<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お泊り会。ぬいぐるみの

f0171453_13430808.jpg
本日はアキのお気に入り、ガラゴが図書館へお泊り。
さっき図書館へ送り届けてきたところなのでした。

子どものお気に入りのぬいぐるみが図書館へ一泊して、その子が気に入るであろう本を選んで借りてくれるという企画で、今回初参加できた。人気があるらしく、前回はもう少し大きな図書館での同じ企画に申し込んだけれど、その時は落選~。
実際は事前アンケートで子どもの好みを伝えてあり、そのアンケートを元に図書館の司書さんが絵本を数冊選んでくれるのだけれど、ぬいぐるみが本を選んでいる様子や、他の参加者(参加ぐるみ?)と触れ合っている様なども写真で教えてくれてなかなか凝っている。
アキの好みとして『自分で読めて、読んで楽しいもの(韻を踏んでいるとか、ダジャレとか)』『小さな発見があるもの』・・・と伝えてみた。

明日ガラゴが帰ってくるのが楽しみで仕方ないアキ。と、私。笑

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-28 14:07 | こども | Comments(0)

かもちゃん

f0171453_08522895.jpg
かもちゃんがどこかにいる。

お友達のピアノ発表会へ行ってきたのでした。
会場は時計台!初めて入った。
画像は時計台に向かう前に立ち寄った赤レンガの池。
幼稚園の子も参加する発表会だけれど、夜の時間帯で、子どもたちの発表の合間に皆で静かに時計台の19時の鐘をやり過ごしたのでした。大音量ではなかったな。

お友達がピアノをかっこよく弾く様子を見たら、アキも少し興味を持つかな~と思ったりもしたけれど、まったく。
一曲演奏が終わるごとに「これが最後か」「次で終わるのか」・・・終わりを心待ちにしている・・・。
楽器を演奏することへの興味の無さが清々しすぎて。笑

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-26 09:00 | ダイアリ | Comments(0)

f0171453_20303703.jpg
今回お祭りの袋。
[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-22 20:30 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

密かなブームと考えたこと

f0171453_20444912.jpg
先日の地元のお祭りで作ったのは鳥のブロウチ、ヘアゴムなど。それと・・・ダンゴムシのブロウチ!

編み物というとちょっと女の子寄りのものばかりになってしまうので、男の子にも振り向いてもらえるようにと作ったのでした。
これがアキのお友達の一部で密かなブームを呼んでいる。笑
買ってくれたダンゴムシたちを、通園バッグなどにつけてくれているようで、それを見た先生からも注文が来た。
ダンゴムシを買ってくれたお友達の一人は、もともとダンゴムシ好きではあるのだけれど、このブロウチのために毎晩寝床を作って寝かしつけてくれているのだそう。

今日、近所のパン屋さんでパンを選んでいたら、私が作った鳥ブロウチを付けているおばあちゃんがいたのでした。
レジの店員さんとおばあちゃんは、ちょうどその鳥ブロウチの話を始めて、私はドキドキしつつ聞き耳。
気に入ってつけているのよ、とおばあちゃんは言っていたのでした。
胸のブロウチの鳥は花を咥えている。それはおととしのお祭りで販売したもの。
他にも以前に買ってくれたヘアゴムなどを付けてくれている子も見かけたり、最近立て続けに自分の作った物を身に着けてくれているという姿を目撃して、心を打たれたのでした。
大事にしてくれているのだな、と興奮する一方、果たして私はそれぞれの方々のその思いに見合うだけの真摯な気持ちで制作しているのか?と不安にも襲われた。
一つ一つ大事には作っているつもりだけれど、まだまだできることはあるのかもしれない。
嬉しくもあるし、気も引き締まる出来事。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-21 21:55 | ミユキ製 | Comments(0)

夏休みまで

f0171453_17015365.jpg
幼稚園の帰り道、「青い花!」とアキが珍しく花に注目をしていたのでした。紫陽花だ。
同じ花なのにちょっと色が違うよねぇ、なんて言ってみたら「ほんとだ!!」と素直に驚いていて、それがまた微笑ましい。

アキの目下の気がかりはいったいいつ夏休みが始まるのか、ということ。
あと〇日だよって、尋ねられるたびに教えているんだけどなぁ。
今年の夏休みは、8月に入ってから青森の実家へ帰ろうと、すでにチケットは入手。
去年同様青森から札幌へ戻る途中で函館へ寄り、お友達のおばあちゃんの家へ泊る気満々。笑

ちなみに函館までは新幹線を、函館から札幌までもJRで帰るつもりでチケットを予約。
予約が確定したのち、チケットを受け取りに行ったら窓口のお兄さんがもっと安くできるはずだと急に計算を始めたのでした。
おそらく乗らない区間の切符代も支払うことで、乗車券を一枚にまとめたもよう。
乗らない区間の切符代を追加で支払ったのに、トータル金額はお安くなる不思議・・・
計算しているときの窓口のお兄さんの嬉々とした顔・・・好きを仕事にしたのですねって感じ。
結果予約時よりお安くチケットを手に入れることができたので私も嬉々としちゃう。
楽しい夏休みになるといいな。

あと3回寝たら夏休み。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-19 18:38 | ダイアリ | Comments(0)

福助印

f0171453_19465062.jpg
海の日のお祭りのお隣のブースに出店していた方が販売していたものを購入。
古い絹糸、貝ボタン、指ぬき。
糸の『万一お気に召さぬものがありましたら御買求店で新品とお取替致します』の文言が気に入ったのでした。
指ぬきは古いものではないと思う。中古だね。

絹糸は、和裁師をしていた母がたくさんもっていたのでした。
母の糸はわずかに違うあらゆる色がたくさん並べられて、箱の中でグラデーションになっていて見飽きなかったな。
なにかとんでもなくきれいなものを見ているような気がしていた。私の絹糸の思いで。

福助印の糸はまだ現在も販売されているものだと思う。


[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-17 19:55 | | Comments(0)

恒例 海の日のお祭り

f0171453_16562926.jpg
今年も幼稚園の手芸サークル仲間で、海の日の地域のお祭りに参加したのでした。三回目だな。
子どもたちのお祭りでもあるので、お店で売るものも子どもが買えそうな値段設定にしており売り上げ的には望めないけれど、参加費用もお安く、常識的な約束事さえ守ればあとはフリーダム。この緩さが良くて続いている。
私は編み物のヘアゴムと、ブロウチのみで勝負。
勝負!というか、それしか作れなかったというのが本当。恥
今年はちょっと雨に当たってしまったけれど、やっぱり楽しかった。


More
[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-17 17:33 | 珍田の文庫ニュース | Comments(0)

水飲み場ラブ

f0171453_18582707.jpg
ここのところの札幌は毎日暑い!連日30度を超えている様子。
子どもたちは公園の水飲み場に集まる集まる。まるで電灯に集まる虫のよう。

幼稚園の側に公園があるので、お迎え後、時間があればほぼ公園にいることになるのでした。
カンカン照りでも小雨模様でも。そして長くは2時間近く遊んだりするから、付き合う母はたまったもんじゃない。
おかげで私はすでに手足はこんがり日焼け。
初めは日焼けを予防するための対策をあれこれやっていたけれど、だんだんと面倒くさくなるんだ、これが。
アームカバーとかしてみたりしていたけれど、今はもう日焼け止めを出かける前に塗るくらい。
日焼け止めだって万能ではないもの、だんだんとだんだんと肌の色が変化していっている。
タイムラプスにしたら変化の様子がきっとよくわかるだろうと思われる。笑
ただ、ずーっとしっかり紫外線を予防しているママさんもいるので、これは個人的に私がずぼらだ、という話。

ところで、この暑さ北海道らしくないなと思うのでした。
暑いのは苦手だけれど決して嫌いではないよ、夏は暑くて当然。
だけど7月あたまにこの気温の上がり方。
温暖化のせい、なのかななんて思うとちょっと不気味。農作物などに影響がないといいけれど。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-11 20:29 | こども | Comments(0)

お泊り会とそのあとで

f0171453_10123656.jpg

昨日一昨日はアキたち年長さんの幼稚園お泊り会だったのでした。
聞いてみると、一晩親から離れることを不安がる子どもたちもいたようだけれど、アキはそれはそれは楽しみにしていた。
それはそれは。
だって、4月くらいからこのお泊り会のことを心待ちにしていた。お楽しみが過ぎるよ。

出発の日、お天気の心配もなく晴天の下、バスで満面の笑顔のアキが遠ざかっていったとき、ちょっと泣けたのでした。
なんで泣けたのか・・・寂しかったのかな。翌日には戻ってくるんだけど。笑
泣いている保護者は私だけで、暑い中汗と涙で一人ドロドロだったのでした。
見送ったあと、ぽかっ空いた時間は美容室へ行き、久しぶりのアダノンキへ。ビールとおしゃべり。
出張中で三番目の兄さんも居なかったから、本当に一人きりを満喫した。いつ以来だろう。
ちなみにやっぱり似たような環境で一人になるお母さんも、美容室を予約していた。
こういうときの美容室だね。

翌日10時にはお迎え。本当に私、なんで見送りの時泣いたの?笑
子どもたちはみんなニヤニヤしながら親元へ帰ってきた。
午前中に解き放たれた子どもらを連れて、クラスのほぼ全員で近くの浅いプールもある公園でランチをしたのでした。
このお泊り会後の公園行きは、おそらく子どもたちは体力を持て余しているよね、と母親たちで前々から計画していた。
30℃を超える中、外でプールで遊ぶのは楽しい。
私も一緒になってプールに足を入れていたけれど、クラスの女の子たちの水かけの集中攻撃を浴びて、びちょびちょになったのでした。
スマホで写真を撮ろうとかまえていたけれど、掛けられる水を避けている間に良く分からないものがいっぱい撮れていた。
上の画像もその一つ。撮った覚えは一切ない。
暑さでへばって、もう帰ろうと誘っても子どもたちはなかなか帰ろうとせず難儀した。
お泊り会も、そのあとのみんなで公園も楽しかったろうね。
アキの頭の中にキラキラの楽しい思い出として長く残るといいな、と思う。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2017-07-08 09:56 | こども | Comments(0)