<< 関係の更新 暑くて寒かった >>

地震と大丈夫

f0171453_15024240.jpg
9月6日の午前3時過ぎ、北海道で地震があったのでした。
エリアでだいぶ被害状況は違い、私の住んでいる地域は特に被害はなかった模様。
後から調べたら、住んでいるエリアは震度5弱。それでも揺れた!
怖かったよ・・・それを思うと震度7のエリアの方々の恐怖はいかばかりだったか。




停電になり、でも幸いに当日の夕方、暗くなる前に復旧してもらえた。
病院とかが近いので優先的に復旧が進むエリアなのかね?道路一本挟んだ隣の地区は翌日もその翌日も停電のままだったのでした。

とは言え、日中はずーっと停電。古いマンションなので停電中は水道が使えなかったのでした。
でもこれもまた不幸中の幸いなのかも知れないが、ごくごく近所に水道局の分室のようなものがあり、水はそこで分けてもらえた。
実は恥ずかしながら災害対策的なもの、備えはしておらず、停電になったときはかなり焦った。汗
落ち着いて確認してみたところ、
水→近くでもらえる。また1階の管理人室で水を汲めることがわかった
食料→買いだめするタイプなのと、たまたま前日買い込んでいた。しばらく買い物は不要でいける
ガス→止まらなかった。止まったとしてもガスボンベで調理可能
トイレ→東日本大震災から、お風呂に水をためておく習慣ができていた
電気→手回しで充電できるラジオで情報を得ることができた。また夜充電する習慣がありスマホは充電満タンだった。懐中電灯等はあった。

揺れはひどかったものの、住んでいる建物に損傷などなく、家の中でも家具が倒れる等片付けを要する被害がなかったので電気が無いという以外は日常だったのでした。(ガラス製のピッチャーが壊れたけれど停電前に処理できていた。)
冷蔵庫も14時間ほど電気が入っていなかったが、極力ドアを開けずに過ごしたら、氷も融けずに済んだよ。

東日本大震災の頃たまたまもらったので家にあった手回し充電ラジオには、携帯電話にも充電できるコードが付属していたけれど、なんとスマホには対応しておらず、これを機にスマホにも充電できる手回し充電ラジオを新たに購入したのでした。
災害に対する心構えが本当にできていなかったが、ラッキーもありやり過ごせたのでした。

ちなみにアキの小学校は当然お休みだったので、水道局からの水汲みを手伝ってもらったのでした。
リュックみたいに紐を掛けて水の入ったビニールバッグを家まで運ぶという貴重な経験ができたのでした。重いとか、文句たらたらだったけど。
文句なんて状況的にはとても贅沢。怪我もなく、日常に近い状態で過ごせたからだぞ!
まだ避難生活を送っている方々にも、早く日常が戻ってきますようにと祈っています。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2018-09-11 15:28 | ダイアリ | Comments(0)
<< 関係の更新 暑くて寒かった >>