<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こじのこと

f0171453_20185219.jpg
すっごく散らかった部屋の様子ですが、懐かしい写真。まだコジさんのほうがアキより大きい。
北海道に雷がどんごろなっていた日、猫のコジに異変があったのでした。
もう2週間くらい前になるか。
当たった、という状態のようで、左半身が動かせなくなってしまったのでした。
目も左目だけ瞳孔開きっぱなし。
体の半分が動かせないものだから歩こうとしても回転して転んじゃう。
アキを幼稚園から連れて帰って来たら、すでにそんな状態になっていた。

これはまずい!と慌てて近所の病院へ駆け込んだのだけれど、高齢という理由でどうしてそうなったのかは検査できないとのこと。
検査できないことはないが、身体への負担が大きすぎる、というのは素人の私でも理解できた。
検査ができないため、原因がわからない。故に処置のしようもないのだそうだ。
そして回復は望めないとのこと。
そういうものなんだな。
急に始まった介護生活に大きな不安を感じたのだけれど、老猫の死に向かっての1パターンとして受け入れて、このまま特に何をすることもなく様子を見ることに。
正直コジさんの様子からして長くはないのかも、と思いもあったのでした。


で、およそ2週間経過した今。
人間側も、コジさん自身も探り探りの生活だったのだけれど、コジさんは翌日から傾いでいるけれど立ち上がり、転びまろびつも自由に動き回り、餌をもりもり食す。
食卓におかずで魚を出せば、私にもよこしなさいと隣へやってくる。
トイレもきっちり。粗相はない。
不自由な体を引きずってトイレへ向かう様子は健気で健気で。
「あんた、そこまでしなくても・・・」とつい思う。(してくれるとありがたいのだが)
夜中だけは動き回って音がうるさいので、ケージの中へ。
今のところ、暮らしの変化と言えばそれくらい。
それくらいだけれども、徐々に痩せていっているのがわかる。だんだんと眠っている時間が増えていっているのも実感している。
急変、ということもあり得るのだと獣医師さんの説明にあった。
コジさんはもう人間だったら90歳オーバーの老猫だから、そうだな、覚悟しておかねばいけないのだな。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-29 11:28 | 猫やら生き物 | Comments(0)

年少さんの運動会

f0171453_18535511.jpg
お天気が心配されたけれど、なんとか無事に終わったアキの運動会。

本当に今回はお天気にやきもきした。はっきりしないんだもんなぁ。
当日の朝だって、地面はどうやら明け方に降った雨でさら~っと濡れていて、でも今のところ雨は降っていないししばらくは降らなさそうだけど、西のほうにはどす黒い雨雲が見える・・・とどう判断すべきかよくわからないお天気だったし。
もし雨だったりグラウンドの状態が悪かったら、体育館での開催となり、そうなるとギャラリーも子ども達ももぎゅうぎゅうの運動会となるところだったのでした。
入場開始の頃に小雨がぱらついたけれど、あとはどんよりはしていたものの運動会の時間は降らなかった!

アキは幼稚園の運動会は今年が初めて。
去年かけっこに参加したけれど未就園児さんとしてだったものね。
子どもたちのつたない様子に心和んだのだけれど、でも子どもは一生懸命なんだな~と思うと目から水分が。
もう年長さんたちの応援合戦とか、年長・年中合同リレーとか・・・思い出してもぐっとくる。あ、あと年長さんの選手宣誓も。
と、無関係の年長さんにばかりに心揺さぶられた私。
今からこんなんだったらアキが年長さんになったとき、果たして私はどうなるのだろう。
アキたち年少さんたちも当然かわいらしかったのだけれど、小さいものがわちゃちゃ~という感じだけで、あんまりぱっとした出番はないのね。



[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-16 05:51 | こども | Comments(0)

今年は成功 ポッピンコ

f0171453_11205096.jpg
今年はポップコーン用のとうもろこしがうまくできたのでした。
炒ってみたらちゃんとできた!
苗を植えたばかりのころはあまり雨が降らず、成長できずに枯れちゃう株もありヤキモキしたのだけれど、立派になりおって・・・!
気が向いて試しに炒ってみたのだけれど、ようし、幼稚園からアキが帰ってきたら食べさせよう。ふふふ。
アキはそろそろ幼稚園の運動会があり、毎日「あっかっぐっみぃファイト~♪」と赤組を鼓舞する歌をうたっている。白組なのに。

ちなみに、枯れた苗のところには義母さんがいつの間にか別の品種のトウモロコシを植えていた。
二つの品種の花粉が混じり、義母さんが植えたトウモロコシのほうは粒が固かったり柔らかかったり。
そちらは茹でて食べたのだけれど、不思議な食感だった。
そういえばポップコーンとうもろこしには混じりはなさそう。そういうものなのか。

出荷する農作物のとうもろこしの畑とは離れた場所(自家用野菜の畑)でのことなので、他の品種には混じっていませんよ。
心配ご無用。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-08 11:33 | ダイアリ | Comments(0)

小学生のころ

f0171453_09422478.jpg
実家にて母からこんなのいっぱいあるんだけど、どうする?と聞かれたのでした。私の小学生のころの本。
とりあえずそのまま保管。

それにしても懐かしい。今見返すと、内容を覚えているものと、そうでないものと。
内容関係なく挿絵だけはよく覚えていて、挿絵の効果ってすごいんだな~と実感したのでした。
 三匹のおばけは妖怪のお話で、キジムナーの話は怖くないのだけれど子ども心に印象深く時々思い出す。
たぬき先生大実験は奇想天外なお話なのだけれど、ぞうのおちちとか、巨大でしゃべる虫歯菌とか私にはちょっと気持ち悪かったな~と思いだした。
 やっぱりおかしいは、実は読んでいない。と思うんだよなぁ。そんな記憶すら曖昧。
小学校1年生のときに何を思ったのかうっかり親に相談なく買ってしまった小学6年生向けの本。(で、両親にえらく怒られた記憶付)
6年生になったときに読めばよかったのだろうけど、なんだか手にとるのすら億劫に感じそのまま・・・そのまま・・・。
f0171453_09423816.jpg 
 へんなこがいっぱいは子どものころ読んだときは「ふーん、そっかーそうだよねー」くらいしか思わなかったけど、読み返したら素敵なお話だった。
何より子どものころにはへたくそだなぁと思っていた挿絵が長新太!うぉう!
 新渡戸稲造の伝記は記念館で購入したもの。
裏表紙に汚ったない当時の私の字で(しかも極太マジックで)氏名と1月に買ってもらった!と書いてあり、記念館来館記念スタンプが押してあった。
新渡戸稲造記念館、ちょっと市と問題になっているとテレビ番組で取り上げられていたけれど、大丈夫かな・・・。
とはいえ、この伝記は読んだな~と記憶している。
アクチーブというニックネーム、亡くなった息子さんは遠益と書いてとおます。
あらためて読んでみたけれど、新渡戸稲造ももちろん立派な人だけれど、事業失敗して自身の生活に困っているのにもかかわらず稲造のために留学費用をポンと出したおじさんが偉い。
伝記って好きで、ヘレンケラーの伝記ではおまけで載っていた指文字を覚えた。
エジソンもモーツァルトもシュバイツアーも、とメジャーどころは一通り読んだ覚えがあるけれど、シュバイツアーって何した人だ?

ページをめくっていたらいくつかの本には四葉のクローバーが挟まっていたのでした。
これ、実は今でもやる。笑
四葉のクローバーを探す小学生女子から、幸せを探し求めるメルヘンおばさんに成長しちゃったよ!
私の蔵書には四葉のクローバーが挟まっている率高し!
なかなか変わらないものなんだな。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-08 10:11 | ダイアリ | Comments(0)

自由の女神

f0171453_19524849.jpg
なつのおもいで。

ある・・・という噂は子どものころから聞いていたけれど、この歳にして初めて行って見た。
外気温36℃の日に。


ちなみにね
[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-07 19:54 | ダイアリ | Comments(0)

なつかしかったものを探した

f0171453_16065755.jpg
青森の帰省の話が中途半端な状態に。
せっかく写真を撮ったので。

この夏の帰省は懐かしいものをいっぱい見つけたのでした。
これはエビそば。
小学生のころ、このラーメンが大好きで大好きで・・・!
でも、そのラーメン屋さんは中学生のころに閉店してしまい、エビそばは幻の味に。
この大好物の消失にかなりショックを受けた私のために、母が当時『閉店したラーメン屋さんのオーナーさんが修行したお店』を探し出し連れて行ってくれた、ということがあったのでした。
そのお店に今回再び。
これこれ!(ちょっとエビは小さくなったけど)
なんでもないラーメンなのですが、好みにはまるんだよなぁ。



懐かしいものもっと!
[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-05 17:10 | ダイアリ | Comments(2)

私信 悲報(いくちゃんだけの・・・)

f0171453_19202885.jpg
ちょっと忘れていて、今頃・・・って感じなのだけれど、いくちゃんへの私信的記事。

スナックまりも 建物ごと消滅。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-09-03 19:22 | ダイアリ | Comments(2)