<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

キャンセル料

f0171453_14075515.jpg
ここ最近のアキ的一番おもちゃ。おきあがりこぼしと鳩笛。民芸!
鳩笛は、数年前にtamaさんと一緒に鎌倉旅行へ行った時のお土産。
ずーっと誰にも吹かれることなく飾られていたけれど、やっと陽の目を見れた鳩笛。
これを買ったときには、まさか自分の子がこれを吹いて遊ぶなんて考えもしなかったな~。

なんとなく旅行のことを思い出したのは、鳩笛のことがあっただけではなく・・・
4月に実家に帰ろうと思っていたのでした。
三番目の兄さんと喧嘩、ではなく、実家の母から「孫に会いたいコール」があったから。
電話で母は「今すぐにでもアキに会いたい」「4月に帰ってこれないの?」そんなことを言っていた。
私も私で、5月・6月には予定が入ってきている。
じゃあ、急だけど4月に帰るか!と慌てて日にちを見て、フェリーと飛行機を予約したら、母からまさかの「4月ダメ。絶対。」宣言が。
母の職場のシフトは大丈夫なのか?とはちらと頭をかすめていたけれど、4月にって言ったから。
「4月にって確かに言ったけどさぁ、シフトはもう決まっているんだから!もう(怒)!なんで4月なの?」と母。
ど・・・ドユコト?あれ、私がおかしいの?頭の中で鳴り響く、世にも奇妙な物語のテーマ。タモさんの幻もちょっと見えた。
またもや慌ててフェリーと飛行機をキャンセル。キャンセル料は8450円也。
私には大きいよ~。8450円あったら百円均一のお店で、マイケルジャクソン買いができちゃうよ。
this and this and this and this and・・・あこがれちゃうよ!

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-31 14:47 | ダイアリ | Comments(0)

海の底

f0171453_20345165.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-30 20:35 | フォトス | Comments(0)

クロッカス

f0171453_08102475.jpg
お散歩中、アキが「あな!あな!」と叫んだのでした。
はて、あなとは?とアキが引っ張る方へされるがまま連れていかれたら、あ、花が咲いていた。はな、か。
お寿司屋さんの店先の小さな植え込みにクロッカスが咲いていたのでした。
つい最近まで雪に埋もれていた場所だけれど、雪がなくなった途端に咲いた。
あわてんぼうのクロッカスさんだねーとアキに言ったけれど、暗い雪の下で今か今かと芽吹きの時をずっと待っていたんだよね。
一つだけぴょん!と咲いたクロッカスに春待ちのソワソワ・ウキウキを感じたのでした。かわいいなー。

それにしても、アキはよくこれが花の仲間だとわかったな、と感心。
いやどう見ても花なんだけれど、アキはまだ花のいろいろな姿をそこまで知ってはいないと思っていた。
関係ないけれど、最近アキが大きい・小さいの概念をわかっていることも知ったのでした。
頼んでもいないのに送られてくるこどもチャレンジのDMに「この教材でものの大小や形の名前など理解できる」という解説があった。
本当に一から教えないといけないんだこれは大変!と思っていたけれど、そして結局特別モノの大きさに関することを教えるという機会は設けなかったけれど、(さらにチャレンジは結局やらなかったけれど)アキはいつの間にか理解していた。
毎日の生活の中で体得したのだろうか。

クロッカスを前にアキはぴょんぴょん跳ねながら「いーにょ~い(いい匂い)」と言っていた。
ええ?そんなに匂いはしないけれど・・・花=いい匂いというと喜ばれる的な図式が彼の頭の中にあるのかな。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-29 08:34 | こども | Comments(0)

春の音

f0171453_13192529.jpg
お天気がよかったので、久しぶりに用もないのにベランダに出てみたら、暖かかった。

道路の雪は場所によってはすっかりとけていたし、道には人がたくさんいたのでした。
みんな今だ~といった風に氷割りに勤しんでいて、見ていたら少し愛おしい気持ちになったのでした。
きっと今日なら簡単に氷も割れるだろうから、気持ちいいだろうな。
カツカツいう氷割りの音も、ピタピタと雫が排水溝へ滴る音も、シャバババ~と水交じりの雪を撥ね飛ばす車の音もみんな春の音。
いいな~やっと暖かくなるな~とほんわか歩いていたら、アキが大きな水たまりで盛大に転んだのでした。
うん、うん。やるだろうなと思っていた。
ほらほらハンカチで拭いて~なんて言うレベルをはるかに凌駕したびしょ濡れだったので、たまたま周りにいたおばあちゃんたちに「早く帰って!」「着替えさせないと!」ととても心配させてしまった。
当のアキはこんなにもびしょ濡れなのに、大して気にもせず、「はんぶんこの歌」を歌っていた。
みんな君のことで大騒ぎしているのになぁ。
慌てて家へ帰ったのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-26 14:15 | ダイアリ | Comments(0)

candy factory

f0171453_09091278.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-23 09:10 | フォトス | Comments(0)

気にしない

f0171453_09231703.jpg
道に落ちていた紙袋を足にまとわりつかせたまま、それでも気にせず歩みを進めるアキさん。
なんだこの無駄な大物感は・・・。

木曜日、小学校沿いの道を歩いていたら、マイク越しの卒業式での祝辞が聞こえてきたのでした。
卒業式か~、アキも大きくなったらそんな日が来るんだろうななんて思う。
思い出すのは自分の卒業式の様子。
式場の体育館への渡り廊下の天井には色とりどりの折鶴が舞っていた。
進学する中学校の制服を着ていたので、足がスースーしていた。
涙もろいたちで卒業式でも当然のように泣いたけれど、進学する中学校だってすぐそばだし、友人の顔ぶれも変わらないのに何にそんなに泣けたのか。それだけは今一つ思い出せなかったのでした。
涙するほど何かに打ち込んだ小学校生活でもなかったしなあ。
雰囲気で泣けたんだろうな~と思ったら、ちょっと笑えた。小学生だった自分がちょっとかわいく思えたのでした。

ここ最近アキの靴に悩み中。
晴れていると雪がとけて道がジャボジャボ。冬靴だとすぐに水浸しになるのだけれど、長靴では冷たそうな気がする。
子育てサロンで他の子たちの靴を観察してみたら、冬靴と長靴で半々だった。
うむー。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-22 14:34 | こども | Comments(0)

けえき

f0171453_14564180.jpg
きょう ぼくは けえきを つくりました。
いちごが いっぱいの おおきな けえきです。
まんなかの ろーそくは ふーって します。
かっかが なにしているの ってきいたから ぼくは けえきって いいました。
かっかは びっくりして けえきなのか っていいました。

子育てサロンでほかのままさんとのおしゃべりに夢中になっているうちに、アキが消えたのでした。
いっけねぇ!と慌てて探したら大きなブロックの壁の向こうで、ゴソゴソ・・・。
アキの背中越しに「何してるのー?」と声をかけたら、振り返り「けえき。」と言ったのでした。
あ、ケーキなのか!本当だ、ケーキだ。
アキは一人でブロックとイチゴのおもちゃでホールケーキを作っていたのでした。
誕生日や、最近ではバレンタインデーにも登場したケーキ。アキは覚えていた。
なんでもないことなんだけれど、こんなこともできるようになったのか、とアキの成長を感じた。
・・・という親ばかな話。
ケーキはこの後、すぐに走り回っていた他の子に蹴飛ばされしまった。儚い。笑
でもちゃんと見ることができてよかったな、と思ったのでした。

子育てサロンは本日が今年度最後ということで、アキの手形を取り、身長と体重を測った。
身長は約89センチ。体重は着衣で13㎏ちょうどだったのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-19 18:37 | こども | Comments(0)

2歳5か月

f0171453_09150119.jpg
アキは3月11日で2歳5か月。
話す言葉もメキメキ増えてきて、でもちゃんと発音できていないのがかわいい。
牛乳は「ぐぬ」、カレーパンマンは「かえー」と言う。
アンパンマンに出てくるキャラクターは好き嫌いがあるようで、ドキンチャン、バイキンマンなどは毎日読む絵本に出てくるけれど、一向に覚える気配がない。
バイキンマンを指さして誰?と聞いても、だれ?と質問が返ってくる。
ABCの歌がお気に入りで、出だしだけ口ずさむ。アルファベットがお気に入り。
最近はお相撲さんをテレビで見ると「エンドー」と言う。全員が遠藤ではないけどな。

三年前の3月11日は私はつわりで寝ていて、避難できないかも・・・なんて思っていた。
まさに震災が起きた時間はベッドで寝たまま青森の母と電話をしていて、今までにない大きな揺れを怖がる電話の向こうの母に、その恐怖を忘れてしまうほどの衝撃を与えてやろうと(ひどい娘だ・・・)突然妊娠を報告したのでした。
母は自分にとっての初孫で頭がいっぱいになり、その後の数日の停電、大きな余震も大して苦にならなかったらしい。
それを思うとアキは生まれる前、まだ魚みたいな風貌だった頃から孝行していたのだなー。
可愛がられるわけだ。
今年の3月11日は前日にパソコンが壊れたので、アキと全力で戯れ、暇をみつけてはアキに邪魔されながら編み物をして過ごしていた。
穏やかな毎日が過ごせていることをありがたいと思う。

編み物はビーズを入れて編む練習。
ビーズを入れる場所をちょこちょこ間違えて、ほどいては編むの繰り返しでまだモノにはならない。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-18 09:22 | こども | Comments(2)

会えた

f0171453_13504697.jpg

以前の記事で言っていたママさんに会えたのでした。
無事に手作りヘアゴムを渡すことができた。
もう引っ越してしまったのだろうか、贈り物を渡せないどころか、お別れのあいさつも言えなかったな~と悶々としていたので、スカッとした気分。
この贈り物のヘアゴム、ご近所のママさんなので偶然の出会いを期待して、コートのポケットに忍ばせて毎日過ごしていたのでした。
本当に毎日、毎日。もう会えないかもな~と思いつつも。
で、会えた!という瞬間だけ、持ち歩いていなかった・・・。わ、私ってやつは。
ママさんにはこれこれと事情を話し、翌日、近所のスーパーで待ち合わせをし、渡したのでした。
わざわざそこまでしてまで渡すような代物ではないのだけれど、私のうっかりのせいで。もう!

ママさんは喜んでくれて、娘がこのヘアゴムをした写真を送りますね!という話からメールアドレスの交換をしたのだけれど、ふとお互い名前を知らなかったことに気付いたのでした。
お互い○○ちゃん・○○くんのお母さんだったものね~、と笑いあったのでした。
別れの間際に名前を知り合うなんて。笑
後から送られてきたメールでは私のことを名前で呼んでいてくれていた。○○くんのお母さんではなく。
引っ越しは今月の終わりごろ。でも雑多な用でばたばたな毎日なのだそう。
そうだろうな、小さい子供を連れての引っ越し準備は大変だろうと想像に難くない。
無事に引っ越しが住んで、あのママさん家族に早く日常が戻ればいいなと思う。




[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-15 14:07 | ダイアリ | Comments(0)

いくちゃん

f0171453_07544896.jpg
7年使用していたパソコンが壊れた前日、小学校からの友人・いくちゃんが我が家に東京から遊びに来てくれていたのでした。嬉!
アキの顔を見せることができて、それもまた嬉しい。
5年ぶり・・・?くらい? 鎌倉旅行以来だ。
待ち合わせの改札で、いくちゃんを最初に見つけたのは三番目の兄さんだったのでした。
三番目の兄さんは大昔一度だけしかいくちゃんに会ったことしかないのに!
どうしてわかったのか後で聞いてみたら、「アニメみたいに目が大きな人って覚えていて、すぐにわかった」とのこと。
おー納得。私は最近ディズニーのアニメ映画『アナと雪の女王』のテレビCMを見たときに、雪の女王(たぶん。内容をよく知らないので;)がいくちゃんに似ているな~と思っていた。
いくちゃんはアキを見て「不思議だ」と言っていたけれど、私もまた、小学校の時分からの友人に自分の子を見せることができた不思議を思っていたのでした。
いくちゃんはアキが幼い頃の私の弟に似ていると言っていた。言われてみればそんな気も・・・しないでもない。

飛行機の時間が迫っていて、滞在時間も短かったのだけれど、いろいろな話ができた。
いくちゃんと会えば必ず出る、角砂糖の話もした。これは私の恥の思い出。笑
そしていくちゃんが仕事で関わっている雑誌ももらった。
とてもきれいな写真がたくさんの本。すごいな~と思う。
本当に感心したので後日感想を書いた手紙を送った。

いくちゃんにはアキのペースに付き合わせてしまって、たぶん疲れただろうな~とちょっと申し訳なく思ったのでした。
たくさん話した思い出話や近況報告も楽しかったけれど、空港までの車の中での、「また北海道に遊びにきたら」の話がとても楽しかった。
またおいでね、いくちゃんが行ったことのない北海道のあちこちに行ってみよう。
それと、モエレ沼の噴水は25メートルもあがるんだって!
いくちゃんに「びっくりするほど高くあがる噴水」って言っておきながら自信がなくて調べたよ。ふふふ。

新しいパソコンにはまだ慣れないなぁ。操作とか危うい。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-03-13 09:14 | ダイアリ | Comments(2)