<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

午後に日が差し込むとき

f0171453_14351470.jpg
「猫のびる」なんて季語が・・・なかったか。

年末に予防接種のために動物病院へ連れて行ったときに体重を計ったら、コジさん(伸びている方)はおととしに続き、1kg減っていたそうな。
すすさんの体重も減っていたみたい。こちらはもともと軽いのでわずかだけど。
獣医さんはこの事態を深刻にみたらしいが「小さい子に毎日毎日追いかけ回されている」と教えたら、苦笑いして、すんなり納得してくれたのだそう。
小さい子のパワーはこんなところにも影響を与えているんだな。

ちなみに、すすさんは3400gくらいで、それはアキの生後1、2週間くらいの時の体重と同じ。
すすさんを抱いてみるととても軽い。
アキもこんなに軽かったのだろうか?と本当に不思議に思う。
そんなアキは今は12kg弱(2歳3カ月)。抱っこがきつい。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-29 14:42 | 猫やら生き物 | Comments(0)

かきのは寿司

f0171453_15284490.jpg
寝た寝た。

いつの間にか、NHKの連続テレビ小説を見るのが習慣になったのでした。
今は「ごちそうさん」。
オンタイムではアキが何かとギャーギャーと邪魔をするので、録画してアキの昼寝中にそっと見る。

習慣化しているとはいえ、あまちゃんは見れなかった。
あのスピードと乱高下する感じに着いていけず、5話目くらいで脱落。その前のカーネーション、純と愛も2・3話で離脱。
梅ちゃん先生とか、おひさま(もうタイトルを忘れていた・・・)はふわふわした話で見続けることができた。
元気!やる気!イワキ!みたいなヒロインのお話だと駄目みたい。

その今週のごちそうさんのお話には、柿の葉寿司がよく出てきたのでした。
『亡き奥方の作った柿の葉寿司』が食べたいという病床のお父さんのリクエストに応えるべく、お嫁さんは頑張って味を再現しようと毎日柿の葉寿司を拵えていた。
結局その柿の葉寿司の味を知っている義姉さんが作って、みんなで大絶賛して食べていた。
もうこれが見ていて地獄。柿の葉寿司は私の大好物。
以前は大丸の地下食品売り場に柿の葉寿司のお店があったから、食べたいな~と思ったらそこで買っていたけれど、今はもうない。
札幌では柿の葉寿司はそんなに需要がなかったのか。
メンバーズカードまで作ってお店に通い詰めていたのは私だけか!

柿の葉寿司に誘われて、ごちそうさんのホームページを見ていたら、柿の葉寿司のレシピが載っていたのでした。
やってみようか、とも思うのだけれど、そもそも寿司桶すらない・・・んだな。うちには。
自分で生魚を扱うと、どんなに気を使って料理していても、衛生面の不安から口にすることが出来なくなる。
それと、柿の葉をどこで手に入れる?
もう暗礁に乗り上げた。しばらくお預けか・・・。

ふと思いだしたけれど、私の生まれたときの内祝いの品は寿司桶だったのだそうだ。
何故寿司桶にしたのかは不明。祖母が決めたとのこと。
まだ私の名前が書かれてある寿司桶を使ってくれている人がどこかにいるかも知れない。

あ~柿の葉寿司・・・。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-25 16:07 | ダイアリ | Comments(0)

雪の日の街

f0171453_22101685.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-24 22:10 | フォトス | Comments(0)

あしあと

f0171453_21312459.jpg
三番目の兄さんの実家にて。
田んぼに積もった雪の上に、何かの足跡がずーーーっと付いていた。
そして、三番目の兄さんの家(正確には家を取り囲むようにあるビニルハウス)がゴール。
何の動物だろう。
三番目の兄さんと義母さんが言うには
「キツネか、ウサギか、イタチ(みたいなの)か、アライグマか、飼っている猫のどれかか、その猫にくっついてくる野良ネコか」
とのことだった。

候補が居すぎだ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-21 14:00 | ダイアリ | Comments(2)

拾っち

f0171453_12482848.jpg
すっかり拾いものから足を洗っていたのだけれど、久々に拾う神降臨。
と言っても、古いものではない。
拾ったのは「いろっち」。ベネッセの赤ちゃん向けのエデュトイ(教材)で、我が家ではお試しDVDでお馴染みさん。
マトリョーシカみたいに入れ子になっていて、いろんな色の子がいるんだよね。

年末に住んでいるマンション専用のごみ捨て場で拾ったのでした。
年末の最終収拾日の日の朝、ゴミ捨て場の前で雪に埋もれていた青い何かをつま先でポコーンと蹴飛ばした。
なんだ?とびっくりしたけれど、拾ってすぐにいろっちだ!とわかったのでした。
ゴミ捨て場の扉の向こうには、いろんなおもちゃがわんさか入ったゴミ袋の口が開いたまま捨てられていた。
ははーん、これか。と納得。
捨てるのにはもったいないものが入っていそうなごみ袋だったのだけれど(いろっちの他の色の子とかも)、ぐっと我慢してゴミ袋の口を結んで、ゴミ捨て場を出たのでした。
部屋に向かって歩いていたら、手の中であおっちがカタカタいう。中を検めたらきいろっちも出てきた。
水洗いしてアキに渡したらDVDでお馴染みのアレ!とすぐに理解したようで、両手で持って踊りだした。
気に入ってくれた。そして、意外と私も気に入っているのでした。
へっなんだよ、意外と可愛いじゃねぇか・・・と鼻の下を人差し指でこすってみる。

アキが食事に飽きて食べるのを止めてしまったときは、きいろっちに御登場願う。
食卓にきいろっちを置いて「アキが食べないのなら、きいろっちが食べちゃうって。」と食べさせる真似をするとアキは食事を再開する。
きいろっちはゴミだったけれど、今は我が家で仕事を持っているのでした。
あおっちは、アキが遊んだまま放置してよく下半身が行方不明になる。笑


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-20 13:16 | こども | Comments(0)

雪の中を散歩

f0171453_20335575.jpg
三番目の兄さんの実家へ家族でお泊りの週末。
ちなみに、その前日までは二番目の義兄さん夫婦がお泊り。つまりは交代でお泊り。宿直?
で、明けて日曜日の朝、お義父さんの散歩のお付き合い中の一枚。
晴れていると寒い!

なぜこうやって交代でお泊りをしているのか、というと、義父・母さんと同居している一番上の義兄さん夫婦がグアム☆旅行に行っており、残った家族でその間の義父・母さんの見守りをしているから。
義父さんはアルツハイマーを発症してしまい、介護が必要なのでした。
お義父さんは、ゆっくりゆっくり、体の自由が無くなっていっている感じ。
少しずつ少しずつおかしな言動が増えていっており、自分ではできなくなったことが増えてきている。
このゆっくりな進行具合は発症年齢も関係しているのかな?
眠っている時間は爆発的に増えた。

実母は介護士をしており、お義父さんのことを伝えたときに「ひょっとすると、乱暴になったり汚い言葉を言うようになるかも知れないよ」と忠告を受けた。
けれども、お義父さんにはそんな様子はない。おかしな言動はいっくらでもあるけど。
病気がどれくらい進行しているのか、など私にはわからないから今のところ・・・なのかもしれないけれど、お義父さんは心底、穏やかな人なのだな~と見ていて思う。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-19 20:57 | ダイアリ | Comments(0)

ふわふわそーっと

f0171453_21253203.jpg
体調不調につき、そーっと生きているこの頃。そーっと、ぐてーっと。
それでも、図書館行ったり、買い物に出たりとそれなりに近場でアクティブに過ごして(寝ていることをアキが許してくれないので)いるのですが、何しろ咳がとまらなくってまるで貧乏神。
歳のせいだろうか、風邪が治りにくい。やだやだー。

そんなふわふわした母を一応、気遣ってくれているのか、アキは一人でおままご(?)をし始めたのでした。
遊びのバリエーションが一つ増えたねー。
今日は指人形サイズのアンパンマンとロールパンナちゃんが、アキの手の中で「うまいねー」と言い合ってビー玉を食べていた。
アキも含め、みんなちんまりしていて可愛い。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-16 21:37 | ダイアリ | Comments(0)

明るくない気持ち

f0171453_20084398.jpg
アキの風邪がうつり、今度は私がふせっていたのでした。はーやれやれ。
熱はアキほどは出ず、でも38度台をうろうろ。
それでも私はとても苦しかった。ふらふらとして体の自由が利かない気がして。
でもアキのヤロウは、40度でも平気で笑顔で走り回っていたなぁ・・・ろくにご飯も食べられなかったのに、あの元気、どこから来ていたのだろう。不思議も不思議すぎてよくわからない。
今はやっかいな咳だけが残っている。
ちなみに今年の初夢は「マスクどこだっけ~?」とつぶやきながら部屋を物色するというものだったのでした。
ま、正夢!笑


それと
[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-12 20:34 | ダイアリ | Comments(0)

かめ

f0171453_20272556.jpg
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

アキの風邪に振り回されたお正月。
3日になりようやく平熱に戻り、元気100倍のアキを連れて(高熱を出していたときも元気だったけど。)動物園へ行ってみたのでした。
お正月に動物園は去年に続き二度目。
先着1000名に配られる縁起物の馬の蹄鉄をもらうつもりで出かけたのだけれど、円山公園の下まで続いていそうな来場客の行列を見て早々と諦めた。
でもそのおかげで、まだ他のお客さんでごった返す前の静かな中で動物たちを見ることができたのでした。f0171453_15325781.jpg
アキは初めて亀を見たかもしれない。
「かめさんだよ。」と教えたら、アキは座り込んでじっと亀と目を合わせていたのでした。何か通じ合っているの?
夜、寝る前に絵本を読み聞かせていたら、たまたま亀が出てくるお話だったのでした。
アキは「かめ。」と口にして、亀の絵を指差した。
また一つ、言葉を覚えたな。

忘れるところだったけど、動物園の園内で野生のえぞりすを見たのでした。→
カラスに襲われそうになっていて、ひやひやした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-01-03 20:43 | ダイアリ | Comments(0)