<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青いことり三羽

f0171453_08260341.jpg
この夏、幼稚園の手芸サークルとして出店したイベントでブローチを買ってくれた方から、改めて同じ青いことりのブローチの依頼をいただいたのでした。しかも三つ!
夏に買っていただいたことりのブローチ、ご本人も気に入っていただけているようだけれど、胸元につけているとよく人に褒められるのだそう。
小さいものなので何羽か一緒につけたら可愛いかな~と思ってもらえたらしい、三羽まとめてのご注文。
こういう反応はすごく嬉しい。喜んでもらえて嬉しい!頗る嬉しい!ああ嬉しい!爆発しそう。こころぽんぽこ。

三羽まとめて箱に入れて送りだした。いっといで~
かわいがってもらえますように。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-10-23 08:33 | ミユキ製 | Comments(0)

アキ 4歳

f0171453_09283257.jpg
誕生日がきて、アキは4歳!
早い・・・としか思えない。
あくまで私のイメージだけれども3歳までは赤ちゃんのくくりで、4歳ってもうしっかりと人って感じ。
当の本人はわがままが加速していて、むしろ赤ちゃん化してきているような気もしますが。

三番目の兄さんの実家で大勢の人たちに誕生日を祝ってもらったのだけれど、目の前のたくさんのプレゼントに夢中になりすぎたアキは、己の尿意に気づかず、いきなりもらした!
そんなに夢中になることってあるんだね・・・驚
「ざんねんながらもらしちゃったんだよ~」と困り顔で訴えられた。
おしっこを漏らすことと、残念ながら・・・って子どもが使わなさそうな高度な言い回しを知っていたことが、なんだかちぐはぐで笑ってしまった。

4歳おめでとう アキ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-10-15 09:44 | こども | Comments(0)

最終巻

f0171453_10391786.jpg
あたしンちの最終巻。と、コジ。
ずーっと買い続けてきて・・・でもこの最終巻のいっこ前のものは買っていないのでした。
あたしンちが終わるという噂を聞いて(そして噂通り連載はかなり前に終了している)なんか寂しくなって買っていなかった。
たまたま本屋さんで見かけて、帯の『21年間ありがとう・・・』が目に留まり、私はそんな昔からこれを読んでいたのか!と驚いた。
その衝撃に突き動かされて1冊飛ばして最終巻を買ってしまったのでした。

本当に唐突に連載が終わってしまうのだけれど、なんとなくも終わりに向かって登場人物たちがお互い意識しだしたり、秘めている気持ちに気づき始めたり。
特に石田とスドーちゃんの友情の回がもうなんとも言えない。
変わり者で、だからクラスの女子に軽蔑されている石田が、そんな自分を面白がってくれるスドーちゃんのことをありがたく感じていたんだな、それってつまり自分がクラスの女子に馴染めていないって自分でもわかっていたんだな、なんて思うとうるっときた。

ふと、あたしンちって何がきっかけで買い始めたんだっけ・・・?と思いだしてみたら、きっかけはいくちゃんだったのでした。
いくちゃんが手紙で面白いよ!とオススメしていたので、興味を持って本屋さんに買いに行って、タイトルを忘れて、でも作者の名前はうっすら覚えていて、本当は「けらえいこ」さんなのに「えらけいこ」さんの本を探していると店員さんに伝えてしまい、店員さんを相当困らせるという事態を引き起こした。恥
21年も前ではないが、でも十数年も昔の話。

作者の方は震災が気持ちに影響して連載を続けることができなかったと何かで読んだ気がする。
震災がなかったら、どれほど長く続いたのかな、とか考える。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-10-07 16:38 | ダイアリ | Comments(2)

言うこと聞かない人たち

f0171453_18503886.jpg
短期の子ども向けの陸上競技のレッスンに参加中のアキと、同じ幼稚園のお友達。
走ったり、小さなハードルっぽいものを飛び越えたりする。
陸上の選手にしたいとか足が速くなりますように、なんて望みはなく、幼稚園降園後も体力を持て余す子らの発散の場になればと参加しているのでした。
で・・・先月からレッスンはスタートしているのだけれど、
3歳(4歳)ってこんなに言うこと聞かないんだーと毎回客観的に見ていて思う。心から。
先生の言うことを本当に聞かない!
言うこと聞かないばかりか、先生がグラウンドにセッティングした用具を蹴散らしたり、下らない理由で喧嘩が勃発したり、木の実を拾いに行ったり、地面に寝転んだり・・・まー自由。じーゆー!
きゃっきゃと小さきものが走り回るさまはかわいいのだがな。
4人で参加しているのだけれど、4人ともがまともにレッスンを受けないという学級崩壊状態。
先生は「年少さんですから仕方ないですよ~」なんて笑って言うけれど、疲れるだろうな~と同情してしまうのでした。

とはいえレッスンがある日はいつもより走り回り体力を消耗するため、アキなどは家に帰るなりすぐ寝てしまい朝までぐっすりなのだけれど(ちゃんとそれを見越して帰るなりお風呂に入る)きっと先生もレッスンの日にはぐっすりなのではないか、と思う。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-10-01 19:11 | こども | Comments(0)

切り絵

f0171453_09494140.jpg
アキと同じクラスの子の保護者さんの中に、切り絵を得意とする方がいるのでした。
以前トンボの作品を見てからすごいすごい言い続けていたら、運動会で会った時に切ってくれた。嬉!
運動会そっちのけ、ってどう・・・なの?私。恥

これ、みんなその場で、目の前で、ハサミ一つで切りだしてくれたのでした。
一つの作品は3分もかからずに、下絵もなし。
ただ形を切りだすだけではなく、立体にするために折しろも考慮して切るのだそう。
でもって、切りだすときには切りくずが出ないよう連続して切り続ける。
だから切りだしたあとの残りの紙も作品として価値が生まれる。
なんでも「できるかも」って思ってやってみたらできちゃったのだそうな。なにそれ天才か。
切りだすのも見応えがあって相当見入っちゃったのだけれど、大きな手の中で(手の大きな方でした)紙ぺらがだんだんと立体化して生き物になっていくのが不思議で、その時の私はボロを着て、ショウウインドウの中のトランペットを見つめる少年並に目を輝かせていたのではないかと推測する。

アキに見つかったらくちゃくちゃにされそうなので、今のところしまい込んでいるのでした・・・。
出して飾りたいけどなー
本物を飾る代わりにその方が以前京都で開催した切り絵展のポストカードを飾っているのでした。

ちなみにこの方はワイヤーワーク(というのか?)もやっていて、その大型作品は年末に大丸の中のきのとやの壁に飾られるのでした。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2015-10-01 10:07 | ダイアリ | Comments(0)