたのですが、アキはちょっとやんちゃりか。
よく動き元気に走り回る、それはいい。
気になるのが、ちょっと自分の意に介さないことがあると、ぎゃー!と叫び、そばに居る人をたたくこと。
そういう時期だってこともあるのだけど、(いや、でも同じ月齢の子たちはみんな大人しいぞ?)子育てサロンなどでは自分より小さい子や、たまたまそばに居た子をたたこうとするので、ひやひやする。
おもちゃの横取りとかもね。
相手の子にも申し訳ないし、その子の保護者さんにも申し訳なくて謝罪ばっかりな私。
「お互い様ですよー」と気にしない(そぶりをしてくれる)方もいるけれど、少数ながら中にはあからさまにむっとして無言で子どもを抱きかかえ、その場を立ち去る人も。
そりゃそうだ。理不尽に叩かれたり、楽しく遊んでいたおもちゃをいきなり奪われて悲しそうな我が子を見て嫌な気分にならない親はいないよね。
本当にすいません・・・。

アキは小さい頃から(今でもじゅうぶん小さいけど;)何と言うか「静かな子ではない」感じはしていた。
なので真似されないよう何かを叩くという行動はしないでいたつもりだったのだけれど、覚えちゃったかー・・・がっくり。
「男の子だもん、多少粗野な動きはするよ」「乱暴ではなく元気ということ」と、周りからはいろいろフォローはあるものの、大きくなるにつれ突き倒しとかさらに危ない動きが増えそうで、それを考えると気が重い。
本当はおおらかに子どもを見守りたい。もっとアキの興味の趣くままにさせてあげたい。
けれど実際はずっとアキの後ろをついて回って、危ないことをしそうなそぶりを見るや否や「だめ!」とアキを抑制している自分。相手がある場合は余計に。

ちょっと神経質になっているのかな、もうちょっと見守っているだけでもいいかな、どうしたら叩かなくなるかな、試行錯誤がずっと続いているのです。
子育てって本当に毎日が勉強の日々。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-24 15:36 | こども | Comments(0)

22年

f0171453_14104571.jpg

22年間使い続けたマイマグカップがとうとう欠けてしまったのでした。
洗いものをしていて、つるっと手が滑り、ガラスのお鍋の蓋のふちにガツンとぶつかって。
あっ。と慌てて拾い上げたのだけれど、破片は勢いよくあちこちに飛んでいき、欠けた部分から縦横に大きなヒビが入っていて、そのせいでうっかりすると底も抜けそう。直すのは・・・ちょっと無理そう。

中学校にあがった年に、いとこからもらった誕生日プレゼントだったのでした。
『いまどきのこども』の絵柄ってのが時代を感じる。
持ち手の部分がちょうど私には持ちやすくて、大きさもよくって頑丈で、大げさではなく毎日使っていた。
落として割ったその日の朝もこのマグで珈琲を飲んだ。
何度かの引っ越しでも無くなることなく、ずっとあったものだったから、残念。
(ちなみに付属のスプーンは引っ越しで紛失した。)
特別お気に入り!とは思っていなかったので、その時はああー壊しちゃったか・・・程度だったのだけれど、実はじわじわ日々悲しみが深まっている。
自分で思っている以上に大切に思っていたのかもしれない。
22年間も一緒だったんだもんなぁ。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-22 14:23 | ダイアリ | Comments(0)

1才7か月の記録

f0171453_1456214.jpg

体重を身長を計ってから記録をば、と思っているうちにもうだいぶ日が経ってしまった・・・。
11日でアキは1才7ヶ月となったのでした。

身長と体重・・・はのちのちに。
言葉に関しては「アンパンマン」と言えるようになった。でもときどき「アンパン」と省略。
もちろんアンパンマンのことなんだけど、どうもざっくり「アニメっぽいもの」も含まれているようで、街で見かけたキティちゃんも、ポケモンのなにかも「アンパンマン!」と指をさしていた。
私もざっくりそういう仲間だな~と納得し、「そうだね、アンパンマン居たね~!」とアキに相槌を打っていたら、
知らない子に「違うよ、○△(ポケモンの名前)だよ」と訂正されてしまった。そうだよね、違うよね。
他の子がもっているアンパンマングッズにもいち早く反応し、「アンパン!アンパンマン!」とストーカー並みについてまわる。
アキの言葉のまとめ
アンパンマン→アンパンマン、その他アニメっぽいもの
かわいい→動物全般
おいしいね→食べ物
おかあさん→私と他何か(未確認)、それと三番目の兄さんのことも。

食べ物は、野菜を食べ渋りだした。
それと、私が口に運ぶものは拒否することが増えた。
自分でスプーンなどで口に運んだ場合は野菜でも、お肉でももりもり食べるのだけれど、私が与えようとすると、一度口に入れはするもののすぐべーと床に落とす。そしてにこっ♪と笑顔。(←憎たらしいし、面倒)
なんでそこで笑う?

公園でどろどろになるまで遊ぶ。
暖かくなり、公園で過ごすことも増えたのだけれど、まぁ汚れる汚れる・・・。
どこでも座るし、どこでも転ぶし、幼稚園くらいの子たちに混じって走り回るので、まぁ汚れるよね。
公園の遊具なども積極的に高いところとか登っちゃう。
危ないと感じることも多いけど、楽しそうにやっているので、のんびり見守り中。
サッカーボールに興味があるらしく、よその子が持っているとストーカー並みに(また!)ついてまわる。

人見知りは継続中。
ときどき人間違いをして、別のママさんの足に顔をうずめたりする。
そして、困ったことに、たたくようになった。
どこで覚えたんだろう・・・真似をされると嫌なので、アキをたたくなんてことしていなかったのにとちょっとがっかり。
アキのイライラが最高潮に達すると、たまたまそばにいるお友達をたたくことも!八つ当たり!
やめさせる良い方法はないかな。

服のサイズは80。70は脱ぎ着させにくくなってきたものを中心に半分くらい引退。
90だとまだぶかぶか。

というところでアキが昼寝から目覚めたので、このへんでどろん!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-21 15:47 | こども | Comments(0)

ついつい

f0171453_1663740.jpg

短い髪に受ける風はちょっとスースーするよね。

思いつきで散髪をしてみたら、アキの髪の毛をばっさり切りすぎたのでした・・・特に前髪らへん。
あ、私、美容師じゃなかった。
夢中になってチョキチョキしていたら、いつのまにかおでこどーん!前髪ゼロ!になっていて、その惨状にゴクリと息を飲んだ。
なんだかこのぱっつん前髪具合がFUJIWARAの原西に似ているな~なんて思っていたら、仕事から帰ってきた三番目の兄さんも開口いっぱつ「お、原西がいる」と、言っていた。
やっぱり似ているんだ・・・!

アキは何にも文句は言わないけれど、少し早く髪が伸びるとイイネ・・・。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-20 16:17 | こども | Comments(0)

満開

f0171453_1333429.jpg

いつも行くご近所の公園はお花見の名所なので、朝から車がひっきりなし。
臨時駐車場も朝9時でどんどん埋まっていた。
本日は避難するように近くの別の公園へお出かけ。
近くの親子さんも「今日はあちらの公園は小さい子は遊べませんね~」と言ってやってきた。
ふふふ。みんなおんなじ考え。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-18 13:41 | ダイアリ | Comments(0)

ろばのこグロリア店

f0171453_14372235.jpg

やっと行くことが出来た『ろばのこ』というおもちゃ屋さん。
ゴールデンウイークに行ってみたのでした。

円山の子育てサロンのおもちゃは『ろばのこ』で揃えられていた。
良質な木のおもちゃ、絵本などのおもちゃ屋さん。
興味はあれどお店の定休日が我が家のお休み事情と合わず、さらには車無しでは(私には)行けない場所にあるお店なので、縁が無いのだな~と思っていたのでした。
が。
最近、トランスパレント(パラピン折紙)を探していたところ、ろばのこにありますよと教えて頂き興味が再燃。
ろばのこ!
祝日なら三番目の兄さんに車を出してもらえるじゃない!と気づき、結構な雨の中でかけてみたのでした。
行った日はちょうど『ろばのこ祭り』というイベントを開催していて、お客さんで通路はびっちり。
外から見ても、店内に人がびっちりの光景にはちょっと笑ってしまった。
でもそのお祭りおかげでアキはシャボン玉を頂いた。やったね~。

子育てサロンで見た木製のおもちゃがたくさんあり、改めて木のおもちゃって素敵だな~と思ったのでした。
どれも素敵だけど、私は「ニック社のスロープトーイ」がやっぱり気になった。
これは子育てサロンで遊んだ時にも気になったのだけれど、鈴付きの円盤がスロープを下るときにシャララララと涼やかなとても素敵な音がして、ずっと見ていられる。
いいお値段するんだよなぁ。(に、二万円くらいした;)
ユシラのカラームカデ(定番!)、ネフ社のドリオなどアキが持っているおもちゃもいくつか見受けられ、親近感がわいたのでした。
アキはベック社というドイツの玩具メーカーの「バケツの玉落とし」が気にいっていたみたい。
これもカタンカタン規則的に動くバケツと、ビー玉が転がる音がいいねー。
もっといろいろ店内を見てみたい気持ちはあったのだけれど、今回はトランスパレントと、ポンポン鳥の制作キットを購入して終了。
出産のときのお祝いのプレゼント選びには重宝しそうなお店で、今度そういう機会があったらここだな、と心に決めたのでした。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-15 14:41 | ダイアリ | Comments(0)

やっと外

f0171453_14302116.jpg

やっと暖かくなった~!と言えるくらい暖かくなったので、お外遊び。
北海道はゴールデンウイークあたりは2週間連続お日様を見ることが出来なかったのだそう。
大きな公園に行ったら保育園かな、幼稚園かな紅白帽をかぶった子どもたちがわーっと遊んでいたので、別の少し小さな公園へ。
こちらの方が遊具が新しく、大人も引率しやすい設計のようで、遊びの補助がしやすいことに気が付いた。
けれどもしばらくしたら、やっぱりこちらの公園にも園児たちがやってきたのでした。
久しぶりのいいお天気だものー。外遊びするよね。
でも園児たちが遊具で遊んでいる場合、小さい子はどうすれば?
初めての問題にとまどったのでした。
遊具で遊ぶのを我慢する?気にせず一緒に遊んでいてかまわない?
逡巡しているうちに、アキは園児に混じって遊び出した。一員になっていた。
園児たちは気にしていないようだけど・・・引率の先生がアキのことを気遣ってくれているけれど・・・いいのかなー?
迷っているうちに、いつも子育てサロンで一緒になるご近所の親子さんが数組遊びに来て、やっぱり園児たちに混じって遊びだした。
いい・・・のか。

子どもを見守りつつ、おしゃべりしつつ、先程の疑問をママさん方に聞いてみたら、いいんじゃないかということだった。(たぶん・・・という感じだったけれど。)
みんなの公園だもんね。そうだよなー。
ママさん曰く、「小さい子にかまってくれる園児もいる」らしい。
ああ、一緒に遊んで良かったんだ~、とちょっとほっとしたのでした。
いやはや。自分の新米母っぷりったらない。

それにしても園児に混じったアキは小さかった~。
なんだかどんどん大きくなるから、久しぶりに「あ、小さい」と感じた。可愛かったなー。
ちなみにアキは、園児たちが帰る時も集団に紛れて一緒に帰ろうとしていた。
アキは集団生活に向いているのかもなぁ。保育園とか泣かずに通えちゃうかもね。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2013-05-10 14:54 | こども | Comments(2)