<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガラゴにはまる

f0171453_20010943.jpg
バムとケロという絵本シリーズがあるのだけれど、実は一度も読んだことがないのでした・・・。
理由はバムの見た目がかわいくないから(私から見てです。可愛いと思う人も居るはず)。汗 読まず嫌いですな。
そんな話を幼稚園のママさんたちとしていたら、「すごく面白いのに!」「バムはいいやつだ!」「読んだことないのは勿体ない!」とたくさんの人に言われたのでした。
ちぇっ(´-ω-`)なら一度バムケロを読んでみるか~と図書館へ行ったら、何作か出ているシリーズものなのに一冊も無かったのでした。
有名な絵本だから無いとは考えづらいので、借りられているんだろうね、人気あるなぁ。
で、結局借りたのがバムケロと同じ作者の絵本「かばんうりのガラゴ」。
アキと一緒に読んでみたら・・・すごくはまってしまった!のでした。

細かいところが可愛いの!そもそもこのガラゴ本体がかわいい。
もう一つのガラゴの絵本「うちにかえったガラゴ」もすぐさま借りてきた。笑
ガラゴが気に入ったアキにリクエストされて、ガラゴのあみぐるみもすぐさま作った!
絵本の中に共通のキャラクターが居て、ところどころに隠れているのを探すのが楽しいのね。
(ガラゴの絵本にもバムケロが出てきたりする。逆もあるらしい。)
アキはガラゴの持ち物の目が、ガラゴ本体の目の動きと連動しているのを見つけて大喜び。
ページの細かいところが面白いので、じっくり見てしまうのでした。
読まず嫌いはいかん。いかんなぁ・・・そう思いつつガラゴの二体目制作にとりかかりつつある私。もっと似せるぞう。
すごいはまりよう。
バムケロも読んでみなければ!


[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-30 20:20 | ミユキ製 | Comments(0)

いくちゃんへのhappy birthday

f0171453_09061410.jpg
いくちゃんおたんじょうびおめでとう。
忙しいのに手紙をどうもありがとう。
お互い楽しく毎日を過ごせると良いね!

[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-30 09:10 | ダイアリ | Comments(0)

自転車で

f0171453_19484347.jpg
三番目の兄さんはお仕事へ。そんな日は自転車に乗ってアキと二人で動物園だ!
なんだ坂こんな坂とひーひー言いながらも、自転車だと入園に時間もかからないし、駐車代金もかからない。
アキはこの鳥類館が好きなので、ややしばらくここで過ごすのでした。
(ボタンで操作できるカメラがあるからで、決して鳥類に興味があるわけではない。)
写真にはオニオオハシがこっそり居る。
鬼大嘴・・・名づけをした人の「くちばしでかっ!」という驚きが伝わってくる名前だなぁ。
楽しそうにそのくちばしで赤い何かを転がすように食べていたのでした。かわいい。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-25 19:56 | ダイアリ | Comments(0)

永遠ってあるんだね

f0171453_10042339.jpg
先日、札幌ドームの区民デーということで、野球の観戦に行ってきたのでした。
区民デーのチケットプレゼントにお友達家族何組かで応募したのだけれど、当選したのは我が家と熱心なファイターズファンのもう一家族だけだった・・・。
試合開始は14時でそれに合わせて家を出るつもりでいたのだけれど、早く行きたくて仕方ないアキを抑えきれず、我が家を出たのは午前9時半。
札幌駅で北海道新幹線関連のなにかでアキの気を惹いて時間をつぶそうと思っていたら、アキがとうまんの製造マシン↑にくいついた。笑
やーわかる。これ、実は私も好き。

隅から隅まですべてのパーツがそれぞれの役割を分担して働いて、とうまんが出来上がっていくんだよね。
とうまんの型を磨くためだけに下からせりあがる梵天。型が滑り降りてくるスロープ。白あんをきっちり定量出す口。その餡を切る糸様の部分。「とうまん」という文字を文句も言わず押し続ける焼き印。タネが入った型をひっくり返す手。カッチャンカッチャンという金属的な鳴き声(ではない。)
もう命を感じるのね。パーツ一つ一つに生き物を感じるから、全体なら町なのかな。
大体が誠実で正確なのだけれど、まれにどこかのパーツ君がやらかして、不良品が出来上がることもあり、それがまた生き物っぽさを演出する。
しかもよく見ると、大きなクリップをつけて簡易的になんらかの微調整をされている部分もあり、お前たち、手を掛けられて大事にされてんな!とおかしな感動も湧き上がってくるし、この機械が動いているのを見るたびに「永遠ってあるんだね・・・」とポエム的なことも考えてしまう。
君と僕との間に永遠は見えるのかな。という歌詞も思い出されるけれど、とうまんマシンと私ら親子との間になら永遠は見えます。
結局これを親子で1時間ちょっと見続け、頃あいとなったのでドームに向かったのでした。・・・もっと見れたけどな。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-18 10:33 | こども | Comments(0)

サークル開始と観察

f0171453_10000429.jpg
幼稚園の保護者サークルも始動。
と言っても初日は私一人だったけどな!
翌日の新入生の保護者さんへのサークル紹介で黒い服を着るようにとのしばりがあるので、そのときに着けられるよう黒いコサージュを作ったのでした。
真っ黒黒にしてやろう。案外目立ちたがり屋な私。

のんびりコサージュを作っていたら、園庭から園児たちの声が聞こえてきたので窓から少しのぞいてみたのでした。
ちょうどアキたちのクラスが遊んでいて、アキは救急隊員ごっことか、砂を大量に手押し車に乗せて暴走してみたり。
見ている間にはお友達との喧嘩はなかった。楽しそうで何よりだ。
ブランコにものっていた。
アキは公園でもよくブランコに乗りたがるんだけど、漕ぎ方を知らないから背中を押せ押せとうるさく言う。
押してもいいんだけど、もっと!もっと上へ!とのイカロス並みの欲望を私の体力では受け止めきれず。
ブランコは自分で漕ぐと楽しいよ、足を揃えてまえ後ろに動かしてごらん、と教えたことがあったのでした。
意味がわからん!とその時は真っ向から拒否・お前が押せば済む話だろ!という態度だったのだけれど、見た時には足をピコピコ前に後ろにと動かしてブランコを漕いでいたのでした。
教えたことをちゃんとやっている。笑
正直漕げてはいなかったけど、ちょっと嬉しかった出来事だったのでした。
園庭の雪もなくなったな・・・春が来たなぁ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-14 10:17 | ダイアリ | Comments(0)

イースターエッグ

f0171453_19063462.jpg
幼稚園のお隣の教会の入り口にはカラフルなイースターエッグがぶら下がっていて、かわいらしい雰囲気なのでした。
私は、いーすたあえっぐとやらが何なのかは知らないのだけれど・・・汗
幼稚園で教わっている可能性があるので、アキのほうが詳しいかも知れない。

幼稚園が始まったのでした。
始業式を終え、入園・進級式はこれから。
アキは学年が一つ上に上がり、新しいお友達も5人増えるのでした。
アキのクラスは男の子が極端に少ないので、男の子が増えるのがありがたい。
新しいお友達が増えるということは、また新しい保護者さんとの出会いもあるわけで。
私のほうが緊張している。
年少時代は保護者の方々に恵まれ、だからクラス役員の仕事も成し遂げられた。
これまでのように楽しく過ごせる一年になるといいな・・・とか思っているところ、なのです。
もめごとは起こりませんように!(切実)

[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-11 19:17 | ダイアリ | Comments(0)

サドゥさんによろしく

f0171453_20441225.jpg
アキのお友達はこの春、転勤で三蔵法師ご一行が目指した場所へ。
どうせあちらでは家具付き(お手伝いさん&シッター付とも!)の家に住むことになる、とのことで今持っている家具や生活道具をごっそり売ったり譲ったりしていたようなのだけれど、その恩恵が我が家にも。
子どもを載せられる自転車を頂戴したのでした。
所帯じみた自分にはふさわしすぎるアイテムだ!と、半ば意地で所有せずにいた子乗せ自転車、ことさらアキが気に入っているのでした。
『自転車に乗るから』といえば、今ならなんでも素直に聞いてくれる。
大人しく子ども席に収まるアキがかわいい。
素晴らしいお宝を頂戴したので、編みぐるみをプレゼントしたのでした。
リュックを背負うペネさんと、アキのお友達が好きだというゾウ。
とてもお礼にはならないとは思うのだけれど・・・喜んでくれたので良しとする。笑

この春休みでも思い出をいっぱい作り、でもそのおかげで引っ越し作業がはかどらず、時間ぎりぎりに出発していったアキのお友達一家。
札幌を立つ当日も出発予定時刻を過ぎても引っ越し作業が終わらず、我が家で子どもを預かり、最終的に荷づくりにほんの少し足りなくなったガムテープも貸し出した。
かなりひっ迫した様子が伝わったわ・・・ごくり。
でもそれも思い出。子どもたちも遊べて嬉しそうだったのでした。

慌てての出発だったので、我が家から貸し出したガムテープは未返却のままとなったのでした。
恙無き旅を。ガムテと共に。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2016-04-02 06:24 | こども | Comments(0)