<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

古い編み物の本

f0171453_05532566.jpg
別冊手あみ 模様編880集 昭和48年
ヤングミセスの編みもの 昭和48年
ちひろのニットの絵本 平成4年(1992年)
気に入る本を見つけてほくほく。(*^-^*) ←こんな感じ。

別冊手あみとヤングミセスの編みものは帰省の際に発見したもの。
ちひろのニットの絵本はブックオフで100円。20%オフセールをしていてこの本も対象だったのかなぁ?よく確認すればよかった。
けれど、これは100円以上の価値あり!と思わず嬉しくなった1冊。
岩崎ちひろの絵とか色遣いをもとにした子ども用のセーターなどが載っていてとてもきれい。
当然古さは感じられるものばかりなのだけれど、男の子のものなんかは長野まゆみのお話に出てくる男の子を彷彿とさせるような気がして、お気に入り。
f0171453_20063961.jpg

 別冊手あみは、とにかく模様のできる編み方がたくさん載っていて、中には難解なものも。
目で編み図を追ってみるのだけれど、どうしても途中でわからなくなるものがあるのでした。
いつか今よりも編み物に慣れてきたら読み解けるのだろうか・・・私。
880もの編み模様も圧巻なのだけれど、ときどき混じる挿絵がなかなかの趣。探してまで見ちゃうのね。
青森から帰ってくる船の中でもこ本を見るだけでだいぶ時間を潰せた。
時間をかけてみていこうと思っているところ。
 
 ヤングミセスの編み物は、モデルさんの写真も満載で一番時代を感じる一品。
後半はLサイズミセスのための編み図となっていて親切。笑
ニットのワンピースとかパンツとか大物も編んじゃう!
モデルさんの中にとても美しい人がいて、今は何をしているのかなとか思いを馳せてみたり。
ナイトスクープに依頼してみようかとも一瞬頭をよぎるけど、実際そこまでして見つけてもらって・・・どうする?

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-29 20:32 | | Comments(0)

栗山農業資材店

f0171453_05505807.jpg
もうこの建物での営業はしていないようですが。
星に栗がかわいらしい。

栗山農業資材店。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-24 05:52 | | Comments(0)

しゃんこしゃんこ

f0171453_17591617.jpg
今年は近所の盆踊り大会に参加。
おととしは会場へ行ってみたけれどアキが乗り気にならずスゴスゴ退散したんだった。
去年はそのトラウマがあり参加せず。

さて今年は・・・アキはやっぱり尻込み。すぐに帰りたがったのでした。
実は小心者気質、ここでもいかんなく発揮。
帰りたがるアキをなだめていたら、幼稚園で同じクラスの女の子がアキに気づいてくれて、手をひっぱって踊りの輪の中に入れてくれたのでした。あなたは天使ですか。
アキはかっか(母)と一緒じゃないと嫌!とさっきまでぐずっていたくせに、女の子の前でかっこつけたくって一人にしろと言い出した。
「遠くで俺を見守れ!」と。
女の子数名と楽しそうに踊るアキ。照れるような顔をしたり、女の子たちを笑わそうとおどけてみたり。
おうおう、ずいぶん私が相手のときと態度が違うじゃないのさ。
わが子の知らない一面を見た気分。
妬けるわ・・・笑
でも女の子たちのおかげで、アキも無事に最後まで子ども盆踊りを全うでき、今年は参加賞のお菓子をもらえたのでした。
妬いている場合じゃないわ、感謝しなきゃな。

私は今年、やっと子ども盆踊りの振付をマスターできたのでした。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-21 18:15 | こども | Comments(0)

早朝に体操

f0171453_19030361.jpg
近所の公園で早朝にテレビ局のイベントが。
黄色いのはテレビ局のキャラクターで、みんなでオリジナルの体操をした。
桃色のタンクトップの子がアキ。
こういう着ぐるみくんには背中を押してあげないと近づいて行けない臆病なところがある。

子どもも多い会場だったけど、スタッフの人たちはみんなフレンドリーで好感が持てたのでした。
周りの人々を画面に映りこむ汚れみたいな扱いをしていた、以前遭遇した民放ではないテレビクルーとは大違い(毒)
とりあえず今回で、私のテレビ局の人たちへの誤解は解けた。
アキは幼稚園のお友達数名とはしゃいで広場を走り回り、体操なんておかまいなし。
アキもお友達と久しぶりに会えて楽しそうだったけれど、私も私でママさん方に久しぶりに会えて嬉しかったのでした。
早朝にみんなで体操なんて夏休みっぽい!
みんななんとなく画面にわが子を写したくって「ほら、あっちへ行ってごらん」なんてカメラが写している方へ子どもらをいざなってみたり、「前見て!」と指示したりステージママ気分。子どもらは一向に言うこと聞いちゃくれなかったけど。
ああ、私も体操なんてお構いなしだった。反省。
なんか私たち、親っぽいことしてるな~とちょっと照れた。

で、そのステージママの成果。
後から確認したら、アキはテレビの画面にはほんの少しだけ映りこんでいたのでした。なんだかすごく困った顔をして。笑
どうしてこんな顔?って本人に尋ねてみたら
「クリニー(アニメのキャラクターで困り顔の道路清掃車)の真似したんだよ」だそうだ。
なんでこのタイミングで急に顔真似初挑戦するんだ・・・



[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-16 09:36 | ダイアリ | Comments(0)

帰省でしたこと トンボ

f0171453_13060772.jpg
羽黒とんぼ。
小学生のころに一度だけ、小学校の体育館へ迷い込んだ一匹を見たことがあり、私の中では珍しいとんぼと認識していたのだけれど・・・気が付くといっぱいいた。驚!
祖母の家の前を流れる川、温泉の前の池、町営プール、街路灯の下、実家の庭・・・どこでもいますけど。
えええ・・・?
子どもの頃にはそんなにいなかったでしょう?!私が気が付かなかっただけで実はいっぱいいた?f0171453_13192385.jpg
見たことなかったけどなぁ・・・ぼーっとした子だったから見ていなかったのかな、私。

今回せっかく夏に帰省なのだから、とオニヤンマを捕まえる気満々だったのだけれど(私が、です)結局捕まえられなかったのでした。
彼らの飛行するルートを見つけ待ち伏せして、と結構頑張ったのだけれどこの待ち伏せをアキが許してくれず。すぐに飽きちゃうんだよね。
オニヤンマの手触りを思い出したかったなぁと少し残念ですが、オニヤンマはまた次回とする。
ちなみにセミは捕まえることができた。
木にの高いところにとまるセミを見つめていたら、自ら私の手の届く位置まで幹をズリズリ下がってきてくれた。思いが通じたのだろうか・・・。
セミを初めて触ったアキ。すごく恐る恐る。→
どう?と聞いてみたら「なんかカシャってする」と言っていた。カシャッとする・・・。
わかるようなわからないような。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-11 13:30 | ダイアリ | Comments(0)

帰省でしたこと

f0171453_14285448.jpg
小川原湖でしじみ採り。最高気温36度の日に。笑

夜勤明けの実母を静かに眠らせてあげようと朝からアキと二人で小川原湖へ。
画像は湖からの帰りの電車なのだけど、一番前に乗せてもらえた。
すごく臨場感があり、大人でしかも特に鉄道に興味があるわけでもない私もわくわくしたのでした。
本当に車両の一番前だったから、駅に到着したときにホーム上のお客さんが一律「誰?」って顔をしたのが面白かった~。ふふふ。
ちなみに、ひとつ前の記事の画像は小川原湖。船はおそらくシジミ採りの船だと思われます。

小川原湖へ、なんて簡単に言ったものの自力では行ったことはなかったのでした。
行ったのもうんと幼い頃だから・・・小川原湖は30年ぶりくらい。
行ったことない、と言い切ってもいいレベル。笑
青い森鉄道にのり、上北町駅からはタクシーで。900円くらいの距離。
駅から湖までも公共の交通機関があればそれを使いたかったのだけれど、駅前には手がかりがなくて、無念の気持ちでタクシー。
それでも親切な運転手さんが湖素人の私にいろいろ湖の遊び場についてや、しじみ採りについてなど教えてくれたので、乗った甲斐はあったと思う。
ちなみに列車内では一人きりで電車に乗るYちゃんという女の子と一緒になったのでした。
おばあちゃんの家へ一人で行くという子で、降りる際に切符をどうすればいいのか、それがわからなくて不安でとても心細そうだったのでした。
わかる。わかるよ。初めてって怖いよね。
話を聞いてみると同じ駅で降りると言うのでおせっかいを焼いた。
迎えに来ているはずのおばあちゃんが少し遅れて駅に来るまで、Yちゃんと一緒に待ったのでした。f0171453_14290296.jpg

小川原湖ではしじみ採りの人が割といて、みんな遠浅の奥のほうで採っていたのでした。
アキがいるので奥までは行けず、岸に近いところで湖底をほじほじしたのだけれど、それでも大きめのしじみがお味噌汁にちょうどいいくらい採れたのでした。
湖だから波も穏やかで冷たくなく、アキも楽しそう。
帰りはタクシーの中で見つけたバス停で時刻を見るか、それとも湖畔にあるお店でタクシーを呼ぼうか・・・どのみち面倒くさい・・・そう考えていたのだけれど、そんなとき奇跡が起きたのでした。
電車で一緒だったあのYちゃんも湖へ遊びに来て、しばらく一緒に遊び、Yちゃんのおばあちゃんが朝の電車のお礼にと、車で駅まで送ってくれたのでした。
厚かましくお菓子ももらっちゃった。
朝慌てて家を出たから食料を持たずにいたので(飲み物はさすがに持っていた)、アキともりもり食べた。
たまたま一緒の電車に乗り合わせただけなのですが(汗)でも、本当に情けは人のためならずだなぁなんて思いながら車に乗ったのでした。

以前、一緒に旅行に出た友人が旅先でちょこちょこいいことがある私に「何か持っている!」と褒めてくれたことがあったけど、本当に私には旅運があるのかもなんて思わせる、とてもうれしい出来事だったのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-08 15:16 | ダイアリ | Comments(0)

帰省から帰省

f0171453_07532826.jpg
ただいまーと帰省から帰ってきました。
およそ2週間の帰省中、運転免許のない私はアキと一緒に暑い中、田舎のすこぶる不自由な公共交通機関をフルに活用していろいろ体験したのでした。
アキが成長したおかげで、だいぶ行動の自由度が上がり(言うことはまるで聞かないけれど)、楽しかったという思いが強い帰省となったのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-08-08 07:56 | ダイアリ | Comments(0)