<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

すもう大会

f0171453_09354344.jpg
神社の春のお祭りのこども相撲大会に、幼稚園帰りに参戦。
去年、プレクラスに通っていた頃にこのこども相撲大会のことを教えてくれた人がいて、ずっと参加させたいな~と思っていたのでした。
願いがかなった。私の、だけれどもな。

年齢別でグループ分けされて、同じ年の子と対戦。勝敗でいただける景品がちょっと違う。
アキは次が自分の出番だとなると気持ちが競って土俵に乱入→行司さんに追い出される→怒られたと怯え対戦待ちの子の最後尾に隠れる・・・を延々と繰り返し、結局最後に一人余っちゃった。
でも、対戦相手がいないということで、札幌の相撲関係の何かの会の理事だか(かなり曖昧 汗)?まわしを締めたお相撲さん先生と対戦することになったのでした。
押して引いてのなかなかのやりとりのあと、押し出してアキの勝ち・・・んん、勝たせてもらった。
勝手気ままに走り回るアキにはかなりイライラしたけれど、結果オーライだ。

出店も出ていて、アキの目はキラッキラ。
そうだよね~夢のようだよね~汗
アキは「宝石すくい」なるアクリルの小さなおもちゃをおたまですくう屋台と、車輪のついた風船に夢中。
風船に関しては全く買うつもりはなかったのだけれど、アキが「これ欲しい」と言った瞬間にお店の人がアキに手渡しちゃった!
おのれ~と苦々しく思ったのだけれど、さすがに子どもの手から風船を取って返すのはできずにお買い上げ。700円だって。高!
宝石すくいだって、大人から見たらこれが500円?というものだったのだけれど・・・ふひ~。
これ以上ない無駄遣い気分だったけど、アキにとってはどちらも宝だと信じたい。大事にしてほしいけど、もうすでに部屋の中で放置されているのよね。
お祭りの屋台ってその瞬間のきらめきを買うんだな。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-28 09:53 | こども | Comments(0)

予行

f0171453_10034791.jpg
今度、幼稚園のママさんたちと一緒に行こうとしているソフトクリームのお店へ行ってきたのでした。
勝手に一足早く。笑
そんな約束をしているんだ~♪と我慢できずに話したら、疎外感を感じた三番目の兄さんがどうしても行きたがったのでした。
三番目の兄さん=ソフトクリーム大好きおじさん。

実はこのお店、アキと同じクラスの子のママさんが働いている。
行くたびにワイワイとお客さんで盛況なお店なのだけれど、一瞬だけ店内に我が家だけという瞬間があったのでした。
静かで心地よかったなぁ。
壁には以前は切り絵の赤とんぼの額がかけられていたのだけれど、うろこのような、百日草の花びらのような紅い絵に掛け替えられていたのでした。
これもまた店内の静かな色合いに映えて素敵だった。
ソフトクリームも満喫してのびのび過ごしたのだけれど、私はまたすぐにママさんたちとこのソフトクリームを食べられる。そう思うとすごくわくわくする。うひひ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-25 10:15 | ダイアリ | Comments(0)

お友達と出会う

f0171453_08041421.jpg
公園で遊んでいたら幼稚園のお友達と遭遇。

お友達の子はちょっと恥ずかしがり屋さんで、いつも(幼稚園)と違うシチュエーションに戸惑ったのかしばし、知らんぷり。
アキはそんなお友達のそっけない態度にへこたれることなく「Tくーん!Tくーん!」と大絶叫して自転車で執拗に追いかける。
明るい(?)ストーカーみたいだな・・・。
写真は出会ってしばらく経って打ち解けたころ。
打ち解けるとすごく仲良しな二人なのです。ふふ。

アキは幼稚園に入園する前からそうだったのだけれど、自然とお友達と遊ぶことができるのがすごいと思う。
いつの間にか人の輪に入っていて、笑いあっている。
幼稚園でもその特技はいかんなく発揮されているようで、春からの新入園のお友達と満三歳入園の子らの間には見えない壁のようなものがあるようだけれど、アキにはそんな壁は存在しないと先生から聞いた。
私も三番目の兄さんも人見知りまではいかないけれど、そんなに簡単に知らない人の懐に飛び込む勇気は持ち合わせていない。
アキは誰に似たんだろうなぁ。
たまに三番目の兄さんとそんな話をするのでした。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-16 08:15 | こども | Comments(0)

初めてのこと

f0171453_05365817.jpg
里桜が満開!・・・をちょっと過ぎだした。
去年はちょうど咲く時期に帰省したので、みられなかったのだけれど今年は満喫できた。
すごく綺麗で豪華!花だけれど、たわわ。風に花でしなる枝が揺れる。

つい最近、初めてのことが二つあったのでした。
一つはこのたわわな里桜が咲く公園でダンゴムシを見た、という出来事。
大自然に囲まれて育ってきた私だけれど、虫も比較的怖くない私だけれど、ダンゴムシは見たことなかった。
ワラジムシならありますが。笑
見つけたときにもしや、と思い指でちょんとつついてみたら本当に丸くなった!まん丸くなったー!掌に乗せても可愛い♪
思わず大声で「ダンゴムシ見つけたー!」とアキに教えたら、周りの子どもたちが一斉に駆け寄ってきた。
子どもはみんなダンゴムシが好きなのね・・・。
テレビの子ども番組でお馴染みのダンゴムシ、やっぱり地域柄見たことないって子もいたのでした。
ちょっとかわいそうなくらい子どもらに何度も丸められて、最終的には虫博士みたいな子が遠くで放してくる、と持って行った。

もう一つはネイルサロンへ行ってみたこと。
今までなんとなく「私ごときが足を踏み入れていい場所ではない」と思っていたのだけれど、日々の家事でぼろぼろの爪。
幼稚園のママさんがたに聞いてみたら、爪を保護する意味でもジェルネイルを勧められた。
そのじぇるねいるとやらをお願いしてみようと、思い切って予約を入れて、ドキドキしながらサロンへ行ったのだけれど、
「あらあら、場違いな小汚いおばさんが迷い込んで来たわ。笑」
なんて言われることもなく、店員さんに爪を綺麗にしてもらえたのでした。ついでに爪の形を短めに整えてもらったのでした。
いや、そんなこと言われるわけないのですがね・・・なんというか自分に自信がないのかなぁ、私。
今のところすごく快適です。ネイルしてもらっている間、なんかすごく気持ちが昂った。
たまにこういう初めてがあるといいもんだなぁと思ったのでした。





[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-12 05:57 | ダイアリ | Comments(0)

黒曜石の道

f0171453_05563965.jpg
またGWの旅の続き。
白滝のジオパークの展示室の中にある黒曜石を敷き詰めた道。
そうそう、これを以前新聞でみて、ゴールデンウイークにこの辺りに行こうと決めたのでした。
館内黒曜石だらけで、興奮した~・・・のだけれど、暗い室内に黒い石の展示。この雰囲気をアキが怖がり「早く出たい」と大泣きされてしまったのでした。
もう泣かれては仕方ないので後ろ髪をひかれつつ、早々と館内を後に。母はもっとよく見たかったのだよ。がっくり。



旅の続き
[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-09 06:13 | ダイアリ | Comments(0)

あんまりきれいなものだから

f0171453_18144717.jpg

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-08 18:14 | フォトス | Comments(0)

丸瀬布のSL

f0171453_05550400.jpg
今年のゴールデンウイーク、我が家ではSLに乗ってきたのでした。
かつては材木を運んでいたという小さなSLで、ゆっくりゆっくり煙を吐き出して進む。
機関車トーマスのキャラクターならパーシーかな。

丸瀬布のいこいの森というところ。
本来のゴールデンウイークのお出かけの目的は、「この丸瀬布の近くの白滝周辺で黒曜石を拾うこと」だったのだけれど、それだけじゃアキが絶対退屈するに違いない!と見つけたSLだったのでした。
石炭の匂いがふとしたときに匂って、三番目の兄さんは「石炭ストーブの匂いがするなぁ」なんて言うし私もなんだか懐かしい匂いだな、なんて思ったのだけれど、考えてみたら私石炭ストーブなんて生活の中で使ったことがない。
でも懐かしさを感じたのは本当で。小さいころとか知らずに石炭を使った何かと触れ合っていたのかな。それとも、懐かしい雰囲気に飲み込まれての思い込み?
公園の中を走るから、園内でキャンプをしている人たちや撮り鉄(というのかな)の方々が乗客に向かって手を振ってくれたのでした。
アキも手を振り返して、「おーい、これSLだよー!」と窓から叫んでいた。
それはみんなけっこう知っていると思う。

人は少なくなかったけれど、何時間も並ばずにすぐに乗ることができたのがありがたかった。
できれば並びたくはない私。
これが札幌近郊でのイベントだったならきっと大混雑だったろうと思ったのでした。


ほかSLの写真
[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-07 05:59 | ダイアリ | Comments(0)

気になるおたま

f0171453_18535619.jpg
卵から孵ったおたまが気になって仕方のないアキ。
水槽の中では小さなおたまじゃくしがうようよしています。
昔、子どものころ田んぼで見たおたまじゃくしはサイズがまちまちで、それはきっとカエルの種類が違うのだろうと子どもながらに考えていた。
もちろん種類の違いもあるのだろうけれど、孵ってからの時間の違いだったのだな・・・と今になってわかった。
・・・おなかの部分に渦巻模様のあるやつもいたなぁ、とか、田んぼの水ぬるかったなぁ、とか、本当にどうでもいいことも次々思い出すおたまと一緒の春。笑

水槽の中のおたま、アキも夢中で見ているけれど、こじさん(猫)も夢中で見ているからちょっとドキドキ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-05-02 18:17 | こども | Comments(0)