人気ブログランキング |
友人に便乗して出店してきました >>

あっと言う間に時が過ぎ

f0171453_07370389.jpg
ひゃーあ、もうこんな時期。アキ(小2)の小学校では運動会がありました。
去年は寒くて寒くて、地獄のような運動会だったけれど、今年はまさかの30度超えの中の開催で逆地獄。
5月の北海道で30度超えての運動会なんて初めてだったのでした。





アキの学校の運動会はお弁当あり勝敗あり、リレーは選抜という近隣の学校と比べるとわりと昔ながらの運動会といった感じ。
去年は見事その選抜リレーメンバーに選ばれたアキだったのだけれど、今年は補欠。
アキは足が速いんだけどね(親ばかOYBK)。速いのは間違いないと思うのですが、同じクラスの子たちも速い。笑
選抜リレーの選手発表の日は「おれ、補欠だけど補欠に選ばれたんだよ!」と元気に学校から帰って来たけれど、同じクラスのお友達が言うにはアキはがっかりし、その後はしばらく涙ぐんでいたとのこと。
アキなりに自分の気持ちと対峙したのだと思おう。
私はというと・・・本人の前では言わないけれど、運動会の楽しみが無くなったというのが一番最初に来たのでした。
しかもリレー選手は朝練なるものがあるのに対し、補欠はそれすらも参加できず。
練習だけ参加して本番は参加できないのはあんまりだ、というのもわかるけれどね。
でもさ、バトンの受け渡しとか練習要りません?補欠だって出場する可能性はあるのだし・・・と、むしろアキ本人よりも、私の気持ちが追いつかなくて。
考えてみれば、去年だってリレーの補欠になった子とその親もいて、今の私やアキと同じような気持ちになったのだろうな。
うちの子がリレーの選手に選ばれた~わーい!なんて、浮かれていたつもりはなかったけれど、恥ずかしながらそこまで考えが及んでいなかった。
自分がその立場に立たされてから、初めてわかるという考えの浅さと鈍さよ。
勉強させてもらっているわ・・・。

けれども運動会当日は、作ったお弁当が思ったより美味しそうに見える、徒競走でアキが一番をとった、たまたま場所取りで確保した場所が仲の良いお友達家族に囲まれていた、親の競技の玉入れでは思ったように玉が入らなかった(そして負けた)、そんな些細なことで十分楽しくて。
リレーだって、今年は関係ないしな、なんて思っていたくせに子どもたちの必死に走る姿に心打たれ、気づけば夢中で勝敗の行方を追っていたのでした。
みんな頑張っていたな。

ちなみに、アキは全競技に参加はしたものの、日光湿疹が酷くなり先生の判断で途中からは本部テントで待機となったのでした。
来賓みたいにちょこんと座っているアキもなかなか見ものであった。
私もそうだったけど、アキもお日様に弱い。
先にも書いたけど暑い日で、暑さばかりに気を取られ日焼け対策をおろそかにしてしまったことが今年の運動会の反省点なのでした。



by kurokurosusukoji | 2019-05-26 08:21 | こども | Comments(0)
友人に便乗して出店してきました >>