<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の餅つき

f0171453_08285481.jpg
今年の餅つきは臼と杵。
去年・おととしは餅つき要員が確保できずに餅つきマシーンを稼働させたのでした。(確か・・・)
準備が大変なのに、アキに餅つきを体験させてあげたいという義兄さん・義姉さんの計らいでもあり、有難いなぁと思う。
それと普段、義実家の農作業を手伝いに来てくれているKさんが、餅つき要員として来てくれたことも有難かった。
若い男手があると餅つきって楽になるものなのだなぁと実感した。笑

臼と杵での餅つきは正直本当に本当に大変なのですが、でもつきあがったお餅が違うんだよな~。
臼と杵のお餅は、搗き上がりがそこまで熱くないから扱いやすい。で、時間がたっても柔らかさが保たれるから成形しやすい!
機械で搗くと、地獄の業火並に熱い餅で、しかもあっという間に硬くなるので熱いのをこらえながらの成形になる。しかも、表面に皺が寄りやすい。
ご近所や、親戚、三番目の兄さんの会社の人たちなど餅を楽しみにしている人が大勢いるので、3升×7セット、餅をついたのでした。
この量は毎年すごいな、と思う。一般の家庭なのに。笑

小さな杵を用意できなかったので、アキは大きな杵で形だけ餅つきを体験させてもらった。
あんこ餅を作るのも体験できた。異形なものを作ったけど、みんなニコニコ見守ってくれた。
いいね、よかったね。君はみんなに愛されているラッキーな子だ。

私の今年は当然、子育てに明け暮れた年でした。
が、春からの幼稚園のプレクラス通い・秋からの幼稚園入園でだんだんとアキと二人きりの時間が減った年でもありました。
だからこそ一緒にいる時間が贅沢とか貴重だと感じたり、やっぱりメンドクサイ~一人にして~と感じたり。笑
どちらも本当の気持ち。どちらの感情もひっくるめて、いい思い出として後々の私の人生の支えになる・・・といいな。
育児真っ盛りにこのことに気づけたのはたぶん賢明なことだと思う。
来年もアキと一緒に成長できればいいなと思ったのでした。でへへ。

お手伝いに来てくれたKさんは「餅つきを甘く見ていた」と言い残して帰って行ったのでした。
そして、例年のごとくこのブログも餅つきの記事で〆。
皆様よいお年をお迎えください。

せば。今年は。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-30 08:41 | ダイアリ | Comments(0)

冬休み

f0171453_12280202.jpg
午前保育の日にうっかりお弁当を持たせた私。先生から電話をもらってしまった。恥
その翌日の終業式の日。午前までだというのにお弁当を持たせた私。先生から電話をもらってしまった。恥再び。
(午後の預かりがあるのかの確認と、お迎え忘れてない?という確認で必要。スミマセン・・・)
二日続けておうちでお弁当を食べることになったアキ。
でもお弁当を普段どんな風に食べているのか興味があったのでこれはこれで良しとしよう。
いつもは残さず食べてくるけど、家ではこの半分は残した。
お友達と一緒に食べる効用なのかな。

今日からは冬休み。
アキは幼稚園の預かり制度(時間外保育)を利用して、幼稚園へ行っているのでした。
「アキ君、預かりで園に残る子たちが羨ましいっていつも帰る時間に泣くんです・・・」と先生から話を聞いていたので、早速経験させてみる。
というか、私の自由のために!笑
クリスマスツリーを仕舞って、年賀状の残り4枚を書き上げて、手紙を書いて。とりあえずやっとかなきゃということは終えた!爽快!
さぁ・・・もうそろそろお迎えの時間が迫ってきています。
私の自由な時間は来年の・・・1月の末頃までなくなります。ああ・・・。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-26 12:51 | こども | Comments(0)

来た

f0171453_15315666.jpg
いい子にしていたら来るよ~というサンタさんが、我が家のアキにも来てくれたのでした。
なんて寛大なサンタさん。笑
今年は(今年も)チャギントンの木製レールと仲間の追加。だんだん規模が大きく遊べるようになってきた。
アキは早速もらったおもちゃで遊びながら「サンタさん来たんだねぇ~・・・」とつぶやいていた。
来年はもう自分でコレ!とほしいおもちゃをリクエストしてきそうだから、木製レールを足していくクリスマスプレゼントは今年でおしまい。かな?

夜中に起きだして、ドキドキしつつかくしていたプレゼントをツリーの下に置いたのでした。
プレゼント貰えるし、サンタクロースという特別な存在がいるし、なんか知らんがごちそうだって食べられちゃうし、子どもっていいな~なんて思っていたけれど、クリスマスは案外親も楽しいものなんだなぁ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-25 15:39 | こども | Comments(0)

豊平川さけ科学館

f0171453_09442805.jpg
今年はタイミングが合わなくて、近所の川のさけの遡上が見られなかった。
川の脇の公園へ行くたびに私が「さけ、いるかな?」「今日はさけ、いないかな?」と言っていたので、アキも気になったらしくさけ!さけ!と騒がしかったので、豊平川さけ科学館へ行ってみたのでした。
私のせいなのに、騒がしいとか言ってごめん、アキ。

科学館、初めて行ったけど静かでモーター音とか、ごぼごぼいう水の音とかで、なんだかとても落ち着いた空間だったのでした。
意外と人は居た。子ども連れが多かった印象。
建物が古くて、それもなんだか素敵に思えた。
さけ科学館というからには、さぞ鮭のあれこれが~というかそんなに鮭に秘密があるのだろうか・・・と思っていたけれど、豊平川の魚とかカエルもいて鮭ばかりではなかった。
鮭にさわることができるイベントがあって、触ってみたけれど、ザラリとしていて、でも冷たくはなかった気がしたのでした。

ちょうど朝食に鮭の切り身を出した日だったので、「このおさかな、朝に食べたね~」とアキに言ったら、「何言ってるの?」という顔で見つめ返された。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-22 10:06 | Comments(0)

初そり山

f0171453_05412962.jpg
今年初そり山へ。
初なのは私で、アキは何度か三番目の兄さんと遊んでいるのでした。
そりで滑ることができる小さな山と、スキーの練習に使える大きな山があり、大きな山へ誘ったけど「大きな山は怖いから行かない」とアキにはあっさり断られ。ええ~・・・
確かに大きな山は怖い。
特にカッチカチな雪になっているときには、高さも恐怖だけど転んだら痛そう!という恐怖がすさまじい。
それと、雪がカッチカチな日はどこまでも滑っていくから、下で歩くスキーを練習しているおじさんに「コースを壊すな!」と怒られるっていう恐怖もある。
けど、この日はふっかふかの雪だったので、スピードもそんなに出ないだろうとむしろ滑ってみたくて、大きな山から滑り降りてみた。
私だけ・・・私一人で・・・。
アキは母親が一人そりで遊ぶ姿をただ眺めていたのでした。
そり、すっごく楽しかったです。

私、一度も転ばず上手に下まで滑り降りたので、他の子どもたちに「おお~」って賞賛の声を頂戴したよ。
君たちはね、怖いからってそりの中で動いちゃうから途中で落ちちゃうんだよ~。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-21 05:49 | こども | Comments(0)

クリスマス会

f0171453_09403587.jpg
幼稚園のクリスマス会の様子。
年少より小さいアキはサンタクロースさんからプレゼントをもらうところだけ、参加させてもらえたのでした。

しっかりお勉強系ではない幼稚園なので、出し物の最中も自分のお母さんを客席に見つけて手をふったり、自分の出番でも壇上に登らないなど自由な子どもたち。笑
でもそれが子どもらしくほほえましかったのでした。
よく頑張ったな~子どもたち。それと先生も。
来年はアキも出られるので楽しみにしよう。
親としては、子どもの服装や観賞時の雰囲気などいい予習になったのでした。

考えてみたら、幼稚園くらいの子の出し物を見るって人生初だ。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-17 09:46 | ダイアリ | Comments(0)

サンタクロースに出会う

f0171453_09373287.jpg
ミュンヘンクリスマス市でサンタクロースに出会ったアキ。
「プレゼント、クリスマスに下さいって言ってみな~」とアキを誘導したら、緊張しつつすごく小さな声で「ください」だけ言えた。
サンタクロースは「いい子にしてたらあげるよ」と流暢な日本語で答えてくれたのでした。
サンタさんに会った効果があったのかどうか、正直よくわからないけど、おもちゃの後片付けをしないとかそういう時に
「よい子にしていないとプレゼントないよって、サンタさんが言っていたでしょ。よい子は後片付けもちゃんとするよ!」
と言うと、神妙な顔をするようになった。
神妙な顔はするけど、後片付けは相変わらずあまりしない。

クリスマス市、久しぶりに行ってみたけれど昔より観光客の姿が目立つように思えたのでした。
アキはアジア方面からの観光客さん方に、かわいいかわいいと言われていた。
以前の登別の旅行でもやはり中華系の観光客の方々に「写真OK?」とアキを抱えて写真を撮られたりしていた。
なんだろう?アキはアジアの方限定でかわいいと感じる顔つきをしているのかも知れない。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-15 09:56 | こども | Comments(0)

忘年会

f0171453_15560223.jpg
幼稚園の保護者の忘年会に参加したのでした。
10月からのニューフェイスな私。
他の保護者の方々に顔を覚えてもらえればいいな、と緊張して参加したけど結果楽しかった。しかもすごくだ!笑
同じくらいの子を持つ親たちの集まりなので、思った以上に話が合って(当然ですな)ずーっとおしゃべりしていたような気がする。
他のお母さん方のおされなこともすごく刺激になった。
みんな育児で、仕事で、家事で疲れているなんて微塵も感じない。手もきれいだったな。見習わないと。
ああ、素敵な夜だった。

ちなみに忘年会は後日聞いたところによると二次、三次会まで続いたらしい。
すごい体力。
私は一次で退散し、アダノンキへ久しぶりに足を踏み入れてみたのでした。
忘年会後にアダノンキへ行くことは、実は忘年会に参加すると決めた時から画策していた。
が、運悪くふーさんには会えなかった。これはまた次の機会に。
お酒入って一人で夜の道を歩くって新鮮で自由。なんという開放感。
昔なら当たり前にできたことなのにな~なんて思いながら帰路についたのでした。
帰りのバス、自宅そばを通る路線のものは時間が合わなかったので、自宅方面を通る別の路線のバスに乗って、近くで降りて歩いて帰ろう~と思ったのだけれど、想像以上に遠かった。
40分は歩いたかな。いい酔い覚ましになってしまった。ふふふ。
雪がまだ降る前で良かった・・・。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-09 16:08 | ダイアリ | Comments(0)

土曜日のクリスマス会

f0171453_10193066.jpg
新聞社主催の子ども向けのクリスマス会へ参加してきたのでした。
はがきで応募して見事当選!というか応募さえすれば参加できる類のものかもしれない。

ピエロのハラハラショーとバルーンアートショーと歌と。
どうやらアキはピエロが怖かったようで、最初のピエロ登場で固まってしまった。実は私もちょっと怖かった。
しかもそのピエロに膝の上に座られた。重い!なんならちょっと痛い思いもしたけど、その後のフォローは特になかった。
会場に登場した巨大バルーンを観客みんなで力を合わせて動かしてみたり、一緒に手遊び歌をうたったりしたのだけれど、アキは途中で飽きてしまったのか床に座り込んだり、立ち上がってみたりとひやひやした。

ショーとは別に、なんだか私は配られた紙の三角帽を喜んでかぶる子どもの素直さにジーンときていたのでした。
子どもって純粋なんだなぁ。かわいいものなんだなぁ。
一人勝手に感極まる私。
それと、満席の予定と聞いていたけど完全に埋まらなかった座席に子ども連れでの外出の難しさを感じたのでした。
子どもって本当に狙いすましたように予定のある日に熱出したりするんだよね・・・。
まぁそれぞれに来られなかった理由はあるのだと思うけれども。
新聞社主催だけどお菓子メーカーが協賛していたので、帰りにはお菓子のおみやげをいただいた。
アキは「楽しかったねー」と言い、帰りのバスの中でもクリスマス会で歌っていた歌を何度もおぼろな歌詞でうたっていたのでした。
あ、あんなに飽きているような態度だったくせにー。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-08 11:35 | こども | Comments(0)

なんとなく忙しい日々

f0171453_10170670.jpg
アキの週5日のお弁当も本格的に始まり、私の時間は増えた・・・はずなのですが、なんだか毎日忙しいのでした。
何だろう?よくわからないけど、忙しい!
なんやかんやと時間は無くなっていくんだよなぁ。
気持ちに余裕がないのか、それとも動きが鈍いのか。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2014-12-08 10:19 | Comments(0)