地震と大丈夫 >>

関係の更新

f0171453_11174466.jpg
ブログの更新も久しぶりだ。

つい先日、突然謎の番号から着信があったのでした。
出てみたら、父の姉を名乗る人物から「父が緊急入院した」とのこと。
なにそれ?!




両親は私が小学生の頃離婚しており、父とは離れて暮らしていた私、父に姉がいるということも初めて知ったのでした。
父からそのおばさん(お姉さん)に具合が悪いと電話があり、おばさんが暮らす東京から遠路はるばる様子を見に行ったところ、話に違わずかなり具合の悪そうな父がいて、緊急入院、緊急手術となった。この先どうなるかわからないから会えると気に会っておけ、ということらしい。
一応子どもを出産したときに父に一報をいれていたので、それで私に連絡がついたらしい。

急な話だったので、私もふわふわ・・・その後押し寄せる大きな不安。
これからどうなるんだろう、会うべきなのか、本人から連絡が来ないってことは、私には会いたくないってことなのでは?会いたくないというよりはなから居ないものとして処理されているのではないか?このままスルーしたとしたら・・・
長考した結果、やっぱり会いに行くことにしたのでした。
とはいえ、こちらもいろいろ暮らしの予定があるので、会いに行くのは日時が限られる。
しかも、帰省する際には母の家へ身を寄せるのだけれど、今回はそれは無理。
考えて考えて、伯父叔母に話をして、助けてもらうことに。
日時はアキを連れて弾丸ツアーを決行することにしたのでした。

本当に入院しているのかもわからないままだったけれど、病院へ行き無事に会えた。
30年ぶりの父。
ベッドに名札があったからなんとかこの人だ!とわかったのでした(-_-;)
自分でも薄情にも思えたけど、最後に会ったのが小学生の中頃だったからなぁ。
父はすぐに私のことが分かったらしく、目があった瞬間すごく驚いた顔をして、ちょっと泣いたのでした。
病状は決してよくはないがすぐ死に直結しているものではないこと、入院や生活の面倒は親戚や会社の仲間がみてくれること、金銭面は特に問題ないこと、これまでのこと、これからのこと、いろいろ話をしたのでした。
金銭面の話は特に気にしていたので、問題ないと聞いてほっとしたのでした。
アキは初対面。
母方のおじいちゃんは・・・いるいない以前に話にも登らなかったから、アキも驚いたろうな。
父は孫を初めて見て、喜んでいた。

父との関係が30年ぶりに更新された。
そして、今回病院まで私たちを運んでくれたり、家へ招いてくれたりしたおじおばとも関係が更新された気がしたのでした。
母抜きでおじおばと地元で行動を共にするのはとても不思議で、スリリングだった。
特におばは、私と同じく自動車運転免許を持たず公共交通機関を使う人なので、地元の公共交通機関の不便さを知っているため、とても私に寄り添ってくれたのでした。
今回の旅を車抜きで決行しなければならなかったら、相当大変だったろうな。
おじおばがここまで助けてくれるとは思っていなかったので、事前に移動方法を調べたのだけれど、その不便さに調べただけで辟易してしまった。

今回の旅がすべて終わって、自宅に帰りついた今、人生いろいろという言葉が頭をグルグル巡っている。
あとはアキが次回の帰省のときなど、うっかりぺろっと母の前で今回のことを話さなければいいな、と思っている。
それこそ地獄が始まるぜ・・・ゴクリ。

[PR]
by kurokurosusukoji | 2018-11-12 11:58 | ダイアリ | Comments(0)
地震と大丈夫 >>