<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アキがくれた花

f0171453_18211456.jpg
アキがつんで渡してくれた花を束にしてみた。
黄色→菜の花、ラナンキュラス(ゴールドコイン)
紫色→ビオラ、ムラサキケマン
白(薄桃色)→ハルジオン
白→タネツケバナ

ムラサキケマンとタネツケバナは初めて名前を調べて、知った。
ムラサキケマンは葉も繊細できれい。
他にもフデリンドウも摘んでくれたけれど、束ねることはできなかった。ほぼ茎なんてないもんね。
ちなみに、花だけでなく、ゴミもたくさん拾って渡してくれたのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-30 18:39 | 猫やら生き物 | Comments(0)

達成したこと、しないこと

f0171453_08481510.jpg
帰省の際にできるのだったらやってみよう、という目標が三つあったのでした。
1.やわらかせんべいのみみを入手すること 2.図書館へ行ってみること この二つは目標達成。
f0171453_08524606.jpg

←やわらかせんべいのみみ。
カリカリなせんべいのみみはどこでも売っているけれど、やわらかいタイプのものはなかなかお目にかかれない。
入手しにくいのは賞味期限のせいもあるのかも知れないな~と思う。
ちなみに、この画像のものは五日間。短!
地元のスーパーでもごくまれにしか入荷しないとのことで、見つけることができたのはラッキーなことだったみたい。4袋も買っちゃった。
でも本当に欲しかった子供のころに食べていたやわらかせんべいのみみは、確か、松に流水紋というしぶい絵柄の袋に入っていた。みみも一つ一つがもっと大きかった。

そして、図書館へも行くことができたのでした。上の画像がその様子。
図書館へは我が家からは山を越えるような道を行かねばならず、運転免許証を持っていない私にとっては、実家では実母の運転する車に頼らざるを得ない。気まぐれで怒りっぽい実母がとても高いハードル。
でも今回はアキの絵本を借りたい、とお願いしたらすんなり連れて行ってくれたのでした。孫パワー。
児童書の部屋は・・・20年、もっと?以来。
棚のレイアウトなど小さくは変化していたけれど、本当に時が止まっているみたい。円形のベンチ付きテーブルとかまんまだ・・・。
町の図書館はいつもちょっとひんやりしていて、好き。スリッパに履き替えなければいけないのも、特別な場所に入るようで気に入っていた。でも高校生になってからは隣のM市の図書館を利用させてもらっていたので、足を運ぶ機会はあまりなかったな。
アンパンマンの絵本を二冊借りた。

達成できなかった目標は・・・3.アイスクリームを食べること。
f0171453_08525246.jpg
路上で売られているちりんちりんアイスを食べようと目論んでいたけれど、アイス屋さんが見つけられなかったのでした。
おばあちゃんが路上でリヤカーみたいなので売っているあの黄色いアイス。(秋田ではババヘラと呼ばれているらしい)
黄色以外にも色とりどりあったりするけど、みんな何味かもよくわからないあれ。
何かイベントがあったらアイス屋さんも繰り出すのだろうけれど、特に何かあるわけでもなく、遭遇するのは難しいとわかっていたので、確かスーパーのアイス売り場に似た商品が売られていたな~それで我慢しようと思っていたけれど、それもなかった・・・。
↑スーパーで見つけたパッケージだけ同じもの。
これもなんとなく懐かしいけど、違うの。黄色いのがあったはず。もうないのかな~?
母曰く、たまに道端にアイス屋さんが居るらしいので、今度の帰省でまたチャレンジすることにする。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-29 11:02 | ダイアリ | Comments(2)

実家で発見したもの

f0171453_14521833.jpg
実家にいるときは庭の草取りを主にしていたのでした。
あ、下に虫の画像があります。嫌いな方はご注意を。
山の中に家が建っているので、母が一応手入れはしているものの庭が山に戻っていくスピードに追い付かないようで、荒れ放題。
庭にたくさん植えられているつつじなんて、身長を軽々超えていて、見た感じもう手に負えない。
草取りと言っても小さな杉の木や山藤の根を引っこ抜いたりとなかなかの力仕事。
本当は雑草の一つもない、黒々とした土が目立つ庭はあまり好きではないけれど、実家の庭には山に戻ろうという強大な意志を感じたので、心を鬼にして切れるものは切り落とし、抜けるものは片っ端から抜いたのでした。庭なのだ、山ではないぞ!

そんな中での庭での発見。
発見その一。日本たんぽぽが生えていた。↑
小学校四年生くらいかな?国語の教科書に日本たんぽぽのことが出ていた。ガクが反り返っていないんだよね。f0171453_14530982.jpg
調べてみたら日本たんぽぽは在来種のたんぽぽの総称で、細かく調べれば正確な名前あるみたい。
どことなく遠慮がちで、セイヨウタンポポと比べると数は少ないようなので、日本たんぽぽは残しておくことにしたのでした。

←そして、その二。
庭に植えた覚えのない山椒が数本生えていたのでした。
で、葉にはもれなくこの子がいた。
パリパリパリパリと葉を貪っていた。小さいのにやるなぁ。
その旺盛な食欲に免じて山椒は残すことに。

その時にはわからなかったのだけれど、確かこの葉しか食べない!というような蝶の幼虫がいたと記憶していたので、蝶だといいな~と期待を込めて調べてみたら、ナミアゲハの幼虫らしいということがわかった。
山椒を含むミカン科の植物を食べるのね。ふむふむ。
この子が蝶の幼虫かどうか迷ったのは、記憶の中の蝶の幼虫って、チャギントンの黄緑いろのチャガーみたいな外見をしているからで・・・こんなだったか?と納得できずにいたけど、どうやら幼虫にも段階があるらしい。
この子は若齢幼虫。そして、記憶の中のチャガーそっくりの幼虫は終齢幼虫という段階。
この子もしばらくすると黄緑のチャガーになるのだなー。そしてそれから蝶になるんだよね。信じがたいけれど。
見届けることができないのが残念だな~と思う。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-27 09:00 | ダイアリ | Comments(0)

帰省中のこと

f0171453_13432853.jpg
土手を走り回るアキ。走るだけでなく、転がってみたり顔から草むらに突っ込んでみたり。子どもの世界には汚いものが落ちているかもとかそういう懸念は存在しないんだな・・・。
今日は生活を通常へ戻すためにせっせと動いている私。
テレビのリモコンとか、実家のものと自宅のものの操作方法がごちゃついている。

青森へは一週間ほど帰ったのでした。三番目の兄さんはお留守番。仕事と猫のお世話のために。
あまり旅行気分でいるのもどうかと思い、つつましく過ごすことを心がけていたけれど、振り返ってみると意外とあちこち足を運んでいたし、奇跡的な帰省時期の一致で、岐阜に住んでいる友人(とその旦那様と双子ちゃん)にも会えたのでした。
帰省していることはお互い全く知らなかったけれど、地元のお店で働いている同級生Uちゃんが橋渡しをしてくれた。
ちなにみ双子ちゃんとアキは同じ年生まれ。
「同学年だね~」と子どもたちを引き合わせたけれど、どちらにも笑顔はなかった。笑

帰省中の一週間、普段は一人静かに暮らしている実母は結構きつそうに見えたのでした。
静かな一人暮らしとねずみ花火みたなアキ(+私)がいる暮らしの落差は相当で、「疲れた」とは絶対言わないんだけど、その代わり常に「眠い」ともらしていた。
母の顔つきは日に日に険しくなっていき、もともと険しい顔つきの人なので、最後らへんは目から光が消え、苦いものばっかり食べ過ぎた鬼ばばみたいな顔をしていたのでした。
帰省は一週間が限度だな~と学習したのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-26 14:17 | ダイアリ | Comments(0)

ちょっと帰省

f0171453_22322134.jpg
ちょっと実家へ帰省していたのでした。
実家のそばの公園ではドロノキ(たぶん)が綿を飛ばしていた。
風にのって空を飛んでいく綿っこを見ていたら、一瞬「無」になっていたのでした。無になってたなってた。
座禅を組む時にはこういう状態になれば成功と言えるのかい?

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-25 22:39 | ダイアリ | Comments(0)

猫探訪

f0171453_12544469.jpg
近所の黒猫の巣があることを知ったアキは、黒猫を見つけるとずっと追いかけまわすのでした。
二匹の黒猫と暮らしているのに、まだ足りないのか。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-18 09:00 | ダイアリ | Comments(0)

少し複雑

f0171453_10362725.jpg
アキの作る行き止まりだらけの線路は見ていると楽しい。
改めて見ると、上手に線路を組み立てるようになった。買い与えた当初は逆にバラバラにしたがっていたっけ。

幼稚園のプレ教室へ行きだしたアキ。今週で二週目。
お迎えに行くと、教室での様子を先生がざっとお話してくれるのだけれど、半分くらいの子は泣いているみたい。
親が恋しいのか寂しいのか。時間が経つとその場に馴染んで遊びだすらしいけど。
お迎えの時なんて、満面の笑みで母親の元へすり寄っていく。ほほえましい光景だわー。
で、アキはと言うと帰り際に玄関で大泣きしているのでした。帰りたくないと駄々をこねている!アキだけ!
延々と家に帰りつくまで泣きづつけるアキ。
帰りたくないと泣くのはアキくらいなもので、うんうんそうか。そんなに楽しいならいいねと思う。通わせ甲斐がある。
でも、なんだろうこの心のモヤモヤ。
おうちだって楽しいはずなんだけどなぁ・・・。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-16 10:42 | こども | Comments(0)

f0171453_12553748.jpg
節電を心がけるようになり、毎月の電気代を気にして暮らしているのでした。
ところで、このお知らせ票と一緒にポストに入ってくるチラシがカラーから白黒になった。
経費節減の一つなのかな。いい心がけだけど、なんならこのチラシ自体不要です。

我が家の月々の電気代は以前は3000円を切ることが多かったけれど、電気代が値上がりしてからは3000円の壁が乗り越えられない。
今月は特に惜しかった!
月の電気代3千円+アルファってどうなんだろう。
高くはないけど、特別安くもないってところかな~?でも、我が家ではこのくらいの節電・電気使用で不便を感じず生活できる。
掃除機なしではアキの食べ散らかしや、猫の毛には対応できない。洗濯だって一日二回洗濯機を稼働させることも少なくない。
あまりキツキツに思いつめると面倒くさくなってしまうので、つらくない程度に節電。
でも、不必要な電気は徹底的に使わぬよう目を光らせている。

先日、益田ミリさんのエッセイを読んでいたら、ちょうど震災が起きた時期だったようで、節電についての話があった。
中でも「ドライヤーをかけている間は照明は消す。暗くても髪は乾く」という意味の言葉に納得。
読んでいるうちに、我が家にもまだカットできそうな電気がありそうで、うずうずしてきた。
無理せず、でも3000円切りを目指そう。

・・・DVD観る!と泣き叫ぶとか明かりのスイッチをいじりたがるアキが結構な強敵だったりするんだよな~。




[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-13 14:47 | 暮らしを見直す | Comments(0)

さとざくら

f0171453_12554588.jpg
今度は八重桜が咲きだした。あ、なんか可愛い。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-13 05:00 | 猫やら生き物 | Comments(0)

母の日

f0171453_12551728.jpg
今年、生まれて初めて母の日で感謝される側になったのでした。
散歩から帰ってきたアキの手にカーネーションとカスミ草の花束があったのでした。
三番目の兄さんに教え込まれたであろう「おかーしゃん、どうじょ。」もきちんと言えた。なかなか渡してくれなかったけど。笑

以前花屋に勤めていた時、母の日のカーネーションとカスミ草の花束は、おっそろしくつまらない組み合わせに見えていたのでした。
カーネーション(特に単色)の垢ぬけなさ。使い方なのだろうけど。
母の日の贈り物として花束を作っていても、無意識のうちにカーネーションを避けてしまい、勤め先のオーナーに「カーネーション使え!」と怒られた記憶もある。
でも。
アキから手渡された赤いカーネーションとカスミ草はとても綺麗で色鮮やかに見えて、素敵だった。
どわ~と夕立みたいに突然大量の涙が出たのでした。もっとかっこよく泣きたいもんだぜ!
そう、カーネーションは日持ちもする良い花なんだよ。
カーネーションと三番目の兄さんを見直すことができた母の日だったのでした。

私はきっとこの母の日はずっと忘れないと思う。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-05-12 13:11 | ダイアリ | Comments(0)